This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
Mid-career
コミュニケーションプランナー
on 2019-08-02 1,291 views

ブランドと消費者の絆を深める!コミュニケーションプランナー募集!

FICC inc.

FICC inc. members View more

  • デジタルマーケティングエージェンシー FICC
    メディア・プロモーション事業部 クリエイティブ・ディレクター/マネージャー
    10年ほど映像ディレクターとして活動したのち転身したこともあり泥臭いものづくりが大好きです。
    広告を価値あるものにするストーリーを考え、実現します。

  • 豆腐を自作するのが好きです。作り方知りたい方ははFICCまでご連絡ください。

    ものづくりは愛情と信念です。
    広告クリエイティブも豆腐も変わりません。
    最後それに触れる人の顔を想像して作ります。

  • メディア・プロモーション事業部 ディレクター/マネージャー
    サービス業で培った、かゆいところに手が届く目配り・気配り・心配り。サッカーで培った、視野の広さと縦横無尽なフットワークが武器です。
    どうすれば広告の先にいる消費者の心を動かすことができるのか、マーケティングのロジックとクリエイティブの体験の掛け合わせを日々模索しています。

  • FICC メディア・プロモーション事業部において、アートディレクター/デザイナーとして勤務。大手ブランドのデジタルマーケティング戦略、プロモーション施策、ブランディング施策のアートディレクション・品質管理を担当。

What we do

♢デジタル・マーケティングで、ブランドと消費者の絆を深める

世の中の数多くのブランドが、広告での情報展開を繰り広げている今の時代に、消費者の心を動すことのできるコミュニケーションとはどのようなものでしょうか。

FICCはデジタル・マーケティング・エージェンシーとして、日本のナショナルクライアントのマーケティング戦略の設計からプロモーション&ブランディング施策の実施まで、デジタルマーケティング活動全般をサポートしています。

ブランドが本来持っている独自の価値を正しくユーザーに届けることで、ブランドと消費者との絆をつくり、ビジネスに還元できる広告コミュニケーションの実現を目指しています。また、日々加速する市場成長に、確かなクオリティで応えるための体制も用意しています。

今回は、その中のメディア・プロモーション事業部(以下、MP事業部)のコミュニケーションプランナーとして、一緒に活躍してくれる方を募集しています!

【主な仕事】
・デジタル・プロモーション戦略設計
・コミュニケーション・プランニング(戦術)
・クリエイティブ・プランニング(戦術)
・ディレクション(施策実行)

「ブランドのビジネスにどう貢献できるか」「社会やユーザーにとってどのような意味をもたらすのか」という視点から、クライアントの課題解決のために最適なコミュニケーションを企画提案、実行し、その効果検証までを一貫して行っています。

自分が携わった仕事の意味と、そこから生まれる価値を感じることができる、それがFICCのクリエイティブチームの強みです。

Why we do

♢ユーザーにとって意味のある広告とは何か?

広告は単に消費されるものではなく、それに触れた人々の心を動かし、環境・社会をより良い方向へ向かわせることのできる可能性があると、FICCは信じています。

MP事業部は、そのための手法として「データ×マーケティング×クリエイティブ」の3つの視点から、広告の価値を最大化させることを強みとしています。

・データ=人の心を知るための情報
・マーケティング=人の心を動かす手段
・クリエイティブ=人の心を動かす体験

「データ」で人の心を知り、「マーケティング」でもっとも心を動かせる地図・設計図を描き、「クリエイティブ」で目に見えるカタチ(メッセージ)にして世の中に届けていく。
この3つが揃って、はじめて消費者の心を動かす体験を届けることができます。

デジタル・ブランド・マーケティングを通じてより良い社会、意義のあるブランドをクライアントと一緒につくっていくことが、私たちの目指すビジョンです。

How we do

♢コミュニケーション開発手法の一部を紹介!

クライアントの期待に応え続けるためには、つねに進化するマーケティングの知識や最適なコミュニケーション・体験を生み出すためのフレームワークが必要です。
FICCが実際に提供するコミュニケーション開発手法の一部を紹介します。

【パーセプションフロー・モデルを軸にしたコミュニケーション戦略の開発】
パーセプションフロー・モデルとは、消費者の心と行動の変化を軸に、ブランドを認知した状態から実際に購買行動を起こすまでのコミュニケーションを設計するためのフレームワークです。ターゲットの生活行動の中に、どのようなタッチポイントがあり、どういった知覚刺激を与えるべきかを明確にすることで、効果的、効率的なコミュニケーションを実現でき、さらに各施策の役割とパフォーマンスが可視化されるため、投資対効果の改善に役立てることができます。

【ROIを向上させるコミュニケーション戦略の開発】
ROI(投資対効果)向上のために、客観的なデータの活用・連携をすることで、DDIMCやDMPを活用したPDCAアクション、先進的なアドテクの活用(Adgo、Sqreem)、スマートフォンのキャリアデータと連携した行動データの取得、計測設計(GA、GTM)の実施、施策効果の見える化を推進しています。

【LTV向上に貢献できるコミュニケーション戦略とストーリー開発】
LTV(ライフタイムバリュー)を向上するために、プロモーションにおけるストーリーテリングの活用、情緒ベネフィットを中心にしたプロモーション設計を行なっています。機能的なメリットを訴求しているだけでは、ブランドを選んでもらうことは難しく、そのブランドにいかに愛着を持たせるかを、ユーザーの価値観や情緒ベネフィットと掛け合わせ、ストーリーの中に落とし込んでいきます。

【ユーザージャーニーを起点とした、タッチポイントごとに最適化したコミュニケーション開発】
ターゲットとなるユーザーの生活習慣や心理状況を正確にリサーチすることで、ターゲットが接触する媒体やプラットフォームを精査し、媒体ごとのコミュニケーションを最適化しています。
また、現在の環境だけでなく、この先のユーザー環境の変化を予測し、どのようなタッチポイントやコミュニケーションが新たに発生し、どのようなクリエイティブが必要になるかも日々リサーチしています。

As a new team member

♢充実した教育・サポート体制

FICCでは入社後、オンボーディングとして会社のビジョン共有や各種トレーニングプログラムを実施。社内で扱うマーケティングの共通言語などを学んでもらいます。
また、アドバイザーによる現場OJTによって、スムーズに活躍ができるようサポートしています。

【トレーニングプログラムの一部】
・マーケティング基礎
・マーケティング・リサーチ
・コミュニケーション設計(パーセプションフロー・モデル)
・ブランドストーリー
・提案書ライティング
・プレゼンテーション&クロージング

広告や未来の環境を予測し、市場価値のある人材になるために、コミュニケーション開発のスペシャリストととして、FICCで一緒に活躍してくれる方を募集します。

以下の経験をお持ちの方や、歓迎する人物像に当てはまる方からのご連絡をお待ちしています。

【活躍できる経験】
・プロモーション施策のプランニング経験
・プロモーション施策のディレクション経験
・プロジェクトチームのリード経験
・市場リサーチ・ターゲットリサーチ経験
・クライアントへの提案・プレゼンテーション経験
・チームマネジメント経験
・プロジェクトマネジメント経験

【歓迎する人物像】
・戦略レイヤーでのコミュニケーション開発に興味がある方
・クリエイティブ手法や技法そのものではなく、クライアントの課題解決に興味がある方
・これまでのプランニングやディレクション経験から業務の幅を広げたい方
・自分のつくったものに意味や価値を見出したい方
・チームで協力して仕事を進めることが好きな方
・ポジティブなマインドセットや姿勢の方
・新しい学びや発見に喜びを感じられる方

興味がある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

Highlighted posts

【Interview】デザインを続けながら、ディレクターの道へ。その中で見つけた「良いディレクター像」とは?
【Interview】より多くの「ブランド」を強くすることができたら、社会全体が幸せになる。今の時代における「ブランド戦略」の話。
【Interview】仕事や組織への愛着は「ストーリー」の量に比例する。人事とプロデューサーの枠を超えた新しい環境づくり。
Other users cannot see whether or not you're interested.
19 recommendations
Company info
FICC inc.
  • Founded on 2004/02
  • 61 members
  • 東京都港区赤坂3-11-3 赤坂中川ビルディング 2F
  • ブランドと消費者の絆を深める!コミュニケーションプランナー募集!
    FICC inc.