yuta kawanaga

Plainer株式会社 / エンジニア

yuta kawanaga

Plainer株式会社 / エンジニア

行動ではなく思考をトレスする

Webエンジニア 組織の0→1に関わりたいという想いがマッチし、TRUSTART株式会社にJoin フロントエンド、バックエンド、インフラ、採用、リーダーと幅広くできるのが強み

Ambition

In the future

ベンチャー企業でのキャリアが長いので、小規模チームでのマネージメント業務が多く 大規模になればまた別の景色や悩みがあると思うのでそういった経験もしてみたいです。 また、BtoB SaaS開発の経験が長いのでtoC領域も興味があります

Plainer株式会社11 months

エンジニアPresent

- Present
About TRUSTART株式会社

TRUSTART株式会社7 months

VPoT

-

経営がやりたいことを早く・正確にそして継続可能な状態で実現すること

  • SaaSサービスのリリース

    ## 概要 社内のDropBoxにあるExcelを手で加工して、ユーザーに提供するというフローをSaaSビジネス化 DropBox内のExcelをDBに格納し、webサイトを通じてユーザーが自分で条件を絞ってダウンロードできるように 全工程を1人で担当しリリース ボードメンバーと要件をディスカッションしつつ、今後のエンジニア採用や組織拡大も踏まえた技術選定と設計を採用 ## 期間 2023年3月 〜 2023年4月 ## 使用技術 / アーキテクチャ Frontend ・React ・TypeScript ・MUI ・SWR ・MSW ・Docker ・Bulletproof Backend ・Python ・Django ・Django Rest Framework ・Poetry ・CleanArchitecture ・Docker Infra ・AppRunner ・ECR ・CodePipeline ・CodeBuild ・Route53 ・EC2 ・RDS ・SSM Parameter ・NGINX ・Former2 ## 機能概要 ・ログイン機能 ・データ一覧機能 ## 担当したこと ・すべての要件定義と実装 ## 注力した点 ・早く作り、壊しやすく(変更に強く) 投資家様へ向けて共有したい背景があったため、速度を最優先 同時に担保するべき品質は担保 --- # OCRオペレーションの自動化 ## 概要 OCR作業は事務メンバーから依頼を受けたエンジニアがローカル環境でスクリプトを実行していた。 これを事務メンバーが直接S3にアップロードを行い、結果がSlackに通知されるように実装 ## 期間 2023年2月 〜 2023年3月 ## 使用技術 ・aws cdk for python ・ECS ・Lambda ・S3 ・CloudWatch ・NAT Gateway ## 機能概要 ・事務メンバーが特定のS3BucketにzipファイルをアップロードしたタイミングでECSタスクが起動 ・ECSタスク起動時, エラー時, 完了時にSlackに通知 ## 担当したこと ・すべての実装 ## 注力した点 ・ECSタスクベースで随時起動にすることによってコストを軽減 --- # AWS環境の0→1構築 ## 概要 社内で試験的に運用していたAWS環境を本番稼働用に再構築 ## 期間 2023年1月 〜 2023年2月 ## 使用技術 ・Organizations ・Control Tower ・IAM IdentityCenter(旧SSO) ## 担当したこと ・すべての実装 ## 注力した点 ・マルチアカウント構成 AWSが推奨するマルチアカウント構成を採用 タグではなく、AWSアカウントを分けて構築できるように ・SSOログイン マルチアカウント構成にした際に、複数のAWSマネージメントコンソールでログインを切り替えるのではなく、SSOログインを採用 メンバーはログインが楽に、そして管理者はSSOでのユーザー管理ができるように

    -
  • OCRオペレーションの自動化

    ## 概要 OCR作業は事務メンバーから依頼を受けたエンジニアがローカル環境でスクリプトを実行していた。 これを事務メンバーが直接S3にアップロードを行い、結果がSlackに通知されるように実装 ## 期間 2023年2月 〜 2023年3月 ## 使用技術 ・aws cdk for python ・ECS ・Lambda ・S3 ・CloudWatch ・NAT Gateway ## 機能概要 ・事務メンバーが特定のS3BucketにzipファイルをアップロードしたタイミングでECSタスクが起動 ・ECSタスク起動時, エラー時, 完了時にSlackに通知 ## 担当したこと ・すべての実装 ## 注力した点 ・ECSタスクベースで随時起動にすることによってコストを軽減

    -
  • AWS環境の0→1構築

    ## 概要 社内で試験的に運用していたAWS環境を本番稼働用に再構築 ## 期間 2023年1月 〜 2023年2月 ## 使用技術 ・Organizations ・Control Tower ・IAM IdentityCenter(旧SSO) ## 担当したこと ・すべての実装 ## 注力した点 ・マルチアカウント構成 AWSが推奨するマルチアカウント構成を採用 タグではなく、AWSアカウントを分けて構築できるように ・SSOログイン マルチアカウント構成にした際に、複数のAWSマネージメントコンソールでログインを切り替えるのではなく、SSOログインを採用 メンバーはログインが楽に、そして管理者はSSOでのユーザー管理ができるように

About シェルフィー株式会社

シェルフィー株式会社4 years

エンジニア

-

エンジニアとして、開発〜組織運用、採用まで幅広く担当

  • 建設現場の工程管理ツール

    ## 概要 建設現場の工程管理SaaSの0→1に参画し、バックエンドの開発を一人で担当し30API程作成 工程管理というエンジニアでいうところのガントチャートとクリティカルパスを作成できるSaaS ## 使用技術 Frontend ・React ・TypeScript Backend ・Django ・Python Infra ・AWS ## 機能概要 ・ガントチャート機能 ・クリティカルパス機能 ## 担当したこと ・PMと仕様策定 ・DB設計 ・すべてのバックエンド ## 注力した点 フロントに重点を置くプロダクトのため、バックエンドは変更を簡単にできるようにシンプルな設計に また、フロントエンド実装者・PMと細かく同期をとり将来の構想も踏まえた設計にすることを意識しました ・UUIDを用いた楽観的UIの実装 フロントエンドでUUIDを作成してもらい、それを起点に疎通するという形を採用 ユーザーはローディングなしで操作できるように ・クリーンアーキテクチャを元に設計 View層・UseCase層・Service層とそれぞれの責任ごとに処理を分轄

    -
  • 建設現場の調整業務効率化ツール

    ## 概要 建設現場の効率化SaaSの0→10に参画 調整会議という工事現場で昼間に行われる会議を円滑にすすめるためのSaaS ex) クレーンが1台しかない現場で10時〜13時までA社が使用、15時〜17時まではB社が使用といった調整をする ## 使用技術 Frontend ・React ・JavaScript Backend ・Django ・Python Infra ・AWS ## 機能概要 ・マスター機能 ・工事現場作成機能 ・書類作成機能 ・書類ダウンロード機能 ・配置図作成機能 ・変更履歴機能 ・スケジュール調整機能 ## 担当したこと 主に書類機能と変更履歴機能を担当 ・マスターデータを元に書類を作成できるフォームを作成 ・PDF出力機能を作成 ・Excelダウンロード機能を作成 ・PDFダウンロード機能を作成 ・変更履歴レコードの作成 ・変更差分表示機能の作成 ## 注力した点 ・debounceを用いたパフォーマンス調整 Google図形描画のような機能があったため、 変更履歴機能はレコード数ができすぎないようにdebounceを挟んだりとパフォーマンスを意識しました。 ・StyledComponentを用いたComponentの実装 基底Componentを作成し、それを継承する形で様々なComponentを作成 例) SelectComponent, InputComponent, RadioComponent

    -

ハンズラボ株式会社9 months

エンジニア

-

新卒で入社 研修後、主にテストを担当

  • POSシステムの再開発

    # プロジェクト概要 フランチャイズ向けにPOSシステムを開発 ## 詳細 自社で提供しているPOSシステムを技術選定を変えてフランチャイズ向けに再開発 ## 担当したこと 配属時点で開発フェーズは終了していたので主に結合テストを担当 テストケースの作成と実施を行いました

    -


言語

  • Mandarin - Conversational
  • Japanese - Native

Keep up to date with your connections on the Wantedly People App.