1
/
5

What we do

CEO ジョーダンと COO ジェームズは、当時住んでいた目黒のマンションのエレベーターで出会って意気投合、共同設立者として起業しました。まさにエレベーターピッチ!
Zehitomoが一般的なクラウドソーシング、仲介業者と異なるのは「応募課金型モデル」で仲介手数料を一切いただかない点です。
ゼヒトモは2015年に2人のアメリカ人が「日本人の働き方をもっと自由に、もっと豊かにしたい」という想いから生まれたプラットフォームです。 ゼヒトモのサービスは、一言で表すと「依頼者と事業者をつなげるマッチングプラットフォーム」。ニーズを持った依頼者に対し、事業者=その道のプロが直接提案・取引できる場を、ゼヒトモは提供しています。 そして私たちが挑むのは、ローカルサービス市場。ローカルサービスとは、カメラマンやパーソナルトレーナーなど、人と人が対面して提供する地域密着型の専門的なサービスのことです。ローカルサービス市場は30兆円もの市場規模を有すると言われており、世界では既にデジタル化が進みつつある分野ですが、日本におけるローカルサービス市場のデジタル化はまだ発展途上。巨大なマーケットであるにもかかわらずメインプレイヤーがいない市場として、最後のブルーオーシャンとも言われています。 ゼヒトモは「AIを活用してローカルサービス市場を可視化し、日本人の生活や働き方の質を高めたい」という想いから、この大きなマーケットに挑戦することを決めました。 ゼヒトモが実現したい世界観として、「タウンページのオンライン化」をイメージすると分かりやすいかもしれません。 従来であれば、依頼者はプロの手を借りたいとき、紙の冊子・チラシ・看板などオフラインでプロを探し、電話をかけて仕事を依頼していました。それをゼヒトモでは、依頼者とプロがもっと気軽に出会える機会を作っていきたいと考えているのです。

Why we do

日本中の中小企業やフリーランスの方々に直接電話をして、ローカルのニーズを汲み取っています
オフィスは明るい雰囲気です。フリーアドレスなので出勤時は好きな場所で業務できます。
日本には、世界に誇ることができる非常にクオリティの高い人材やサービスが溢れています。しかし、インターネットでは大企業が検索結果の上位を占めており、優秀なフリーランスや中小企業は埋もれてしまっているのが現状です。また、既存の仲介業者は手数料が高く、結果的に個人の選択肢を限定し、本当に理想とするサービスと出会えない環境を作り上げているのではないかと感じています。 クラウドソーシングや従来の依頼紹介サービスとの大きな違いは、 仲介手数料を一切頂かない、応募課金モデルを採用している点です。 従来の手数料型の仲介サービスモデルの場合、せっかく受注をしても手数料が平均20~40%前後かかるため、期待通りの利益に達しない結果に終わることも多く、漸くそのプラットフォーム内で顧客を得ることができても離脱(退会)する、といったケースも少なくありません。 その反面、応募課金の場合、仲介料が発生しないため、プロの方々は単発でも継続でも報酬の100%を受け取ることができます。 私たちは、フリーランスや中小規模事業主の皆様が継続的に独立し、経済的に成功できるビジネスモデルの構築に挑戦しています。 私たちゼヒトモは、様々なプロと出会い最良なサービスを受けられる場、またビジネスの幅を広げ、より成功するための場として、皆様にとってより自由で、より豊かな働き方とライフスタイルの実現を目指します。 ゼヒトモでは、エンジニアも、セールスも、カスタマーサクセスも、マーケティングも、バックオフィスも、全員が一丸となって「」プラットフォームと日々向き合っています。

How we do

CEOのJordanはオフィスに卓球台を設置するほどの卓球好き。
ベテランの先輩や仲間とのこまめで密なコミュニケーションは現状打開の何よりのヒント。気軽にフィードバックを言い合いながらお互いを高めあっています
● ダイバーシティに富む経験豊かなメンバー: 国籍:日本 / アメリカ / ハンガリー / イタリア / イギリス / カナダ など 出身業界:金融 / IT / コンサル / 元起業家 / メーカー / 広告代理店 / ホテル など 年齢:20-40歳 *ボリュームゾーンは30代前後 ● グローバル&ミックスカルチャーな開発環境: プロダクト/エンジニアチームは殆どが外国籍のフルスタックエンジニアです。 「どこの国だろうと開発言語は国境を超える」を体現しつつ、開発はMEANスタック、AWSで行っています。 日本語/英語を勉強中のメンバーもいますが、日々Slackの言語チャンネルで使える言い回しや面白フレーズをお互いに共有しあったり楽しく学び合っています。 ● メンバーの活躍を支える様々なサポート: - リモート・フレックス導入による柔軟な働き方 - 規定有給以外でもZehitomo有給という独自の制度で休みを取得することが可能  CEO含めママ/パパも多数おり、家族やプライベートを大切に働いている人が多いです! - コミュニケーションへの工夫  Slackや1on1を通じての細かな意思疎通、定期ランチ会、オンライン飲み会など、  コロナの状況下だからこそコミュニケーションに重きを置いています! - メンバー成長への支援  チーム内でのオンボーディングや、メンバー間でのこまめなフィードバック/アドバイス等、その人に適した成長と達成のために、全員ができることを考えながらコミットしていく文化を大切にしています。