1
/
5

What we do

あなたは「聴かれた経験」はありますか? 仕事がうまくいかない時、上司に聴いてもらい、気持ちが楽になった経験。 家庭がうまくいかない時、友人に話を聴いてもらい、気持ちが前向きになった経験。 何だかモヤモヤした時、同僚に聴いてもらい、自分の思考や感情が整理されてスッキリした経験。 逆に、「聴かれなかった経験」はありますか? メンバーの話を聴けず、チームを苦しい状況に追い込んでしまった経験。 大切な仲間や家族の話を聴けず、その人との間に亀裂が生まれてしまった経験。 顧客の想いを汲み取れず、一方的に自分たちのエゴを押し付けてしまった経験。 「聴く」という行為、「聴かれた」という気持ちは、人が幸せに働くため、幸せに生きるために、なくてはならないものの1つだと感じています。 しかし、様々な障壁から、「聴く」「聴かれる」「聴き合う」体験は、まだこの社会に溢れているわけではありません。 それによって、社会におけるコミュニケーションの問題、メンタルヘルスの問題、組織における生産性の低下など、人にまつわる様々な問題が生まれていると私たちは考えています。 私たちエールは「社外人材(以下、サポーター)」による「オンライン1on1」を企業に提供することで、「聴く」を社会に届けています。 具体的には、毎週30分、企業の管理職を中心とした「プレイヤー」に「サポーター」が1on1を実施しています。 企業としては、社外との1on1を組織に取り入れることで、人材の退職/メンタルリスクの把握や、人材の自律的な成長促進を実現することができます。 YeLLに共感してくださる企業は年々増え続け、現在、野村総合研究所、JT、TOYOTA、ジョンソンアンドジョンソン、など様々なエンタープライズ企業を中心に導入いただいております。 サポーターについては、民間企業の社長/役員/管理職、プロコーチ、ワーキングマザーなど、全世界で900名ほどの副業人材が活動しています。 何もなかったところから、少しずつ、着実に、仲間が増えてきました。これから「聴き合う組織」を一気に社会に広げていくフェーズに突入します。 エールに共感してくださる方を、事業開発(企画、営業、カスタマーサクセス、エンジニア)から組織開発(バックオフィス)まで幅広く募集しています!

Why we do

企業が抱える「人材」にまつわる問題は、辿っていくと「現場でのコミュニケーション」に帰着することがほとんどです。 どんなに素晴らしい「事業戦略」「ビジョン」「人事制度」を作ったとしても、結局は「現場でのコミュニケーション」がどのように行われているかに左右されてしまいます。 現場でのコミュニケーションを改善しようと、社内で上司と部下の1on1を実施する企業も増えてきました。 ただ、社内での1on1については「上司のスキルの問題」や、そもそも「利害関係がある相手に本音を話しづらい」という「構造上の問題」が存在します。 1on1をやるといっても、そもそもメンバーの話をどう聴けばいいのかわからない。 評価者である上司にオープンに仕事の相談をするのが難しい。 部下がなかなか心を開いて話をしてくれない。 こんな経験をされた方もいらっしゃるのではないかと思います。 これまでは「組織の課題は、組織の中だけで解決しよう」という考え方が主流でした。 そこに対してエールでは従来の枠組みを超え、利害関係のない社外のメンバーが社員のサポーターになり、対話を通して外部から「聴き合う組織づくり」を支援していきます。 具体的には、 ・サポーターとのセッションを通して、上司に「聴かれた体験」を提供する ・「聴かれた体験」を通して上司自身が「聴く力」を伸ばしていく ・上司と部下を始めとする組織の中でのコミュニケーションが改善されていく この循環を回していくことで、最終的には「聴き合う組織」で溢れる社会を創っていきたいと思っています。 今は、企業のリーダー層に特化していますが、この先は働く全ての人にこのインフラが届くようにするため、BtoBマーケットでの拡大を行います。そして、更にその先では、育児で悩むママ、介護問題を抱える40-50代、健康寿命を伸ばしたい高齢者層など、CtoCという形で、1対1の会話によって、より楽しく幸せに生きられる人を増やすために、このプラットフォームを提供していきます。

How we do

私たちエールは、「組織の課題は、組織の中だけで解決しよう」という従来の枠組みを越えた、新しい組織作りに挑戦しています。 具体的には、「人材は<組織に閉じた存在>ではなく、<社会に対して開かれた存在>である」という前提に立ち、「正社員」以外の関わり方を沢山の方にしていただく中で、事業推進をしています。 現在エールのチームは、正社員10名、業務委託50名、サポーター900名で成り立っています。 業務委託については、データ解析ベンチャーの元COOやクラウドソーシング会社の元執行役員、人材大手の元人事責任者、コーチ育成の教育プログラム開発者、コミュニティデザインの第一人者等の有識者に関わって頂いており、それぞれの領域のプロフェッショナルがつどう集団となっています。 正社員と業務委託の間に明確な線引きをされる会社も多いかと思いますが、エールの場合は、垣根なく同じ視界で仕事をしています。 ほとんどの情報は正社員/業務委託ともにオープンにされており、PJTメンバーの多くが業務委託のメンバーで成り立っています。 そのため、各領域の「意思を持ったプロフェッショナル」が議論を重ね、エールの事業を推進しています。 正社員/業務委託メンバー含め、様々な気づきと刺激のある、ワクワクする毎日を送っています。 あまり例を見ない珍しい組織ですが、人材の流動化が進む現代社会においては、「新たな組織のカタチ」になるのではないかと考えています。 アフターコロナの「新たな組織のモデルケース」になるべく、私たちは挑戦していきます。 採用プロセスの中で実際に私たちのMTGにご参加いただく機会もありますので、ぜひ参加してみてください。 少しでも興味を持ってくださった方は、是非エントリーください!