1
/
5

【社員密着第1弾】ゲームソフトチーム企画営業の1日

みなさんこんにちは!人事の諏訪です!

社員の1日に密着!ということで、第1弾はゲームチームのリーダー河邊さんをご紹介します。

ゲームチームでは、DLsiteで販売をしているPCゲームや美少女ゲームなど商業作品の取り扱い、
並びに”にじGAME”というオンラインゲームのプラットフォームを運営しています。
(※)商業作品・・・同人作品が自費で制作して販売しているのに対して、商業作品とはメーカーや出版社を通して販売される作品のことを指します。

日々の業務としては、ゲームメーカー様をクライアントとし、既存クライアントの深耕営業、新規作品の獲得など提案営業や、新規クライアントの開拓営業を行っています。
数年前までは新規クライアントの開拓は少なかったのですが、現在はゲームコンテンツを中心に新規開拓営業の割合も増えてきており、既存・新規は 7:3 程の状況となっています。

また、獲得した作品がDLsite で販売開始されるまでのディレクション業務はもちろん、販売開始後の数値分析を行い、売上最大化に向けた施策の立案~実行も担当業務となります。
営業職とはいえ、作品獲得して終わりではなく、しっかりと売上につなげるところまで一気通貫で担当をいただけることが特徴です。

それでは、河邊さんは実際にどんな1日を過ごしているのか見てみましょう!

ゲームチームのとある1日のスケジュール

9:50 出社
10時始業ですが、少し早めに出社して社内の喫煙ブースで一服。
自分のデスクに行くまでに、社内にある自動販売機で飲み物を買って業務開始します。

(※)福利厚生の一貫として、社内にある自動販売機は50円~80円で購入可能。各種エナジードリンクも80円と破格!

10:00~10:30 数値確認
前日の売上、新作・割引キャンペーンの動向をチェック、事業目標に対しての進捗率を確認し、当日の業務プランと優先度の設計を行います。
Webツールを元に可視化し、上司及びチームに成果報告しています。



10:30~11:00 チーム朝礼
注力する業務・タスクの報告や、共有事項などを話します。
業務の報告・相談以外にも、自由なお題で会話をする時間を設けています。

2020年に発令された1回目の緊急事態宣言中に、全社リモート勤務となりました。
その間に入社された方々と、既存社員のコミュニケーションが取れず、同じチームなのにお互いが分からないというコミュニケーション不足が課題に上がりました。
宣言解除後に課題を解消するためマネージャーの案により、今の朝礼のスタイルになりました。
好きなゲームの話や、最近ハマっていること、オススメしたいこと等々ざっくばらんな話題で盛り上がることによりコミュニケーション不足が解消され、スムーズに業務に取り組めるようになったとメンバーからの声もあり、チームビルディングの一環として継続して取り組んでいます。



11:00~13:00 提案資料作成・取引先対応
月末に向けた新作発売やキャンペーンの企画調整を行います。
ユーザーの動向に合わせた提案資料作成、お取引先へ連絡し、提案・調整、チームメンバー・関係部署へ内容を共有します。
午後のミーティングへ向け、KPIの進捗をチェック。

13:00~14:00 ランチ休憩
11:45-14:45の間に好きなタイミングで1時間のランチ休憩をとっていただきます。
10時始業なこともあって、少し遅めの13時からランチを取ることが多いそうです。

14:00~15:00 チームミーティング
事業目標に対するアプローチ、それぞれが抱える課題の解決、開発部署・マーケティング部署との連携案件など、進行共有を元にチーム全体でプランを整理します。



15:00~16:00 他部署との進行案件の調整
DLsiteの新機能リリースへ向けて、開発チーム・デザインチームなど他部署から作業があがったものに対して確認の連絡が入るため、仕様通りに進行しているか確認します。

必要に応じて、部署内で実際にテストを行い、意見をまとめフィードバックを行います。

16:00~17:00 取引先商談
次回の新作発売へ向けて、DLsiteでの取り扱い、取引条件やプロモーションの話をメインに、販売プランを擦り合わせします。
商談は状況に合わせてオンラインと訪問を使い分けています。
現在はオンライン7割、来訪2割、訪問1割くらいです。

17:00~18:00 チーム内のタスク確認、商談で決まった内容の共有
ミーティングや商談を受け、決まった内容をチームに共有します。
商談で成約した販売計画を元に進行をチームメンバーに割り振り、商談でヒアリングできた課題に対し、DLsiteでの動向を踏まえた補足資料を作成し、先方に送付します。

18:00~19:00 やり残した業務の処理
18時が終業時間ですが、ミーティングと商談が多い1日だったため、やり残していた業務を対応するため少し残業。
残業時間は日によって異なりますが、平均で1日1時間前後で、よほどのことがない限りは19時前には退社しています。

作品を獲得する営業から、販売開始後に売上最大化のために施策・キャペーンの企画~実施をするところまで一貫して携われる

ー ゲームチームの営業ポジションのやりがいを教えてください

作品を獲得する営業から、販売開始後に売上最大化のために施策・キャペーンの企画~実施をするところまで一貫して携われるところですね。
自分が企画した施策やキャンペーンがどう影響を及ぼしているのか、売上変化を見ていったり、ユーザー様の声を聞くことができます。
その結果を次の営業活動や、施策・キャンペーンの企画に反映させたり改善させたりできることがやりがいにつながっています。
また、チャレンジをさせてもらえる環境なので、どんどん推進して業務を行うことができるところも僕自身は魅力に感じています。
メンバーのみんなには、失敗してもいいからチャレンジしてもらいたいと思います。
もし、なにか問題が起きたときは僕やマネージャーがフォローするので安心して業務に取り組んでいただきたいです!(笑)

ー 逆に大変なことはありますか

基本ポジティブ思考なので、あまり大変だと感じたことがないかもしれません。直ぐにパッと思いつかず…(笑)
強いて言うなら顧客との商談の中で、最近話題になったゲームのことなどを話すことが多いのでPCゲームやスマホゲームに全く興味がない方は、流行作品のキャッチアップが難しいのかなと感じます。

余談ですが、社内のコミュニケーションは基本Slackで、ゲーム好きが集まる雑談チャンネルがあります。ゲームに関する最新情報の発信はもちろん情報交換などもされており、自分が知りえなかったことも知識として習得することができるので、すごく助けられてます・・・!このように、さまざまな雑談チャンネルから二次元コンテンツにまつわる情報を得ることができるので、すべての知識を持っていなくても、自分から進んで情報をキャッチアップする姿勢を持っていれば、顧客とのコミュニケーションもスムーズに行なえます!

会社も事業も成長している真っ最中なので、積極的にチャレンジし、業務推進していただける方と是非一緒に働きたい

ー 河邊さんはどんな方と一緒に働きたいですか

この10年間でゲーム市場の動きも大きく変わってきました。
例えば、これまで日本のゲーム市場は実際にゲームソフトを購入してゲーム機に挿入をするパッケージ版が主流でした。
しかしここ数年で、ゲーム機にソフトを落としてプレイするダウンロード版を購入する比率が上がってきました。
エイシスは自社でDLsiteというプラットフォームを運営していて、かつダウンロード販売を行っています。まず一つここはエイシスの強みだと思うので、ダウンロード販売が伸びている状況の中、どう自社の売上を最大化させていくのかというミッションに対し、様々なアクションを行っていただける方と働きたいですね。

またもう一つの強みとしては、エイシスはゲームに限らず、デジタルコミックや音声作品などいくつかのコンテンツを取扱っています。
実際に音声作品チームと協業し、ゲームを音声作品化させたりと、ゲームだけに囚われない展開を行っています。
他のチームと協業し新しいコンテンツを生み出すチャンスも大いにありますので、様々な企画が実現可能となります。
その為には、ゲーム業界のみならずエンタメ業界の流行や情報をキャッチアップし、常に思考を働かせることも大切になっていきます。

ジャンル問わずゲームがお好きな方、ゲーム業界に興味のある方、お待ちしております~!

https://hrmos.co/pages/eisys/jobs/0AFD001

河邊さん、ありがとうございました!

インタビュー・編集・写真撮影:諏訪

おまけ(編集後記?)

密着する中で河邊さんのプライベートについて情報を入手。

筋トレと、自転車が趣味なので、よくジムに通ったり、晴れた休日は自転車で出かけることが多いそう。他には、音楽が大好きなので、弊社社員とアニメソングが流れるクラブによく行ってたそうです!
今ではコロナ禍ということもあり、ほとんどクラブへは行かなくなってしまったそうですが…
コロナが落ち着いたら、また是非趣味を楽しんでいただきたいですね~

ちなみに、この日は会社でプロテインを飲んでいました。
(噂によると、出勤後に必ず飲んでいるそう)


プロテインと河邊さん、いい笑顔です(^o^)

株式会社viviON's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more