1
/
5

アフリカで急拡大する電力サービスWASSHA(ワッシャ)って何!?

こんにちは!執行役員COOの米田です。タンザニアのダルエスサラームに駐在し、電力量売りサービスWASSHAの事業立ち上げを担当しています。ここでは、WASSHAについてご紹介します。

WASSHAはまだ電化されていない地域で、ロウソクや灯油ランプを使って生活している人々に電気のある生活を提供するサービスです。キオスクと呼ばれる個人商店に、ソーラーパネル、バッテリー、充電器等の機器を設置しソーラーパネルで発電した電気を使って、携帯電話の充電、ランタンとラジオのレンタルサービスを提供しています。

(WASSHAのキオスクに集まる電気のない村の人々)


携帯充電サービスがもたらす時間とお金の節約

アフリカの電気のない地域では、携帯電話を充電するために電気のある町まで移動しなければならず、片道2〜3時間の距離を歩くことも珍しくありません。また、遠くの町へ行くためにお金を支払ってバイクタクシーを利用する人もたくさんいます。WASSHAが導入された村では、家から歩いて5分の場所にあるキオスクで、手軽に携帯充電サービスを利用することができるようになります。

(電気のない村から町へ移動する人々)


ランタンで実現する安全でクリーンな灯りのある生活

WASSHAは携帯充電サービスに加え、ランタンの1日レンタルサービスを提供しています。日が傾く夕暮れ時、村の人々はランタンやラジオを借りるためにキオスクに集まり、お店の前には行列ができるほどです。電気のない村の人々は、ロウソクや灯油ランプを灯りに生活していますが、あまり明るくない、煙を吸い込んで呼吸器疾患になる、灯油ランプが倒れて火事になる、煙で家の壁が黒く汚れるといった課題に悩まされています。WASSHAのランタンレンタルサービスは、これらの課題を解決する安全でクリーンな灯りとして人々に受け入れられています。

(ケロシンランプ(左)とランタン(右)の比較。ケロシンランプでは暗くて勉強できない)


ラジオが届ける情報とエンターテイメント

WASSHAはラジオの1日レンタルサービスも提供しています。アフリカの電気のない村では、テレビやラジオを持っている人が少ないのが現状です。町からも遠く離れ情報源が乏しい環境で、ニュースを聞くことのできるラジオは大変重宝されています。また、アフリカで人気のあるサッカーの実況中継や音楽もラジオを通して楽しむことができ、貴重なエンターテイメントとして人々に喜ばれています。


電気のない生活を送る人々は世界に13億人いると言われています。この13億人の人々に電気のある生活をお届けすることがWASSHAのミッションです。

一緒に働いてみたい方へ

マーケター(どぶ板営業)
アフリカでの事業拡大を担うBOPビジネス・マーケター(どぶ板営業)募集!!
▼ アフリカで、人々の目の前にある課題を解決するビジネスを創る 私たちはアフリカ各国の低所得層や零細・中小企業が直面している課題の構造を紐解いて、それを解決する事業を作っています。 成長著しいアフリカ地域で、その成長から取り残された低所得層のお客様に注目して、日々直面しているお客様の課題を解決するプロダクトやサービスを作り、それを現地のメンバーと一緒に育てて、ソーシャル・インパクトと経済的な利益を同時に生み出す。そして、その事業の拡大を通じて、インパクトと会社の規模を同時に大きくしていく。それがWASSHAの目指すビジネスの形です。 ▼主な事業内容 【Energy as a Service事業】 サブサハラアフリカ地域では6億人が未電化(=電気の届かない)地域で生活をしています。WASSHAは未電化地域のキオスク(小規模な小売店)と提携し、彼らの店舗で独自開発したデバイスを設置することで、低所得の方々でもお金があるときにだけ利用できるLEDランタンのレンタルサービスを展開しています。 現在、複数の新規事業のPoCを進めています。 ▼PR 首相官邸 国際広報CM(英語、2分)で取り上げていただきました https://www.youtube.com/watch?v=nRAPkRiC59s 2019年4月、テレビ東京系列「ガイアの夜明け」で当社の事業が紹介されました。 右記リンク(Dropbox)から録画映像みれます → https://bit.ly/3OxpbXL
WASSHA Inc.


インターン
アフリカで未電化地域向けビジネスを一緒に作るインターン募集!!
▼ アフリカで、人々の目の前にある課題を解決するビジネスを創る 私たちはアフリカ各国の低所得層や零細・中小企業が直面している課題の構造を紐解いて、それを解決する事業を作っています。 成長著しいアフリカ地域で、その成長から取り残された低所得層のお客様に注目して、日々直面しているお客様の課題を解決するプロダクトやサービスを作り、それを現地のメンバーと一緒に育てて、ソーシャル・インパクトと経済的な利益を同時に生み出す。そして、その事業の拡大を通じて、インパクトと会社の規模を同時に大きくしていく。それがWASSHAの目指すビジネスの形です。 ▼主な事業内容 【Energy as a Service事業】 サブサハラアフリカ地域では6億人が未電化(=電気の届かない)地域で生活をしています。WASSHAは未電化地域のキオスク(小規模な小売店)と提携し、彼らの店舗で独自開発したデバイスを設置することで、低所得の方々でもお金があるときにだけ利用できるLEDランタンのレンタルサービスを展開しています。 現在、複数の新規事業のPoCを進めています。 ▼PR 首相官邸 国際広報CM(英語、2分)で取り上げていただきました https://www.youtube.com/watch?v=nRAPkRiC59s 2019年4月、テレビ東京系列「ガイアの夜明け」で当社の事業が紹介されました。 右記リンク(Dropbox)から録画映像みれます → https://bit.ly/3OxpbXL
WASSHA Inc.
WASSHA Inc.'s job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings