1
/
5

祝!宮崎赴任 2周年 ~現宮崎支社長の古謝さんに突撃インタビュー~

こんにちは、広報の前原です!

みなさん今日は何の日か知っていますか?本日は、1965年に日本航空が日本初の海外旅行パッケージブランドジャルパックを発売した海外団体旅行の日みたいです。

そしてVitalizeでは、1/20といえば現宮崎支社長の古謝さんが宮崎に着任した記念すべき日!
本日で赴任2年目ということで、インタビュー形式で古謝さんに当時の思いなどをお聞きしたので、ぜひご覧ください!


Q1. まず最初に自己紹介をお願いします

古謝貴史(こじゃたかし)です。

出身は沖縄県。エンジニア歴は8年。

前職はメーカー企業様向けの業務支援アプリを開発していました。

趣味は自転車、読書、それと美味しいもの!(宮崎は食べ物もお酒もおいしい!)

家族によると小さい頃は「しゅうりやさん」になりたいと言っていたそうです。父が家電メーカーのエンジニアだったのですが、その影響ですね。
ハードとソフトの違いはあれど、気づけば父と同じエンジニアの道を歩んでいました(笑)

今はVitalize宮崎支社で、支社長をやらせてもらっています!


Q2. 宮崎支社について教えてください

宮崎支社は2019年10月に設立し、今は3年目になります。メンバーは私自身も含め現在7名です。

支社の設立当初はエンジニア経験のメンバーがおらず大変ではありましたが、今では各々が成長し、他拠点の社員とも連携しながらチームでシステム開発をこなしています。
業務とは別に、自己研鑽も兼ねて部活みたいに数人でアプリをつくる、なんてこともやってたりします!

また、宮崎支社では地方創生の一環としてエンジニアスクールを立ち上げようとしています。
Vitalizeの強みであるエンジニアリング教育を宮崎で行い、宮崎の若者がもっと地元で活躍できるような仕組みを作るべく、メンバーみな邁進しています。

昨年はその準備期間として、社内研修のカリキュラムをベースとした模擬講義を実施し、教材や教育体制の調整を行ってまいりました。
いよいよ今年から本格始動します!


Q3. 宮崎支社へ異動になる前は何をしてましたか

業務では東京本社で、家事代行の企業様の基幹システム開発・保守を主に担当していました。
他にもネイティブアプリ開発、SESなどにもチャレンジさせてもらいましたが、思うように成果が出せず苦い思いもしましたね。

そんな中で一番手応えを感じていたのがメンバーの教育・サポートで、案件をこなしつつ後進の成長を支援するという役割が一番自分に合っているなと感じ始めていた頃でした。


Q4. 異動が決まる前は宮崎メンバーとの交流はありましたか

異動が決まる少し前から、宮崎メンバーと一緒に仕事をしていました。
当時は宮崎メンバーは4名で、みんな入社して間もない時期だったので、彼らのOJTをサポートするような形で業務を進めていました。
遠隔ではコミュニケーション面・教育面で課題も多く、東京本社からメンバー何人かが交代で宮崎支社まで出張したりもしていました。
ただ、短期的な出張ではなかなか状況を改善するには至らず、私自身も難しさを感じてもいました。

当時はそういう状況でしたね。まさかあの頃は自分が宮崎に行くことになるとは思ってもいませんでしたが(笑)


Q5. 宮崎支社への異動が決まったときの思いを教えてください

割と急に話を振られて、その日のうちに「行きます」と返事をしました。

戸惑いや驚きはほんのちょっとだけありましたが、新天地と聞くとワクワクしましたし、自分の能力を活かせそうだとも思いました。
何より、もうすでに宮崎メンバーとは一緒に仕事をしていましたし、自分が行ってみんなのためになるのなら…と。そこまで迷いはなかったです。


そして気がついたら、宮崎の支社長を任されるまでにいたりました。


Q6. 宮崎支社長として働き始めて大変だったこと、嬉しかったことは?

大変だったこととは少し違うかもしれませんが…メンタル面で、自分の中に厳しさというか、メンバーにより高いレベルを求める気持ちが出てきたことですかね。
それで葛藤することも以前より増えました。周りからみたら全然厳しくないって言われそうですが(苦笑)、自分の実感としては以前より厳しくなったと思います。

以前は個々人の目線に合わせてサポートやケアをするように動いていたと思いますが、
今はそれだけでなく組織や将来といったより広い視点で、時に生々しいことにも向き合ってコミュニケーションを取らなければと痛感しています。
大変ですが、同時にそれが自分の成長でもあると感じます。

嬉しいのは、メンバーの成長ですね!

最近では高レベルな案件で活躍しているメンバー、自力で新規案件への参入を決めたメンバーも出てきて、この短期間で本当に成長したなと。

もちろん各人の努力の賜物であることは間違いないですが、自分のことのように嬉しく思います。
今では私の方がメンバーの誰かに教えを乞うシーンも珍しくありません。…とはいえ私もそう簡単に追い越されては悔しいので(笑)
メンバーと切磋琢磨しながら今後も一緒にやっていきます。


Q7. 古謝さんの今後の目標や、今後宮崎支社でやってみたいことを教えてください

地方創生としてのエンジニア教育事業を宮崎支社で確立して、他拠点にもどんどん展開したいです!
宮崎メンバーもみんな未経験から現場の第一線で活躍するまでに至りました。

すでに実績はあるはずです。あとはやるだけ!


最後に宮崎メンバーのみなさんから古謝さんにメッセージをお願いします!

山下

優しくて思いやりがある方です!未経験で入社した自分にも古謝さんはプログラミングの初歩的なことから教えていただきました。

古謝さんに限らず弊社社員には教え好きな方が多いので、未経験の方でも安心して入社できます!

長野

私が未経験からここまでコーディングできるようになったのは古謝さんのおかげです!

宮崎支社内だけでなく、他支社の方々の相談やヘルプをしていますし、全社員から絶大な信頼があります。これからもお体にはお気をつけて、健康第一!!!で宮崎を盛り上げていきましょう!

矢野

プログラミング知識ゼロの私に手取り足取り教えてくれたのが古謝さんでした。
今こうしてプログラミングを書いているのも古謝さんのおかげです。ほんと感謝しております。

これからもよろしくお願いします!!

弓削

みんなの技術力を上げるために色んな相談をしてくれ、尚且つサポートもしていただいております。
常にみんなのことを考え一緒に仕事をしていることもあり、技術面から精神面でも安心できます!
お忙しい中でもフォローしていただきありがとうございます!

これからも日々成長できるようみんなで頑張ります!!

大村

入社当初、東京から宮崎に教育で古謝さんが来てくださり、多くのことを教えていただきました。
わからないことも優しく丁寧に教えてくれて、挫けることなく今仕事ができているのは古謝さんの人柄のおかげです!!ありがとうございます!

上竹

自分より他人を優先してしまう人です。圧倒的に利他貢献ができる方なので皆が慕っています。回りをサポートしているところには大変感謝しています!

みなさんありがとうございました!
それでは最後に私からも古謝さんに一言・・・

改めて、古謝さん就任2周年おめでとうございます!!!!!
これからも宮崎をどんどんVitalize(活性化)していきましょう!
宮崎メンバーファイト!!!

宮崎支社では、
一緒に宮崎を盛り上げてくれるエンジニアを募集中です!

詳しくはこちらをチェック↓

Web Engineer
地方創生×宮崎!エンジニアとして宮崎を盛り上げるチャンスがあります!
Vitalizeは4つの事業を展開しています。 1.システム開発/コンサルティング/HP制作  要件定義から開発まで全てワンストップで行います。  同時にBPRも行い、システム開発会社として最高級  のアウトプットを目指しています。 2.システムエンジニアリングサービス  弊社は一般的なSESとは違い、チームで動くことを大切にしています。  また、極力弊社内で業務を行える体制作りを目指しており、ナレッジの共有・一体感の醸成を大事にしています。 3.自社サービス事業 ・オンラインプログラミングスクール ・タレントマネジメントサービス ・恋愛サービス  フィージビリティスタディ中のサービスも含め、  幾つもの新規サービスが走っています。 4.地方創生事業  地方は少子高齢化、東京一極集中により厳しい未来が予想されています。  Vitalizeは強みである技術力、事業創造力を活かし、  地方に新たな産業が作れないかを検証しています。
株式会社Vitalize
株式会社Vitalize's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more