1
/
5

【選考者向け】選考お見送りの2大理由

皆さんこんちには!スピードリンクジャパンの採用担当している里村です!

有難いことに弊社の選考を受けている方が年々かなり増えてきています。
22新卒に関しては2000名近くがエントリーしてくれました。

それに伴い面接回数も増え、お見送りにする理由がある程度絞れてきました。

今から言うことが出来ていれば必ず通過というわけではありませんが、選考を受けるにあたって
必ずやっていてほしいって思うところをピックアップしているので、参考にしてください!

前提

・募集職種:エンジニア
・新卒採用、中途未経験採用

その1.エンジニアへの意欲が感じられない

弊社の約9割はエンジニアとして働いています。未経験エンジニアの採用や教育に力を入れているので、ありがたいことに未経験の方が沢山選考を受けてくださっています。

うちとしても未経験エンジニアを活躍できるエンジニアになれるように全力で寄り添います。

ただ会社でいくら教育制度やサポートがあるといえども、本人の想いは大事です。

想いがあることを伝えてくださっても、忙しいを理由にほとんど勉強していなかったり行動していないのは、向き合っていないと判断します。

エンジニアの勉強を完璧にすることを求めているわけではありません。
ただ興味があって仕事にしたいと思うなら、少しでも挑戦してみると思うのです。

今は情報が手に入れやすいから、未経験の人がやった方が良いことも調べれば沢山出てきます。なので本当にエンジニアを目指したいと思うなら、少しでもやってみてください。苦労して就職活動してエンジニアになって、働いてみたけど仕事合わないから辞めるっていうのはあまりにも勿体ないと思います。

実際にやってくれていると嬉しいこと

・プログラミングの勉強をしている

その2.スピードリンクジャパンへの想いがない

企業を決めるのは本当に人生において大事なことだと思います。

入社してからお互いにギャップがない状態に近づけたいですし、スピードリンクジャパンのことをできる限り知ったうえで決めていただきたいと思っています。

だからこそ、できる限り企業を知っていだけるように様々なコンテンツを用意していますし
見てもらった方が良いものはメッセージで送らせていただいています。

弊社が出しているコンテンツ

Instagram
 →社内の雰囲気が分かる内容
note
 →代表の西田が毎週執筆
・Wantedly
 →社員自身の入社理由や会社の各イベントなどを公開
・採用動画
 →選考を受けてくださった学生にお送りしています

最初は知らないことも多いと思いますし、面接受けて志望度が変わることもあると思います。
ちょっと興味ある、選考受けてみようかなと思って受けてくださるのはとても嬉しいです。
弊社に興味を持ってくれたことが嬉しいです。


ただ最終選考や最終選考前の面接では、スピードリンクジャパンの志望理由が明確であってほしいです。
皆さんにとって企業を決めるのが大切なように、私たちにとっても採用するかどうか本当に大切です。

同じポテンシャルの方が2人いたときに、スピードリンクジャパンの想いがある方とない方を比べると
想いがある方を採用します。

改めてなぜスピードリンクジャパンを志望してくれているのか理由を考えてみてください。

まとめ

大きく2点の理由を書きましたが、どちらも共通して向き合っていないということです。
こちらの理由は代表の西田のnoteを引用しますね

苦手なことをどのように克服してきたかは非常に重要なポイントだと思っている。
社会に出たら、今までやったことがないことだらけだ。

初めてやるのだから失敗するし、失敗したら怒られる。これを繰り返し、得意になるまでに時間もかかるわけだ。

この間に嫌になって気持ちが折れたら、獲得できるスキルも獲得できなくなる

まるで太っている人がしんどいトレーニングをやってみたものの、すぐに見える成果が出ないものだから途中でダイエットを止めちゃうのと同じ現象だ。

自分と向き合うということは、大人でもなかなかできない人が多い。
でもせめて、逃げ癖がないとか言い訳をしないとか、他責にしないとかそういうポイントを俺は見ている。

自責が出来ない人って、自分の成長よりも小さなつまらないプライドに固執してるってことじゃんか。
自分に非がないと思っているわけだから、改良してバージョンを上げる必要はないって思っていることだよね。

改良しないんだから、成長しない。それだけのことだ。
よーく周りの人たちを観察してみ!
バイト仲間でもチームメイトでも、使えないな~って思う人ほど、人に謝れないわけよ。
株式会社スピードリンクジャパン's job postings

Weekly ranking

Show other rankings