1
/
5

CFOに聞いた!スペースマーケットを支えるコーポレート部とそのメンバーの魅力とは?

こんにちは、スペースマーケット コーポレート部の佐藤です!
各地で桜の開花発表がされはじめ、徐々に春が近づいてきましたね。スペースマーケットでは混雑や寒さを避けながら桜を楽しむインドア花見®︎ができるスペースがたくさんあるので、家族や仲間でゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか?インドア花見®︎が気になった方は、下記の特集ページも覗いてみてください!

インドア花見特集2022 プライベート空間で、今年は桜をひとり占め!
https://www.spacemarket.com/topics/indoor-hanami

今回は、私たちコーポレート部をより深く知っていただくために、コーポレート部がスペースマーケットの中でどんな役割を担っているのか?そしてどんな人が働いているのか?という観点で、CFOの徳光悠太さんにインタビューしました!

コーポレート部門はサポーターであり守備の要であり、バランサーでもある!

ーー 徳光さん、本日はよろしくお願いします!早速ですが、スペースマーケットにおけるコーポレート部門の役割を教えてください。

スペースマーケットのようなスタートアップ企業のコーポレート部門には次の3つの役割があります。

①チームを支えるサポーター
②守備の要の1プレーヤー
③攻撃・守りの司令塔/バランサー

ーー コーポレート部門というと、①のサポーターや②の守備の要というイメージを持たれる方も多いと思いますが、③の攻撃・守りの司令塔/バランサーというのは具体的にどんな役割なんでしょうか?

簡単に言うと、時にはオフェンスを推進し、時にはディフェンスに回りチームの戦線のバランスをとる司令塔的な役割です。
スタートアップ企業は「ビジネスはこうすれば伸びる」という決まった型がない中で新しいもの・サービスを作っていくため、状況に応じて動き方や考え方を変化させていく必要があります。経営・事業・サービスの成長の推進という大きなテーマについて、コーポレートサイドから取り組む役割であり、中期計画・予算の策定、意思決定への示唆出し、全社横断プロジェクトのファシリテーションなどが挙げられます。業務レベルでは、スキームや座組の構築なども該当しますね。
財務・経理など、より経営に近い領域に携わっているコーポレート部門だからこそ全体を俯瞰して担うことのできる役割だと思います。

コーポレート部門の役割については以下noteでも詳しく書いていますので、気になる方は是非覗いてみてください。
https://note.com/toku32_spm/n/n26614c3acb18

ーー チームとしての特徴を挙げるとしたらどんな特徴がありますか?

ある特定の業務をこなすためだけにあるチームではなく「企業が抱える、刻一刻と変化していく課題に対して取り組み解決していくことのできるチーム」というのが、スペースマーケット コーポレート部の一番の特徴だと思います。また、課題に取り組むにあたって考え方や動き方に柔軟性が求められる点も、一つの特徴ですね。

ーー CFOの徳光さんからみた、スペースマーケット コーポレート部の魅力や面白さを教えてください!

スペースシェアという新しい業界、数年で数億規模から数十億規模に成長、特殊なストックオプション制度導入、M&A・・・。スペースマーケットはコーポレート的視点からみても、変化がたくさんある企業だと思います。その分、法規制・リスクへの対応や社内制度づくりなどコーポレートとしてやらなければならないことも増えます。言い換えると新しいことへチャレンジできる機会はすごくたくさんある会社なので、変化する環境で働きたいという人やチャレンジをしたい人にとっては、とても面白い会社ではないかなと思っています!

また、役員や事業サイドのコーポレートへの理解がすごくある会社だと思っています。
スペースマーケットでは会社全体でこだわりを持って採用を行っており、周囲と成長し取り組むことのできるチームで頑張ろうという意識を持っている人をお迎えしています。所属しているチームだけではなく、スペースマーケットというチームの一員として、広い視野で物事を考えることのできる人が集まっているからこそ、コーポレートに対する理解もあるのだと考えています。
また、コーポレートとしても、役員や事業サイドに対して協力を仰ぐ際には「なぜ必要なのか?」「どういったフローで進めていくか」を明確に説明している点も、理解がある理由だと思います。

成長意欲がある人、実直に着実に取り組みながら変化を楽しめる人を迎えたい

ーー ここまでコーポレート部についてお話聞いてきましたが、続いてコーポレート部のメンバや迎えたいメンバーについてお聞きしたいと思います!徳光さんからみた今のコーポレート部メンバーはどんな印象ですか?

課題思考が強く、柔軟に動くことのできるメンバーが多いですね。決まった仕事を着実にこなすことがコーポレート部門として何より求められる企業もありますが、スペースマーケットでは先述の通り変化が大きく、コーポレート部にはその変化に対応できる柔軟さが求められます。
また、自分の成長を実現しようというメンバーも多いです。スペースマーケットは物理的な資産を持たない人が資産の会社なので、会社としての成長と社員の成長は直結します。個々人が成長しないと同じ仕事をこなすことしかできず、会社に対してできることが増えていかないので、成長意欲もとても重要になってきます。

ーー そんなメンバーへの期待値や、めざしてほしいゴールがあれば教えてください。

それまでに経験したことがない課題に直面した時に、これまでの経験値や知識を活用して解決できる人になってほしいです。また、担当している領域のお隣の領域であったり、ワンステップ上の領域に自ら取り組めるようなチームになってほしいですね。今まで経験したことや知っていることしかできないと、仕事に幅にも限界が生まれてしまいます。知らないことに対して取り組めることができるから、成長することができるし楽しめると思うので、ぜひ全く知らないことに直面した時もこれまでの経験をフル活用して取り組めるようになってほしいです!

ーー 私も頑張ります!それでは、どんな人をコーポレート部に迎えたいと考えていますか?

繰り返しになりますが、経験していない課題に対して面白いと思える人、成長意欲のある人をお迎えしたいです。また、コーポレート部門の仕事はどうしても目立たない仕事が多い面もあり、すぐに目に見える結果が出るものは少なく積み重ねていくことで結果が出るものが多いので、実直に着実に取り組める力も重視しています。
コーポレート部門は専門職なので、能力が備わっているに越したことはありませんが、能力面に関しては入社してから経験や知識を身につけることができるので、未経験の方でも問題ありません。実際現在のメンバーの中にも未経験で入社した方が活躍しています!

ーー 最後に、スペースマーケットに興味を持って、こちらのストーリーを読んでいる方に向けて一言お願いします!

スペースマーケットに入って一緒に成長しましょう!!

ーー スペースマーケットのコーポレート部のこと、メンバーのこと、少しでも知っていただけたでしょうか?一緒に働くメンバーを募集しています!気になるメンバーがいたらぜひお気軽にお声がけください。

株式会社スペースマーケット's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more