1
/
5

インスタ日記のススメ

こんにちは!

SEKAISHAの笠巻です。

今回はインターンの井上さんに「インスタ日記」について語ってもらいました。

綺麗な写真、美しい写真を載せるイメージの強いインスタですが、日記としても使えるようです。

現役女子大生のインスタ日記の謎に迫ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!SEKAISHAインターンの井上です!

現在、大学4年生。大学の授業も週に3コマ程度、先日就活も終わり、残すは二回の実習と卒論のみ…。そうです。結構暇なのです。暇といってもアルバイト2つとインターンをしているので毎日家にいる、というようなそういう類の暇ではありません。ですが毎日どちらかというと”同じような日々”を過ごしています。言うなれば、精神的に暇、というところでしょうか。

そんな”精神的暇”の私が今年の4月の終わり頃から始めたのが、Instagramで毎日の日記をつけるということです。

はい。毎日更新して、恥ずかしながら日々の私をさらけ出しています。基本的に仲の良い友人のみとだけフォローしあっていたのですが、私が日記をつけているということを誰かから聞いて見てくれたり、オススメ欄に出てきたからフォローしてくれたりなど今では80人くらい?の人に毎日日記を公開しています。

やってみての感想ですが、オススメなんです。とても良いなと思ってやっています。今回はどんなところが良いのか?皆さんにインスタ日記のオススメポイントをご紹介したいと思います。きっとこれを読めば皆さんも始めたくなるはず!?

Instagramが日記に向いている理由

まずはSNSであるInstagramがどうして日記に向いているのか、そこの点をご紹介していきます。

写真と共に残せる

写真を投稿するアプリということで毎日の日記には必ず写真をつけることになります。写真は視覚的に一番記憶を呼び起こしやすいものなので、過去の日記を読み返す場合などは写真があるととっても良いです。ですがノートなどに毎日日記をつけていた場合。写真を貼るというのはかなりめんどくさい作業になりますし、絵を描くにしても上手に描けないと大変です。その点好きな写真を簡単に残しておけるInstagram、良いです。

いつでもどこでも書ける。何度だって書き直せる。

スマホ1つあればいつでもどこでも書けるのも魅力の1つです。面白い出来事があった時や面白い考えが思い浮かんだ時、その場ですぐに残しておくことができます。また、一日の終わりの帰りの電車の中など、空いてるスキマ時間を有効に活用して日記を書くこともできます。

人に見られているという意識がある

今まで何度か日記をつけようと試みたことがありましたが、大抵の場合最初の方はとても張り切って長文を書きますが、一週間も経たないうちに今日は〇〇をしたというように出来事を一言、二言で終わらせてしまうようになり、やがて書かなくなってしまいました。一方、ある程度毎日誰かが見ているInstagramでは1日でも更新しないと、「あ、続いてない」と誰かに思われてしまうかもしれません。そう思うと毎日どんな些細なことでも書いて、とにかく続けようという気持ちになります。

また、日記ってつい愚痴ばかりになってしまいがちでした。日記を愚痴のはけ口として使うことも大切だと思いますが、私は過去の自分のそんな日記を読んで少し悲しくなりました。友達が見ている日記は読んでいて不快な気持ちにならないように、そこも大切な観点になります。今は見ている友達のため、ですがこれはいずれ過去の自分の日記を読む自分のためにもなると思っています。

インスタ日記をつけて気づいたこと・変わったこと

インスタで日記をつけ始めてよかったなと思っています。それはただ単に毎日日記をつけるようになったということだけでなく、インスタで日記をつけるようになって自分のことがわかったり、自分自身に変化が見えてきたからです。いくつかご紹介しましょう。

文章はその時の生活環境が大きく関わる

最近、読書しています。もっぱら、小説しか読んでいませんが。大体3〜4日に一冊のペースで読んでいます。そして私の日記はその本の文調にとっても影響されてしまいます。『四畳半神話大系』を読んでいる時には森見登美彦っぽく、『人間失格』を読んでいる時には太宰治っぽくというように。私はとっても影響を受けやすい人間だということがわかりました。

面白い文章を書きたくなった

文章を書くこと自体は今までそこまで苦手意識もなく、作文も割と早めに書き上げていたし、実習の記録などもそこまで苦労することはありませんでした。ですが人に見せるための文章なんて書いたことはありませんでした。ですがこの日記を始めてから、友人に「日記、見てるよ。面白いね。」と言われることが多くなりました。すると書くのが楽しくなってきました。自己表現の1つとして文章で表現する。私のレパートリーが1つ増えたのです。

日々が濃いものになった

日記をつけ始めてから、普段何気なく生活をしていると何も思わないようなことにも目が向くようになりました。例えば気持ちいいなと感じる空とか、なんか懐かしい匂いとか、グッとくる言葉とか。日記のネタにするためにそのようなことについて深くまで考えるようになったのです。理由は日記のためですが、物事を考える習慣というのがとてもついたような気がします。なんで私は今これが素敵と思ったんだろう?というように考えていると、毎日いろんなことを考えてなんだかんだ濃い1日だったような気がしてきます。

いかがでしたか?インスタ日記、つけてみたくなりませんか?

私はこれからも日々の小さいことでもなんでもインスタに残していこうかなと思っています。皆さんも是非に。

株式会社SEKAISHA 's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more