This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【2019年版】シェアリングエコノミービジネスについて

近年、民泊やCtoCフリマアプリなどが市場に受け入れられ、シェアリングエコノミービジネスが急速に社会に浸透し始めています。


シェアリングエコノミービジネスビジネスに成功している企業としてメルカリ、ラクスル、スペースマーケット、タイムズカープラス、ココナラが有名ですね。

いずれも「取引をする双方にメリットがある」「安心して取引できる仕組みがある」といった共通項が見あり、シェアリングエコノミービジネスを成功させるための秘訣と言えるでしょう。


一方で、サービス提供者を増痩せずにすでに終了してしまったサービスも存在します。

サービス提供者を増やすためには、そのプラットフォームが「安心・安全」であることが不可欠です。


利用者の安心・安全については、例えば民泊トラブルを解消するため法改正が行われるなど、政府レベルでもグレーな部分を排除する動きを見せています。市場参入を検討している企業においても、例えば決済面などで利用者がリスクを負わないような仕組みづくりが欠かせないでしょう。


詳しくはこちらの記事をご覧ください。

株式会社Samurai's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more