1
/
5

今後の10年で経理の働き方は大きく変わる?経理の働き方予測


こんにちは、ロボットペイメントの藤田です!
皆さんは、「未来の経理の働き方」 についてどう思いますか?
今回は私が思う未来の経理の働き方について記事を書いてみたいと思います。


急速に変化する外部要因

2023年10月:電子インボイス制度

電子適格請求書になり、「電子化=データ化」されるため、取引での紙の利用はいよいよ紙幣のみになってきます。

2024年上期:新紙幣の発行

これにより、タンス預金を全て洗い出されます。自動販売機などでも旧札は使えなくなっていくでしょうから、家にあるお金は全て切り替わっていきます。

電子マネーの普及

世界の3大通貨は、「ドル・ユーロ・円」ですが、これはあくまで紙幣が対象です。
電子マネーが主役に変わろうとしている今、アジアの電子マネー先進国である中国との戦いになると思われますが、今の日本の普及率では負けてしまうかもしれません。なので、政府が本気を出して進めると予想します。

給与の電子マネー支払い

2019年12月18日の国家戦略特区諮問会議において、2020年度内の「デジタルマネーによる給与支払い」の実現が「重点的に進めるべき事項」として確認されました。

それにより、消費だけではなく給与も紙幣ではなくなります。

上記によって、商取引をはじめとした、お金の流れ、動きは、上流工程から全てデータ化され、紙幣ですらデータ化されてきます。改変できないデータであれば、税務のエビデンスとなるため、国は確実に税金を徴収できるようになります。


勝手な未来予測

データ化された社会では、会計や税務などのルールが決まっているため、自動化が簡単にできるようになります。さらに、企業独自の処理方法でもルール化がされているので問題ありません。

また、データ化した社会では、紙での保存は手間と保管コストばかりが必要となるためなくなっていきます。

コンピュータではできない仕事は、物を動かす、しまう、みる等の物に起因するものが多いです。
経理の仕事では、その「物」がなくなるのです。

また、紙幣が電子化されると、銀行に預けるのではなく、スマホにデータが入っているだけでいいので、銀行の価値や意味も大きく変わります。

「スマホを持ち歩く=全財産を持ち歩く」状態が生まれてくるからです。そしてそのデータの保管は銀行である必要がありません。


そんな時代の経理の仕事

仮説ではありますが、私はあと10年ぐらいで、上記に近い社会になると思います。

経理の人が今やっている仕事で、自動化できない仕事はほとんどありません。特に、「処理」「管理」とつく仕事はなくなるでしょう

代わりに新しく生まれてくるのは、経理に関わる法律・ガバナンスを意識した専門知識でソフトに「処理ルール」を覚えさせること、また、その処理ルールを決めること、イレギュラーを洗い出し、その処理に優先順位をつけ、条件分岐でフローを構築すること。

つまり、要件定義能力が必要になるということです。

また、2020年から、小学校でプログラミング教育が始まっています。いま12歳の子供たちが社会人になるのに後10年です。

10年後には要件定義は、基礎能力として染み付いた社会人が経理の知識を学んでいくので、一気に要件定義能力はついていきます。

どんな未来が待っているかわかりませんが、後10年。あっという間にすぎて行くでしょう。

今からでも遅くありません。しっかりとしたITスキルを身につけていくことが今後の10年の分かれ目になるのではないでしょうか。


ROBOT PAYMENTでは人材を募集しています!

ITベンチャーの幹部候補
これまでの経験をITベンチャーで思う存分活かしたい人!今スグ会いたいです
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
目指せ上場
私たちと一緒に上場目指してくれる人を、オープンポジションで探してます~!
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
オフィスツアーもします◎
渋谷にあるオシャレ&超最先端ITベンチャーが気になる人!サクッと話しましょ
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
株式会社ROBOT PAYMENT 's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more