1
/
5

SESでもなく自社開発でもない、“リアルソフトの受託開発”でPMをする理由。

今回は弊社でPMを務める大河原に、
「SESでもなく自社開発でもない“受託開発”でPMをする魅力」
「他でもないリアルソフトでPMをする魅力」
について話を聞いていきます!

SESにはない受託開発の魅力とは?

①自社メンバーと開発
まずなんといっても自社のメンバーとチームとして、密にコミュニケーションを取りながら開発にあたることができるのは大きな魅力ですよね。
僕もキャリアを始めたての頃はSESのエンジニアとして働いていた時もあったのですが、どうしても自社メンバーがいないプロジェクトに1人でジョインしなければならないこともあるんです。
そういったリスクがないのが受託の魅力ということになりますね。

②エンドユーザーから直接評価をもらえる
もう一つは2次請け、3次請けではなくエンドユーザーの要求や反応をダイレクトに感じられることです。
ヒアリングから行い、要件定義や詳細設計の段階でも都度細かく要望を聞き、システムに反映させることができます。
また納品後に実際使ってみた感想をいただくと次へのフィードバックになりますし、感謝の声をいただくと何よりも達成感を感じます。


自社開発にはない受託開発の魅力とは?

①さまざまなプロジェクトに携われる
受託開発ではさまざまなプロジェクトに携われることが魅力です。
プロジェクトによって用いる技術、開発環境は多種多様です。
自社サービスの開発だとじっくり何か一つを開発することはできるのですが、スキルの幅を広げるという面で見るとさまざまなプロジェクトに携わったほうが良いと思っています。

②“人”に貢献しているという感覚を強く味わえる
受託は“人”に貢献している。
自社開発は“数字”に貢献している。
上記のような感覚があります。

受託では先ほど述べた通りお客様からダイレクトに反応をいただくことができます。
自社開発では自分のシステム開発がサービスの売上や認知度に貢献していることを実感できます。
そのため、そのサービスがどれだけ伸びるかで自分に対する対価も変わってきますし、そのサービス自体に自分が大きな魅力を感じていなければモチベーションが続かないんです。


リアルソフトでPMとして働く魅力は?

①成長欲高くフレッシュな社員のマネジメント
まだまだ発展途上の会社なので、与えられる裁量が非常に大きいです。
そんな会社の状況が伝播して、成長欲の高い社員が多く揃っています。
私たちPMはフレッシュでやる気のある社員をまとめあげ、社員が歩みたいキャリアのためになるような采配をします。

会社の成長、そして社員の成長を考えながら判断を下していると自分の成長にも繋がるんです。
「そういう考え方もあるのか。」と新たな知見を手に入れる瞬間が日々の業務の中にあふれています。

②密なコミュニケーション
またリアルソフトでは相互的なコミュニケーションが積極的に取られており、協力的な社員が多いので、誰が今何をしているのかを常に管理できています。
人の管理にかかる工数はPMにとって非常に重要です。
そこをストレスフリーにできるのはリアルソフトならではの魅力だと言えるでしょう。

少しでもいいなと思ってくださった方はぜひ受託開発100%のリアルソフトでPMとして一緒にがんばりましょう!

株式会社リアルソフト's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more