1
/
5

新米人事から見たペンシル #6

こんにちは!
今日は「ペンシルにちょっと興味もっているよー」という方や、「応募を検討しているよー!」という方へ、Wantedlyの利用について、2点お願いがございます。

【お願い その1】プロフィール欄をできるだけ充実させてほしい... です。

嬉しいことに「話を聞きに行きたい」のボタンでリクエストをよくお送り頂くのですが、プロフィール欄を拝見しますと、【登録ネーム】【年齢】【性別】【お住まいの地域】【現在(or以前)の勤務先】のみ、という方がよくいらっしゃいます。

「まずは気軽に話を聞いてみようかなー」と思っていただけることは、ものすごく有り難いのですが、実は・・・プロフィール欄があまり充実していない場合、なかなか「お会いしましょう!」という風にお声をかけづらい というのが、正直なところでございます 。

リクエストを頂いた方とは、できる限りお話する機会を設けたいと考えてはいるのですが、現実問題として、時間的にリクエストをくださった皆さんとお話をさせて頂くというのは、正直なところなかなか難しい状況で、プロフィール欄を参考にご対応をさせて頂いています。

プロフィール欄には、できる限り詳しい情報を記載していただけると(弊社だけでなく、他の企業さんにおいても)選考に進む倍率は上がるのではないかな... と思います。

例えばですが、まっったく同じ経歴・スキルをもった方 2名(仮に、ペンシル太郎さん、ペンシル花子さん)から「話を聞きに行きたい」のリクエストを頂いたとしても、みなさんがもし人事担当でしたら、プロフィール欄を見て、どちらとお話をしたいと思われますか?


◯ペンシル太郎(30歳)@福岡 

「株式会社ABCD社にて、営業職を9年やっています。福岡へUターン転職希望です」(←以上)


◯ペンシル花子(30歳)@福岡

「2011年に株式会社ABCD社へ新卒で入社。入社後5年間は、**製品の法人営業、6年目からは△△に関するサービスの新規顧客開拓。現在、入社9年目。営業だけでなく自社開発製品**の新規プロジェクトにも携わり、現在は.....(省略)。一身上の都合により、福岡へのUターンを検討しており、できれば 3ヶ月以内には福岡へ戻りたいと考え、現在転職中。PCスキル:Word、Excel(関数は一通りできます)、PowerPoint。独学趣味レベルですが、HTMLやCSSを使ったコーディングも勉強。将来やってみたいこと.....(省略)直近の目標は.....(省略)転職希望先としては、若いうちから裁量の大きな仕事に挑戦できそうな会社を探しています。」


おそらくみなさんも、後者のほうが、「お会いしてみたら、いろんな話ができそうだなー」と思っちゃいますよね。

同じくらい豊富な経験やスキルがあったとしても、プロフィール欄に記載してないため魅力が伝わらない。これってほんとに勿体無いなと思うんです。

なので、ぜひとも、プロフィール欄は、人事担当を「おお!ぎっしり!」と驚かせるくらい、ぎっしりずっしり書いて頂いたほうが嬉しいです。


※こちらの件に関しての補足なのですが、実は企業側には「もっと知りたいリクエスト」というボタンがありまして、プロフィールの情報が少ないときは、こちらのボタンを押させて頂いています。

が、こちらのボタン、実は応募者様には、どこの企業から「もっと知りたいリクエスト」がきているかは分からないようになっていますので、もしこのリクエストが届いていたなーという方は、ぜひプロフィール欄をぎっりしと充実させたうえで、再度志望する企業さんへアプローチしてみてはいかがでしょうか?


【お願い その2】(気軽に面談しましょう!となった場合)事前リサーチ&質問のご用意を....

「話を聞きに行きたい」のボタンから、面談しましょう!となった場合に、陥りがちなこと、それが

あれ... ぜんぜん会話が... 弾まない...

これも実は、すごく辛いところでして...

もちろん「気軽に」お話を聞きにきて頂きたいのですが、「御社は何の会社ですか?」「何業界ですか?」から始まる会話スタートは正直ちょっと凹んでしまいます。(あ、ホームページはご覧いただけていないのだなぁ... と内心ちょっと凹んでいます...)

リサーチせずに面談に行き、面談中に「あ〜、この会社の業務範囲、全然希望しているような業務じゃないな〜」と思われた場合、応募者様にとっても、企業側にとっても辛いことですよね。

なので、まずはホームページを見て頂いたうえで、どんな会社なのかリサーチしたうえで、どんな話を聞きたいのかを明確にご用意してくださる方は、話がとても弾みますし、こちらとしても「この方はぜひ応募して頂きたい!」と感じます。

「気軽に話すんだから、事前用意なんて しなくていいのでは・・・?」

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、お互いにとって有意義な時間にするために、事前のリサーチは、ぜひお願いしたいです。


(最後に....余談) 

最近「スカウト機能」を利用し始めています!

どのくらいの頻度でお送りしているかと言いますと、実は(だいたいの目安で、決めているわけではないのですが)平均して、1〜2週間ごとに 各ポジション約 6〜10名 くらいの方に送っています。(「少なっ!」の声がWantedly事務局から聞こえてきそうですが.....w)

それだけ、ものすごく真剣に「あ、この人!!!」と思った方に絞ってスカウトをお送りしています。ので、ぜひぜひ、ペンシルからスカウト来ていたなー という方、スカウトのお返事くださったら、ものすごく嬉しいです。

スカウトは、人事だけではなく、現場スタッフの声をもとに「こんな人と働いてみたい!」という意見を取り入れつつ行っていますので、スカウトのお返事がくる度、人事もですが、スカウトに関わったスタッフも喜んでいます 。


いろいろとお願いばかり書いてしまいましたが、皆様にとってより良い就職活動の場となりますよう、願っています。

今後とも、引き続き宜しくお願い致します!

株式会社ペンシル's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more