1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

豊富なリーガルナレッジと先進的なIT技術を強みに“最高品質”のプロダクトを開発しています。
代表の板谷は大手弁護士事務所出身。リーガルワークにおける課題解決を目指し、MNTSQを立ち上げました。
【トップレベルのリーガルナレッジ×自然言語処理で、最高品質のプロダクトを自社開発】 MNTSQ, Ltd. は、2018年11月に創業したリーガルテック・カンパニーです。自然言語処理技術を中心とするテクノロジーを強みに、リーガルワークを変革するプロダクトを自社開発・運営しています。 2019年10月には、国内5大法律事務所のひとつ『長島・大野・常松法律事務所』(以下、NO&T)と、以前より関係の深かった『PKSHA Technology』(以下、PKSHA)の両社と資本業務提携を実施。法務におけるトップレベルのナレッジを持つNO&T、自然言語処理・機械学習においてトップレベルの技術を持つPKSHAと協働することで、国内トップクラスのリーガルソリューションを提供しています。 そして2020年秋からは、大手エンタープライズのリーガルワークを強力にサポートする新規事業をスタートします。あらゆるタイプ・フォーマットの契約書を大量に解析し、磨いてきた技術を反映したプロダクトは、大幅な業務効率化が実現可能です。 トップクオリティのリーガルナレッジを継承した“ベスト・プラクティス”のプロダクトから、リーガルワークの発展に尽くしていきます。

Why we do

専門性の高いメンバーが集結し、ブルーオーシャンのリーガルテック領域を共に歩んでいます。
投資対象となる企業や投資先の価値・リスクを調査するデューデリジェンスにおいて、強みを発揮しています。
【"未来の社会インフラとなるリーガルテクノロジーをかたちにする"】 リーガルワークは、ハンムラビ法典の時代から「言語」が支配する世界でした。弁護士が六法全書を片手にWordで細かな契約文言を交渉する現代でも、「言語」が最も重要であることに変わりはありません。 しかし、劇的なスピードで進化する自然言語処理技術の実用化により、長い歴史を持つリーガルワークは劇的な変化が訪れようとしています。実際、リーガルテック領域への投資額は、2017年の約250億円からわずか1年後、2018年には約1800億円(Forbesによる統計※1)と大幅に増えました。 国内の市場規模も、2018年の約228億円から、2023年には約353億円に拡大する見通しです(矢野経済研究所調べ※2)。 幅広い領域を持つリーガルテックは正解例のないブルーオーシャン。黎明期とも言える今、MNTSQは、弁護士をサポートできる洗練されたリーガルナレッジと手に馴染むデザインを強みとして、新しいテクノロジーをリーガルワークに融合させるために挑戦を続けます。 《「ベスト・プラクティス」の居場所(代表・板谷》 https://www.wantedly.com/companies/mntsq/post_articles/191383 Wantedly「#このフィードがすごい大賞2019『ベストスタートアップ賞』」を受賞しました! ----- ※1:Forbes「713% Growth: Legal Tech Set An Investment Record In 2018」(English) https://www.forbes.com/sites/valentinpivovarov/2019/01/15/legaltechinvestment2018/#371e28f57c2b ※2:株式会社矢野経済研究所「リーガルテック市場に関する調査(2019)」 https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2224

How we do

落ち着いた雰囲気を持つ“大人ベンチャー”です。様々なスキルを持つメンバー間のコミュニケーションを大切にして、開発を進めています。
レベルの高い開発組織と開発環境づくりを大切にしています。最高品質のプロダクトづくりに向け、投資は惜しみません。
【メンバー専門性を発揮し合えるチームで“ベスト・プラクティス”を目指す】 MNTSQは、リーガル・アルゴリズム・プロダクト開発の各ポジションのメンバーがスクラムを組み、お互いの専門性を発揮しながら、ワンチームで“ベスト・プラクティス=最高品質”のプロダクトづくりに日々取り組んでいます。 《本質的に思考し、実行できるメンバー揃い》 『アジアで注目すべきリーガルテック業界の人物30選』に選ばれた代表の板谷をはじめ、アルゴリズムエンジニアとして東大・松尾研からPKSHAでキャリアを積んだ安野と同じくPKSHA出身の堅山、PM兼デザイナーには『paymo』などのプロダクトを立ち上げた実績を持つ生谷といったテックに強い面々がボードメンバーとして在籍。優れた技術・ノウハウを持つメンバーが揃うエンジニアカルチャーが、MNTSQの特徴です。 これからメンバーが増え、さらに事業・チームが本格的に拡大するフェーズでは、様々な課題に向き合いながら、大きな成長感と達成感を得られます。魅力的なメンバーたちと変化を楽しみ、一緒に様々な課題を解決していく。そんなシーンを思い描いた時に、ポジティブな思いを持てる方と充実した時間を送れればという思いです。