This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

みらいワークスは、独立したプロフェッショナルに特化した人材サービス、企業と人材の架け橋となる事業を行っております。 私たちがなぜこのビジネスをやっているか、それは時代が大きく変化してきたことが背景としてあります。大企業で働いて、一生安泰という価値観が今では過去のものになりました。日本を代表するような大企業でも潰れてしまう時代です。会社が個人を守ってくれる時代から、個人としてどうあるべきかが問われる時代になってきました。 今、組織に所属せずにフリーで活躍しているプロフェッショナル人材が増えています。フリーで活躍している優秀な方々の力を日本経済の力へとつなぐ、そんな社会インフラが整えば、日本は元気になるのではないかと私たちは考えています。 主力事業である「FreeConsultant.jp」に登録しているプロフェッショナル人材は、7,600名(2018年9月30日現在) を超え、日本最大級の登録者数となっています。

Why we do

―日本のみらいのために挑戦する人を増やす― 2012年に創業以来、私たちが掲げている経営理念です。 その理念ができるまでの背景について、みらいワークスの創業者である代表取締役社長の岡本が起業に至るまでのストーリーをお伝えしたいと思います。 ■日本を元気に 岡本の趣味は旅行、海外を74か国まわり(2018年5月現在)、日本国内は47都道府県まわっています。 旅先をめぐるなかで、海外の良さと、そして日本の良さが見えてきたと言います。日本には世界に誇る、文化、歴史、人、食事、景観、様々な良いものがあると実感しました。 しかし、その一方で県庁所在地の駅前なのにシャッター街、閑散した現状を目の当たりにして、元気のない日本を「自分にも何かできないか」と感じるようになりました。 ■起業、そのための手段として 当初、「日本を元気に」という想いから、それを実現している会社に転職しようと思いましたが、なかなか見当たらない、「それならいっそのこと自分で会社を起ち上げよう」と思い立ち、起業することを決意しました。起業後、すぐに今の会社ができたのではなく、様々な事業を立ち上げては潰し、起ち上げては潰しを繰り返し、その果てに辿り着いたのが、今のみらいワークスです。 ■今後のビジョン みらいワークスは、2017年にマザーズ上場を果たし、少しばかり認知されるようになってきましたが、市場はまだまだ未開拓です。まずは私たち自身が市場における、「プロフェッショナル人材といえば、みらいワークス。みらいワークスといえば、プロフェッショナル人材。」と言われるまでの圧倒的No.1の地位を獲得したいと考えています。

How we do

それでは、具体的に何をしているのか、一言で表すなら、私たちのビジネスモデルは「人材サービス会社×コンサルティング会社」です。 人材サービス会社として、プロフェッショナル人材の方々に活躍の場を提供する(※プロジェクト単位での仕事を紹介する)一方で、コンサルティング会社として、クライアント企業から経営課題をヒアリングし、解決できるプロフェッショナル人材を提案しています。プロフェッショナルの方々と伴走しながら、クライアント企業の課題を解決するコンサルティング会社としての側面もあります。 経営課題を抱えるクライアント企業から要件をヒアリングし、解決できるスキルをもった人材を提案します。その後、実際に参画したあとも小まめにフォローを行い、プロフェッショナル人材と伴走して、プロジェクトのサポートをしていきます。 私たちのクライアント企業は、誰もが知っている大手企業が多く、そのためビジネスの最前線に触れることができます。またプロフェッショナルの方々は、特定の分野に突出した方々ばかりなので、非常に刺激を受ける機会が多いです。 ----------------------------------------- 将来、独立・起業を考えている方、ベンチャー企業で圧倒的な成長をとげたい方は、是非とも一度、会社説明会にお越しください。代表取締役社長の岡本から、みらいワークスを立ち上げるまでの話と、今後私たちが目指しているところをお伝えし、また直接気になったことを聞く場を設けます。また、みらいワークスの社員とざっくばらんにお話する場として座談会も当日に実施いたします。その他、遠方で直接お越しになれない方には個別で電話やSkypeなどの説明を実施いたしますので、まずはお気軽にコンタクトしてください。