This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

みんなでごはんを食べることが選考過程!? オフィス体験もできるキッチハイクの採用方針を公開します!

こんにちは!キッチハイクのバックオフィス担当の佐藤です。

キッチハイクのメンバーは20人。そのうち、現在3人のインターン生がいます。3人しかいないの?という声が聞こえそうですが、昨年2人がすでに社員に、今年は4人が準社員になるほど、インターン生が大活躍しています。

もちろん、社員になる以外にも、インターン期間を経て、やりたいことが見つかって大学に戻ったり、夢を見つけてYoutuberとしてフリーランスになった頼もしいインターン生もいます。

おかげさまで、キッチハイクは先日会員数が40,000人を突破し、さらなるサービスの拡大に注力するため、この度第4期インターン生の募集を開始しました!

そこで今回は、キッチハイクのユニークな2つの選考過程をご紹介したいと思います。

1. 食べるのが好き!で集まるキッチハイクの体験

選考の第1ステップは、キッチハイクのサービスをユーザーとして実際に体験していただくことです。つまり、「みんなで食べる」の体験です。

キッチハイクのアプリをダウンロードするところから始まり、当日の「みんなで食べる」体験、参加後のレビュー投稿まで、一連のキッチハイクを体験をしていただき、感想をお寄せいただきます。

「食でつながる暮らしをつくる」という企業理念を掲げているキッチハイクは、「みんなで食べる」ことを仕組み化するサービスを開発、運営しています。

選考の第1ステップとしてキッチハイクのサービス体験を取り入れているのは、私たちの目指す未来に共感をしてくださる方をチームに迎えたいと考えているからです。

私たちも日常の食の選択肢として、キッチハイクを利用してごはんを食べているので、もしかしたらどこかでご一緒するかもしれませんね!

2. 一緒に働くイメージがわく!1日オフィス体験

2つめは「1日オフィス体験」です。一緒に働くチームメンバーとのコミュニケーションを大切にしているため、選考過程で私たちと1日過ごす体験をしていただきます。

ご自身がキッチハイクで働くことのイメージができること、そしてお互いがハッピーな出会いであるかを確認するために生まれたアイディアです。

そしてここでも、キッチハイクのサービスの根幹でもある「みんなで食べる」を体験をしていただきます。

キッチハイクのランチタイムは『まかないランチ』と呼ばれていて、みんなで一つの食卓を囲んでお昼ごはんを食べる文化があります。ちなみに、食べるだけではなく、お昼ごはんの準備から片付けまでが大切なコミュニケーションタイム。ぜひメンバーと気軽に楽しんでくださいね。

私たちの考え方に共感してくださった方は、ぜひキッチハイクを使って感想をお聞かせください。そして、気軽にご応募くださいね。お待ちしています!

「キッチハイクの働きかた」を動画にしました。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

長期インターン
来年の春採用始めます。食で未来を変えたいインターン生募集!
【2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了しました】 キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。 イメージしてください。 自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。 キッチハイクは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。 ■「食べるのが好き!で集まろう」 食べ歩きが趣味になるグルメアプリ「キッチハイク」を運営しています。 ▼キッチハイク https://kitchhike.com/ ■2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽に上野のオフィスに遊びに来てください!
株式会社キッチハイク
長期インターン
ビールのコミュニティを盛り上げてくれるインターン生大募集!
【2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了しました】 キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。 イメージしてください。 自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。 キッチハイクは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。 ■「食べるのが好き!で集まろう」 食べ歩きが趣味になるグルメアプリ「キッチハイク」を運営しています。 ▼キッチハイク https://kitchhike.com/ ■2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽に上野のオフィスに遊びに来てください!
株式会社キッチハイク
フロントエンドエンジニア
デザイナーと一緒に自社サービスを成長させてくれるフロントエンドエンジニア
【2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了しました】 KitchHikeは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。 イメージしてください。 自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。 KitchHikeは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。 ■「きょうは、みんなで食べよう」 料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)が集まる交流コニュニティサイト KitchHike https://kitchhike.com/ を運営しています。 ■2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽に上野のオフィスに遊びに来てください!
株式会社キッチハイク
Railsエンジニア
食でつながる暮らしをつくるリードRailsエンジニア募集
【2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了しました】 キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。 イメージしてください。 自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。 キッチハイクは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。 ■「食べるのが好き!で集まろう」 食べ歩きが趣味になるグルメアプリ「キッチハイク」を運営しています。 ▼キッチハイク https://kitchhike.com/ ■2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽に上野のオフィスに遊びに来てください!
株式会社キッチハイク
株式会社キッチハイク's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more