1
/
5

【20年度卒 内定者File.総合職採用】私がインタースペースに入社を決めた理由

はじめまして!2020年4月春からインタースペースで働く内定者の栗原です!

私は幼い頃から好奇心旺盛な性格で、今までさまざまなことに挑戦してきました。挑戦してきたことは「おでかけメディアでライター」「友人と一緒にyoutube動画の撮影・編集」「プログラミングの勉強」など多岐に渡ります。

特にかっこいい横文字には興味を持つことが多く、「インフルエンサー」「デジタルマーケティング」などのワードはググらずには居られませんでした(笑)。

学生時代にがんばったこと

高校生の時の文化祭で、「学年全員で学生生活の思い出に残るような作品を制作したい!」そんな気持ちから「映画制作」の企画を立ち上げました。

100人を超えるグループの代表として映画制作の企画から実行を担当しました。それまで人の前に立つことが決して得意ではなかったのですが、周りのメンバーに助けられながら、無事に作品を残すことができました!

初めて人の前に立ち何かを成し遂げた経験は、私自身を大きく成長させるキッカケになりました。


就職活動において大事にしていたこと

就活を意識し始めたのは大学3年生の夏でした。

まずは短期のインターンで様々な業界を知り、たくさんの人と出会うことも大事だと考えていました。

ですが、社会人として活躍するためには、学生のうちに長期的なインターンで実績を残して大きく成長することの方が大事なのではと思い、長期インターンに挑戦しました。

長期インターンでは、メディア事業に関わることでライター、インフルエンサーマーケティング、SNS運用、コンテンツマネジメントなど、様々な経験をしました。

私が担当したどの業務にも「インターネット」、そして「広告」が必要不可欠で、昔から身近だったインターネットや広告により興味を持ちはじめました。

長期インターンを経験してみた結果、インターネットに関わる仕事が好きで楽しかったので「インターネット広告業界」にしぼって就活を行いました。

インタースペースに入社を決めた理由

インターネット広告業界を志望していた私ですが、数ある企業の中からインタースペースに決めた理由は3つあります。

・ありのままの自分を受け入れてくれたこと

・理念が社員1人ひとりに浸透しており、事業まで一貫していること

・インタースペースで働き、成長できると確信できたこと(教育方針の共感)

特に目立った経験やスキルもない私の話を、人事の方中心に社員の方々も真剣に聞いてくださいました。また、聞くだけではなく、自身の経験を話してくれたうえで、就職活動のアドバイスをいただいたり……面接や面談はまるで人生相談のようでした!(笑)

「Win-Win」の関係を大事にしているインタースペースでは、自分のことだけではなく相手のことも考え、尊重するということが、社員の方々とお話するたびに伝わってきました。

入社後にやりたいこと

インターネット広告事業・メディア事業を通して、とにかく「Win-Win」の関係を追求したいです。

インターネット市場はまだまだ成長しています。だからこそ予想もできないことが起き、努力してもなかなか正解が見つからないこともあると思います。

ですが、努力の先にはモノ・サービスなどを利用してくれるヒト・企業・社会が必ず待っています。自分の努力が届く相手のことまで考える「Win-Win」な関係を築くために、インタースペースと共に成長していきたいです。

就活生のみなさんへ

これまでの人生で誰もがさまざまな経験をしてきたはずです。

就活中は、自分の経験を話す機会がたくさんあると思います。

なかには大した経験はなくて、自分の経験を話してもインパクトが無いのでは、と悩んでいる方もいると思います。私もそうでした。

経験の派手さも大事だとは思いますが、どんな経験だとしても、その時の心境や向き合う姿勢など自身の「気持ち」の部分を面接官に伝えてみてください。

経験は過去でしかないので、そこで得たことが今の自分、未来の自分にどう繋がるかが大事です。

決して自分を偽ることなく、ありのままの自分で臨んでください。そうすればきっとマッチする企業が見つかると思います!

株式会社インタースペース's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more