1
/
5

What we do

Carelyを開発しているDevチーム。カンパニーケアをテクノロジーの力で効率的に!
事業拡大に伴い、2021年3月1日に恵比寿の新オフィスに移転しました!ワンフロアで綺麗なオフィスです。
【Purpose 私たちが実現したい世界】 「働くひとの健康を世界中に創る」 健康を創ることはカンタンではありません。 iCAREは、2つのケアを組み合わせることでこのビジョンを実現します。 1つめは、働く組織が従業員の健康を創るカンパニーケア。 2つめは、働くひとが自ら健康を創るセルフケア。 働くひとがセルフケアを行動に起こすためには、その前にカンパニーケアの整備が必要です。 これら2つのケアによってはじめて健康を創ることが出来るのです。 【Mission パーパス実現への道筋】 「カンパニーケアの常識を変える」 カンパニーケアについて、多くの企業が誤解しています。たとえば、 1. 健康管理(従業員の健康に配慮する法定業務)は複雑。 2. 健康に関することは専門家(医師や保健師)に任せっぱなし。 3. 企業が健康を守ったところで働くひとの健康は改善しない。 このような間違った常識を、本来あるべき常識に変えるために iCAREは健康管理システムCarelyを世に広めています。 https://www.carely.jp/

Why we do

英語力を上げるため、有志での部活動も発足しました。福利厚生として会社が英語学習に関わる費用の負担もしています
隔週行われるCxO Open Hourでは、メンバーからの素朴な疑問や経営課題への疑問など、幅広い質問に対しCxO陣が真剣に回答をしています
【ブランド・ポジショニング・ステートメント】 健康管理システムCarely(ケアリィ)は、人事・労務を中心に従業員・経営者・医療機関の間で発生するアナログで可視化されづらい健康管理業務を簡素化し、大幅な工数削減を実現する使いやすくカジュアルなシステムとして評価されてきました。 これは多数の専門家の知見を活かし、顧客企業のもとへ足を運びヒアリングした実務の課題を毎週のようにシステムに反映しつつ、手厚い成功支援や各種ソリューションを提供することで実現しています。 今後は蓄積された健康データに基づいた予防措置により、働き方が多様に変わる日本の労働市場において「誠実さ×シンプルさ×安らぎ×明日への活力」というイメージを大切にしながら「働く人・組織・社会」が健康になる好循環を創造していきます。

How we do

オフィスでストレッチ!!オリジナルで制作した「アイケア体操」をやっています
iCAREランニングクラブ。不定期に有志で集まって走っています
★Credo・Valueを大切にしています iCAREメンバーには、全員が大切にしているチームとしての行動規範があります。 ■ Credo 楽しまなければプロじゃない ・自分にフタをしていないか? ・仲間に愛はあるか? ・家族に誇れるか? ■ Value 満足したらプロじゃない! ・スピードは上がらないか? ・クオリティは上がらないか? ・視座は上がらないか? 社内の雰囲気やメンバーについては、是非Twitterやnoteといった各種SNSで「iCARE」と検索してみてください。「#株式会社iCARE」というタグからも見つけられます! iCARE Official note https://note.icare-carely.co.jp/