1
/
5

唯一入りたいと思った会社

こんにちは!入社3ヵ月目の社員です。

ブログのような物を書くのは人生初めてです。記念すべき第一回目。自分の考えや気持ちを言葉にして人に伝えるのは得意ではありませんが、転職活動している方やゲットイットに興味をもっていただいている方の何かになればと思い書いてみます!

なぜ、私がゲットイットに入社を決めたのか。それは、約3ヵ月の転職活動を通して唯一自分の気持ちで入りたいと思った会社だったからです。
私は前の仕事を辞めたくて辞めたわけではなかったので、正直なところ前向きな転職活動ではありませんでした。コロナの影響を受け早期退職を促され、退職後は何か人生の目的を失ったような感じで、新しくやりたい事も思いつかないし、どんな仕事をしたいのかも分からないし‥で、日々転職エージェントの方に紹介していただく面接を受けていました。そこには気持ちが伴っていないので、自分ではない自分が「やる気あります!」と、本当はそこまで気持ちが高ぶっていないのに面接ではそんな風に言ってみたり(振り返ると時間を割いてくださった色々な企業の皆様、申し訳ありません)。そんなこんなで、最初は全然うまくいかなかった転職活動、後半戦は自分ではない自分を作るのが上手くなってしまったからなのか、内定を何社かいただく事となりました。

でも心はもやもや、本当にそこでやりがいを感じて働けるのかな?と思っていました。

いまいち決心が付かず、暇つぶし程度だったのですが、自分で求人を探すことを始めた時、ゲットイットがビビビッと目に入りました。求人情報の事業内容を見ても最初はよく理解できませんでしたが、何故か興味が出てしまい、社員インタビュー社長ブログ採用ブログを読み漁って、「この会社面白い、楽しそう!」と感じたのです。また、コロナが始まって早い段階でのリモートワークへの大幅移行やリモート倉庫見学実施等から柔軟性を感じ、SDGsへの取り組み等も魅力的に見えました。
面接は3回してもらいましたが、どれもリラックスした自分で臨むことができ、何回も笑った記憶があります。どの企業の選考よりも、自分を受け入れてもらった気がしました。面接が進むにつれ、この会社に入りたい!という気持ちが強くなりました。

そして、実際ゲットイットに飛び込み約2ヵ月、どうだったか。これについてはまだ業務に本格的に入り少ししか経過していないので、分からないことも多くあります。しかし、入社前から魅力に感じていた柔軟性という点はビシビシと感じています。入社後の物流部門での研修で、「効率性を考慮し梱包資材を変えてみた、でも思ったより良くなかったからすぐ以前の物に戻した」というエピソードを聞いて、違うと思った事を気兼ねなく仲間に伝えることができ、すぐ行動に移せるのは、ゲットイットの環境があるからこそだと思いました。
また、日々分からないこと、新しいことが多発していますが、周りの人に聞けばきちんと教えてもらえます。私はIT業界は初、職種も未経験だったこともあり、入社後は入社前より不安になってしまった時期がありました(一瞬)。チョビっと会社や業務について理解できると、それに付随してあれはこれはと分からないことがドーンと増えてしまい、これからやっていけるのかな?と‥。しかし、研修中に沢山の先輩社員に話を伺った時、多くの人が「どうせ仕事するなら楽しいほうがいいじゃない?」と言っていて、未経験でも調べながら、自分なりに意味を持たせながらしたらいいとアドバイスを貰い、心が軽くなりました。私にとっては未だ先輩社員は別次元の人に見えていますが、ゲットイット社員の多くは最初は未経験で、きっと私の不安も理解してもらえているからこそ、質問にも丁寧に答えてもらえるのだろうなと感じています。

わたしは誰にでも、その人にあった環境や場所が世界のどこかにあると信じています。そんな気持ちと共に毎日変化の中で、社内のあらゆる所で意見が飛び交う中で、情報に溺れておりますが、段々とゲットイット内での自分の存在意義が見出せるよう食らいついていきたいと思います!

余談ですが、わたしは旅行が好きなので、コロナが収束したら、ゲットイットの大きな魅力の一つでもある夏季休暇9連休を取得し、早くインドかアフリカに行きたいです!!

株式会社ゲットイット's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more