1
/
5

ゲットに転職して思ったこと

皆さんはじめまして、㈱ゲットイット(以下ゲット)のまぐろです。まだ入社2か月程度の新人です。ひょんなことから「記事を書いてみて!」との連絡を受け執筆してみました。


私がゲットに入社したきっかけは「なんか面白そう」と感じたからでした。

私自身、転職活動の軸が、フォークリフトの運転ができるところ、という何ともふわっとした理由で活動をしていました。そんな私を真正面から受け止め、面接で強みとして捉えてくれた会社がゲットでした。当初は求人サイトでたまたま引っかかった会社だったので、正直志望度はあまり高くなく、なんか変な会社だな、ぐらいの気持ちでしかなかったのですが、私のパーソナリティのどこかが面接官にヒットしたのか、あれよあれよと内定に至ってしまいました。自身も選考の中で、面接していただいた方々皆さんから、朗らかというか、楽しそうで、リラックスしたオーラを感じられたところがすごく印象的で、最終的な入社の決め手となりました。実際入ってからもこの点は間違ってなかったな~と思います。

また求人内容から、一見するとすごくホワイトな職場っぽい内容ではあったのですが、実際にホワイトですよ!って人事の方からストレートに伝えられたところも魅力に感じました。なかなかセンシティブな話題で、会社によっては聞いてはいけないような内容でも答えてくれて、お互いのミスマッチを防ぎたいという人事の、ひいてはゲットの思いをここから感じました。実際に入社して、雰囲気の良さや職場環境の良さを体感しています。


そうした縁あってゲットに入社した私ですが、入社早々に前職からの違いを実感しています。

まずはSlackやGoogleドライブなど、私がまったく触れたことのないツールを入社初日から使用していくとこです。IT業界なら当たり前じゃん!て思われる方、すみません。古き良き日本企業で働いていた私にはまるでタイムマシンで未来に来たような感覚でした。はじめはExcelやOutlook、電話のやり取りとの違いに戸惑い続けていましたが、慣れてくるとよりスピーディなやり取りや意思疎通を行えているなと実感出来てます。

次に、研修の段階から自身で考えて行動していく必要があったことが印象的でした。前職の企業では、研修内容もある程度形式的に進行していくところがあり、無味乾燥としていた印象だったのですが、ゲットでは入社2日目から「野に放たれ」ます。まるでアフリカの大地でサバイバルを行うかのような放任ぶり...一見放置プレイのようにも感じますが、どんな情報が必要?誰に聞けば答えてくれる?質問の際に事前に調べておいた方がいいことは?などなど、自分で考え、スケジューリングしていくという自律への第一歩を体感できる研修になっています。

またゲットの社員はみんな「すごく人が良い」です。研修の最中、ほとんどすべての人が質問に対して手を止め、丁寧に質問に答えてくれました。忙しいときは、後で答えるからといった返答をしてくれたりとコミュニケーションを欠かさない姿勢が徹底されています。これってすごくありがたくて、「あの人に声かけたらまずいよな...」という仕事の停滞時間が減り、スムーズに研修を行ったり、業務に取り掛かったりすることの一助となっています。


と、ここまでいいことばかり書いてきましたが、もちろんゲットにも課題はあります。成長途中の企業のため、前職と比べるとまだまだ改善できるな...という点を感じることは研修期間中もありました。仕組みやルール作りなどなど、日々進化をしているところも、これから入社する方は実感できるのではないでしょうか。

また自分の裁量が大きいことは、裏を返せばその分責任が大きい、ということにもつながります。自由度が高い分、自身の行動には責任をもって、会社に貢献できるように取り組んでいくという基本的な姿勢は忘れずに働いていきたいと思っています。


以上、いろいろと書いてみましたがまだまだゲットには多くの楽しみがあると思っています。酸いも甘いも経験しながら、これからの業務に取り組んでまいります。自身の思うこうしたい、ああしたいを実現できるよう、周りを巻き込み、自律できる社会人としてゲットを楽しみ尽くしたいと思います。

株式会社ゲットイット's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more