1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

なぜ、変な写真を撮るのか。

フルカイテンでは、面接に来られた方やお客様からも「写真がいちいち面白いですよね!」とよく言われます。巷で噂になっている(?)この写真の数々、弊社の撮影はプロに依頼せず、なんと社員皆でワイワイ撮っているんです!ちなみにTOP画像の一枚はカメラマンの私の自信作、「木漏れ日の下で輝くおじさんたち。」

本日は、メンバーの撮影への想いや取り組みを通して、フルカイテンという会社のカラーを感じてもらえたら・・と思い、毎度カメラマンを担当しています宮本から、様々な写真と共に満を持して(笑)フィード化させてもらいたいと思います!

真面目にふざける文化

結果的に面白い写真になってはいますが、その目的やプロセスはとても真面目。CEOの瀬川をはじめ、関わるスタッフが写真には並々ならぬこだわりを持っているのです。

撮影前に何度もミーティングを重ね、ロケ地の下見をし、人の配置を決め、図にして、小道具も揃え、イメトレを100回繰り返し、当日が晴れるように祈って眠ります。

写真:配置図。撮影当日雨が降ってきたので文字が滲んでいます

写真は唯一の全員参加の共同作業であり、看板である

昨年(2019)末、東京・大阪全社員集合しての全社会議がありました。と言いながら、内容はほぼ写真撮影でした。全員集まったらもう撮影しかないだろ!ってCEOが言う弊社の文化。。これほどに写真を大事に思っているのは2つの理由があります。

1つ、撮影は職種に関係なく全員で取り組める唯一と言ってもいい共同作業だから。

写真のクオリティを求めるほど強いチームワークが不可欠で、その場でのPDCAが必要とされる仕事です。また、撮影では社員それぞれの面白さを引き出しやすく、意外な一面も見られます。何度も撮り直し、笑いをこらえ、極寒の中指示されたポーズで静止・・と想像以上に体力を消耗する大仕事なので、大変なことを皆で一つになって完成させたという達成感がメンバーに芽生えます。出来上がった写真を皆で確認する時にはとても盛り上がって、社員同士すっかり打ち解けています。

2つ、元ECを運営していた私達は写真の大切さを嫌というほど知っている。

どんなにいい洋服でも、文字でそれを表現し、お客様に買ってもらうのは難しい。
同じように、どんなにいい仲間が集まっていても、文字だけでそれを表現することは難しい。でも写真なら一目瞭然!「楽しそう」「仲良さそう」「ちゃんとした人が多そうだな」・・色んな情報が一瞬で入ってきますよね。看板は他ならぬ写真なのです。

写真:撮影準備をするメンバーたち。

ほとんどの写真がパロディーなんです。

写真撮影に向けて、宮本と前田で構図案を出し合うミーティングをします。
どんなテーマで、どんな構図が欲しいか?!画像検索のキーワードは「おっさんずラブ」「下町ロケット」「少年隊」「エグザイル」「TOKIO」「シリコンバレー」などなど・・(笑)人数やイメージに合わせてパロディに使う画像を検索し、構図を決めています。

さらには、どんな構図の写真を、どのメンバーをどう並べて撮るか?!背景はどこにするか?!
忙しいメンバーが揃って撮影する時間はとっても貴重で、外は極寒ですがアウターは持っていけません。歩く距離もあり、結構疲れます。大人数でうだうだ撮ってる時間はありません。
その場で皆が早く構図の通り並べるように、できるだけ細かく下準備を進めます。
そうして迎えた本番では、1時間で300枚~500枚の写真を撮ります。

2019年末の撮影会では、ワクワクして来阪した初参加の東京メンバーも楽しんでくれて、とても盛り上がったので嬉しかったです!大阪メンバーは定期的に撮影しているので、先輩風を吹かせてポージングしていましたね。

仕上がりを確認した時には全員で歓声と爆笑の嵐でした。皆が打ち解けて、良い全社会議になりました。

せっかくなので、写真集。。ではないですが、一部の自信作をご紹介します。

・シリコンバレー

※瀬川を筆頭に社内でファンが多い、リアルなベンチャーの日常を描いたアメリカドラマのパロディです。

元ネタはこちら シリコンバレーseason1 HBO公式サイト

・空飛ぶタイヤ

チームワークを見せつけた一枚。この頃からまぁまぁフルカイテン流撮影テイストに慣れてきた大阪メンバーです。

元ネタはこちら映画 「空飛ぶタイヤ」公式サイト

・内山田洋とクールファイブ

もうなんか自分たちでも面白くなってきています。このシリーズは気に入ってるのですが、縦横比が微妙なため、あまり使えなくて露出してないのでこちらでひっそりと・・

元ネタはこちら 内山田洋とクール・ファイブ 悲恋

・スカパラ

こちらは2019年末、東西メンバー全員集合しての撮影会で。極寒&雨の中でした。人数が増えたからこそできたこの構図。風の強さに三脚が倒れそうになり、一発勝負となったものですが、プレスリリース&Wantedly表紙の写真に使うほどお気に入りです。

元ネタはこちら 「流星とバラード」

・嵐「Dream ”A live”」

限りなく嵐から遠い。ボードメンバーが必死に嵐のポーズを決める姿に、メンバー大喜びでしたwww

元ネタはこちら「Dream”A live”嵐 オフィシャルサイト」

・下町ロケット

チームで歩んでいく気持ちを出しています。私(右上)は真矢さんの「あきらめないで」を表現してみました・・CEO瀬川は極寒の中半そででも寒さを感じさせないこの表情!

ネタ元はこちら 「下町ロケット」TBSチャンネル

繰り返すうちに撮られている本人たちもだんだんその気になり、ポージングがサマになってくるから不思議です。何度か経験すれば構図を見ただけで自分の役割が分かり、ばっちり決めてくれるメンバーもおります。
普段もの静かな開発メンバーも、撮影が進むほどにすっかりその気になって(笑)あの人なかなか上手いやん!って、新しい顔を発見できたりするんです。
次はもっと、もっと・・とこだわりが強くなってきて、気が付けば皆撮影が大好きです(笑)

皆さんもパロディ撮影、楽しくチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
クールに決めた写真より、ずっと楽しく、チームにとって意味のある時間になりますよ!

こんな私達にジョインしたいという方、おられませんか??メッセージお待ちしています!

フルカイテン株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more