1
/
5

【社員ストーリー♯7】人の成長に寄与する人事職を目指して


【社員ストーリー♯7】

社員へのインタビューからウェイブを紹介する社員ストーリー。

今回は、現在採用募集中の人事に携わる社員のインタビューをお届けします。
教育研修の会社、人材紹介の会社とキャリアを積んできた荒井。採用から教育まで一貫して携わり、人の成長に寄与したいと考えウェイブに転職しました。現在は、人事グループのサブリーダーとして活躍する荒井に想いと課題、必要なマインドなどを聞きました。

荒井 智士

2021年10月入社。人事グループ サブリーダー。教育研修、人材紹介とキャリアを重ね、人事担当として入社。現在はサブリーダーとしてメンバーと協力しながら採用、教育業務を担当している。

採用から教育まで一気通貫で取り組みたい

ー前職のお仕事について教えてください

前職は、外国籍の方をメインとする人材紹介会社でした。外国籍の求職者を法人にご紹介したり、就業希望の外国籍の方にキャリアアドバイザーとしてお仕事やキャリアをナビゲートしていましたね。前者をリクルーティングアドバイザー(RA)、後者をキャリアアドバイザー(CA)といいますが、両方を担当していました。

ーなぜ転職しようと思ったんですか?

もともと前前職といいますか、人材紹介会社より以前に務めていた会社が、教育研修を受託する会社だったんです。そこで採用の重要性にも気づき、採用に携われる前職に転職することにしたんですよね。


働く側にとってはどこで働くかというのはすごく重要じゃないですか。働く人が望んでいて、会社もその人を望んでる。(求職者が)そんなところに入社できて、本人や会社が思う方向に成長できたら最高ですよね。そう思った時に研修で教育に携わっているけれど、自分は採用に関して知見や経験が少ないなぁと。あったら教育のアプローチも変わるんじゃないかと思って採用に関わる人材紹介に転職したんですよ。

人材紹介の会社で十分に採用の知見を得られたときに、改めて採用から教育まで一気通貫で取り組みたいなと思いました。人の成長に寄与することで、会社や自分の成長にもつなげたい。そんな想いで事業会社への転職を目指しました。

ーウェイブを選ばれた理由を教えてください。

いくつも理由はあるんですが、私が最も惹かれたのは「メンバーが65歳まで成長し続ける」という経営理念です。人が働く理由、もっというと私が働く理由ってそこかなって思ったんですよね。自分の根底に「人は死ぬまで成長できる」「いつまでも成長し続けたい」っていうのがあって、この経営理念とカルチャーマッチしてるなと思いました。この会社で人事としてトライしてみたいって思いましたね。

事業の一丁目一番地を担う人事職

ーウェイブ人事職。主なお仕事について教えてください。

今は、採用業務に注力しています。新卒や中途採用に関わる業務がメインです。ウェイブは創業して10年ちょっとたちますが、成長を続けるベンチャー企業、事業が拡大する拡大期です。そういったフェーズにおける大切なことのひとつが人材の確保なんです。優秀な人材をいれて事業の成長スピードをはやめたい。そのために採用活動に主眼を置いています。

ただ、それだけじゃなくて人に関わるところ全般が担当領域です。教育体系の整備もありますし、全社を巻き込んでの人事施策立案だったり、労務管理も大きなウェイトを締めてるかなと思っています。

ー”優秀な人材”との話がありました。ウェイブが考える”優秀な人材”とはどのような人材ですか?

スキルや経験といったところも大切なのですが、最も重要視している点は、バリューにマッチしているかです。ウェイブは、「Fun」「Challenge」「Teamwork」「Effort」といったバリューを掲げていますが、主体性をもって行動する。チームワークを重んじて組織に貢献する。そういうマインドを持っている。われわれが大事にしているところとしっかり重なる。そういう方が優秀というか、ぜひ当社にお越しいただきたい方ですね。


ー人事が持つ課題はなんですか?

リソースが足りていないってところは正直あります。採用する人数が多くてそこに追われてしまってる。本来人事は、会社を支えリードしていくポジションであるべきなんですよね。コンテンツやサービスが会社としては前面にでますが、そこには人事も少なからず寄与してると思うんです。人材の確保や成長をサポートしているわけですから。だからこそ、人事に関する責任感を持ってほしい。今はリソース不足もあってこの「事業の一丁目一番地を担っているんだ」って気概や責任感が少し足りないと思ってます。今まさに人事の採用活動をしていますが、新しい風をいれてリソース的にも気持ち的にも充実させたい。その上で会社をレベルアップする推進力に(人事が)なりたいと思っています。

課題と向き合える人と働きたい

ー活躍するために必要なことはなんですか?

自分の未熟なところを受け止めて、問題を直視して、それを解決するためにアクションしよう、改善していこうって方なら活躍できると思います。そういう方なら仮に結果がでなくてもモチベーションをもって組織課題にチャレンジし続けられると思うんですよね。

ー入社するにあたって取り組んでほしいことはありますか?

コロナ禍で難しいとは思うのですが、いろんな方の話を聞いてみてほしいなと思います。自分が経験したことがないことを経験してる方の話を聞くと少なからず勉強できると思うんですよ。そういう刺激をもらえると必ず役立つタイミングがあると思います。


ーどんな方と一緒に働きたいと思ってますか

一言でいうと自責で考えられる方と働きたいです。先ほどの話と共通するんですけど、人間って完璧な人はいないし、どっかしら未熟なところや課題があると思うんです。そういう自分が向き合わなくちゃいけないところから目を背けずに向き合ってる方。向き合った結果、失敗してもいいんですよ。その失敗を素直に受け止めて、また愚直に戦える方だと次回にちゃんと失敗の経験を活かしてくれるんですよね。そういう方と働けると私も刺激になるし、成長しあえると思いますね。

▶ウェイブについて知る

株式会社ウェイブ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more