1
/
5

自社開発の営業支援ツール「コモレビ」をローンチ!

こんにちは、ヘルスベイシスです!今回は3月にローンチ予定の自社開発システム「コモレビ」を、カスタマーサクセスとして開発に携わっている勝又がご紹介します!

コモレビとは?

コモレビはSES事業に特化したSaaS型(※1)の営業支援ツールです。「MAツール・SFAツール・CRMツール」(※2)を組み合わせたようなシステムで、幅広い領域をカバーしているのが特徴です。

今回ローンチする「ライトプラン」は、主に顧客管理やメール配信業務の効率化に役立ちます。利用料は月額3万円〜となっており、アドオンで機能の拡張ができるため、用途に合わせてカスタマイズが可能です。

(※1)SaaS型:「Software as a Service」の略語。インターネット上のサービスとしてソフトウェアの機能を販売する仕組みのこと。

(※2-1)MAツール:MAは「Marketing Automation」の略語。商談につながる見込み度合いの判別など、マーケティング活動の自動化・効率化に役立つ。

(※2-2)SFAツール:SFAは「Sales Force Automation」の略語。主に営業担当者の支援を目的としたツールで、営業活動のデータベース化に活用される。

(※2-3)CRMツール:CRMは「Customer Relationship Management」の略語。顧客情報の管理・分析など、顧客と良好な関係を構築するためのツール。

ローンチの背景

現在、SES事業者の9割以上が中小企業といわれます。業務効率化のために営業支援システムを導入したいという企業は多いですが、経済的にも人的にも莫大なリソースがかかってしまうため、システム導入のハードルは高いものでした。

そこで、弊社もSES事業を運営する企業の一つとして「業界が抱える課題を解決できないか」と会議を重ねました。その結果、低価格&複雑な設定を省いたシンプルな設計のツールを開発することに!

このような背景のもと、「営業支援ツールを最小限のコストで導入できるシステム」としてコモレビが誕生しました。

コモレビ導入による効果

コモレビをローンチするにあたり、ドッグフーディング(※3)という形で日常的に利用しながら営業活動を行っています。現場のリアルな声を吸い上げ、機能反映や改善を行ってより良いサービスへとアップデートしています。

実際にコモレビを社内で利用したところ、「業務効率化につながっている」という声が多くありました。例えば、メール配信の効果を数字で分析できるため、よりマーケティング志向での営業活動ができていると実感しています。

具体的な数字では、コモレビによって業務の効率と効果を高めることにより、弊社では2期目にして7.7億円以上の売り上げ達成に成功しています。

(※3)ドッグフーディング:自社の製品やサービスを社内で日常的に使用し、改善点を洗い出すこと。または、正式なリリースを控えた製品を社内テストとして使用すること。ドッグフードの販売を行う会社の社員が、実際にドッグフードを食べていたという話に由来する。

コモレビの今後の展開について

今回はライトプランのローンチですが、今後はさらに2つのプランをローンチする予定です。より便利にご活用いただけるように、アドオンの開発や機能拡充も随時行っています!

なお、現在はコモレビの開発と営業の強化を行っているため、エンジニアとセールスを積極採用中です。ぜひ一緒に、新たなサービスを作り上げる経験を積んでみませんか?

◎サービス紹介ページ:

株式会社ヘルスベイシス's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings