1
/
5

求人広告の直販・代理店|得られる経験に違いはあるのか?

今回は求人広告で働かれている方や、これから働くか悩まれている方なら一度は疑問に思ったこともあるであろう「直販」と「代理店」の違いについて私自身も興味があったので、弊社代表の村松にインタビューしてみました!

これから求人業界で働くか悩まれている方には、参考になる点もあると思いますので是非読んでいただけると幸いでございます!

では、まず最初にこれから働くか悩まれている方にもイメージしやすいように、求人広告の魅力からご紹介させていただきます!

求人広告の魅力

1,無形商材であること

無形営業は、有形営業に比べて、営業自身のスキルの高さが売れ行きに直結しやすいという特徴があります。目に見えないものを売り込まなければならない無形営業は、形あるものを売り込む有形営業に比べて難易度は高いですが、顧客の希望や本当の要望をくみ取り、適切な提案をすることができるようになればより一層営業スキルを磨いていけます!

2,様々なビジネスモデルに触れることができる

いろんなビジネスモデルに触れることができ、会社ごとの利益の出し方を直接知ることができることは、求人広告営業の特権であり、自分のやりたい将来に活かすことができます。また、自分のやりたいことが決まっていない方も数多くの仕事に関わる機会があるので、自分のやりたいことが見つかるかもしれないというのも魅力の一つです!

3,人脈ができる

普段話せる機会がほとんどない役員の方と話せることも魅力の一つになります!いろんな企業の役員の方と話せるのはいい刺激にもなりますし、自分の行動次第ではプライベートの関係も持つことも出来てしまうので人脈を広げる機会がグッと広がります!

4,世の中に求められている

労働人口がこれからさらに減っていく現代において、求人広告は欠かせない存在です!世の中にこれからも必要とされていく仕事だからこそ「やりがい」と「将来性」は抜群です!

直販と代理店で得られる経験に違いはあるのか?

結論違いはもちろんあるとのことなので、それぞれで得られる経験についてご紹介いたします!

■直販

まず直販で働くメリットとしては、上場企業で勤務したという肩書を得ることができます。また、社会的信用の大きさもあり会社が潰れにくいということで、安定性は抜群です!また直販では数多くの仕事が社内にあるため、数多くの人と関わる機会やジョブローテーションによって、社内調整力やキャリアに幅をつけれる可能性があるのも魅力的です!

ただ直販では提案できる幅に限りがあるため、お客様のニーズに答えることができない場合があるというデメリットもあります。しかしその分提案するものが決まっているため、逆に営業活動がしやすいという方も中にはいらっしゃいます。

■代理店

代理店で働くメリットとしては、営業力が直販に比べて身につく可能性が高いことです。直販に比べてブランド力がないため、その分自分自身の営業力を身に着けることができます。また、提案の幅が広くどんな状況にも対応できるというのと、ジョブローテーションがないため一社のお客様と長く付き合えるという魅力もあります!

代理店では提案ができる幅が広いため、お客様のニーズに答えれることは大きなメリットになります。しかし、その分お客様の課題をしっかり把握し提案しないといけないので、最初慣れないうちは覚えることも多く営業難易度が高いという点もあります。

■まとめ

今回は代理店と直販に違いはあるのかについてご紹介させていただきました!代理店と直販では、身につく能力に違いがあるとのことでしたが、

結論、成長する人はどっちでも成長できます!

これを言ってしまえば元も子もないかもしれませんが、環境ももちろん大切ですが、本人のやる気や将来の目標に向かって働くということがなにより成長に繋がりますので、今回の話は一つの参考にして頂ければと思います!

当社では、自分らしく働きたいという方を応援しています。より自分自身を成長させたい・自分らしく生きたいという方は是非したのリンクからブログを見て頂ければと思います!


ヴァンテージポイント株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from ヴァンテージポイント株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?