1
/
5

What we do

Mission「オープンスペースに次のあたりまえを作る」  Vision 「"自分と違う"と繋がれる場所へ」
グループ会社 | 株式会社コトブキ                    ユニバーサルデザインをベースに環境設計がされた『インクルーシブ』な遊具などの製品を開発。
株式会社パークは 、タウンスケープ事業を展開する創業1914年のメーカー「株式会社コトブキ」から始まった『パークグループ』の親会社です。 現在『パークグループ』は、6つの会社で構成されています。 各グループ会社の間でプロフェショナリティを高め合い、組み合わせ、 メーカーとしての事業に加え、公園遊具やベンチなどの修繕・点検、公園のソフトウェアの開発など、『パークグループ』は幅広い事業に取り組んでいます。 【株式会社パーク】https://park.inc/ グループのミッションを実現すべく、事業全体を管理 コーポレート系の機能を果たしてします。 【株式会社コトブキ】https://townscape.kotobuki.co.jp/ オープンスペースの総合メーカーとして、公園遊具、ストリートファニチャー、サインなどの製品を複合的に全国へ提案・展開 規格品の製品点数は2000点以上になり、加えてカスタマイズやオーダーメイドへの対応、SDGsに向けた素材開発なども行っています。 【株式会社KTS】https://kts.kotobuki.co.jp/ みなさんが公園の遊具やベンチを安全に利用できるよう、点検から修繕を一貫して実施 【株式会社パークフル】https://parkful.net/ 公園を身近に、より楽しく感じていただくためのサービスを開発 掲載公園が12万箇所以上の公園検索アプリ「PARKFUL」と公園Webメディアを通じ、公園文化の健全な発展を目指しています。 【株式会社コトラボ】https://koto-labo.com/ オープンスペース向けの企画・ソフトウェアを開発 【コトブキランドスケープ台湾株式会社】http://www.kotobuki-lsp.com.tw/index.php コトブキの製品を台湾でも販売

Why we do

これまでの「休む」「たたずむ」ためのベンチを、街に賑わいとコミュニケーションを生むためのきっかけに。公園や街路のあり方は年々変わってきています。
野外映画祭「ParK CINEMA 1000」を企画・開催。それぞれの地域にあった「賑わい」創りに、地元の住民の方たちと共に様々な形で取り組んでいます。
Mission「オープンスペースに次のあたりまえを作る」 Vision 「"自分と違う"と繋がれる場所へ」 すべての人が、誰でも分け隔てなく使えるオープンスペースは、子育て環境、高齢社会、地域コミュニティの形成など、現在社会が直面している課題は、オープンスペースにも深く関連しています。 地域ごとの多種多様なニーズや特色に合わせた製品開発・提案、サービスの提供を行い、オープンスペースの課題解決に取り組んでいます。

How we do

「インクルーシブ・プレイグラウンド」          あらゆる子どもの遊びたい!を叶える遊び場。遊びの楽しさには性別、年齢、言語や能力、どんな違いもらくらくと飛び越える力があると考え、新たな公園の提案を行なっています。
電動キックボード「LAIL」                排気ガスを出さないエコな移動手段として、注目度が急上昇中の電動式パーソナルモビリティ。各所の賑わいを繋ぎ、地域を活性化するため、コトブキの製品に新たに加わりました。
◎インクルーシブプレイグラウンド 「遊びは違いを飛び越える」 誰もが自分らしくいられる公園(=インクルーシブ公園)づくりに取り組んでいます。 当グループでは「インクルーシブ」な遊び場作りに向け、様々な視点でインクルーシブパークの見識を持つ専門家たちとの意見交換会や、公園にインクルーシブ遊具を設置した体験会を実施しました。 多くの方に体験いただき、寄せられた貴重なご意見を次の製品開発に生かしています。 (https://townscape.kotobuki.co.jp/inclusive/) ◎抗菌抗ウイルス素材「k:skin」 管理者不在の公園などではこまめなメンテナンスが難しいという課題に対し、 独自技術で抗菌・抗ウイルスの再生木材を開発しました。 (https://townscape.kotobuki.co.jp/news/2021/20210510_001791.html) 自社内での循環型リサイクルシステムを確立した再生木材など、SDGsに向けたサステナブルな素材開発を進めています。 ▶︎他にもこだわりの詰まった製品やサービスを展開中です! ・屋外で快適に働くという新しい価値を検証する「ソトウェルパーク」 ・固定されない遊具という新しい遊具の価値を提供する「MOPPS」 ・全国の自治体と情報連携し、公園と住民を繋ぐWEBメディア「PARKFUL」 ・利便性と安全性、パワーに優れた車体が魅力の電動キックボード「LAIL」