1
/
5

マーケティングとデザインのシーンを変えていく。|セブンデックスをどんな会社にしていきたいかを語ります。

株式会社セブンデックス代表の中村です。

2022年、1本目の投稿ということで、「現在の会社、そして未来描いていること」について、2022年に込める熱を添えて、書いていきたいと思います。

セブンデックスは、企業の成長に寄り添うマーケティング支援を提供している、2021年10月に4期目を迎えたコンサルティングファームです。

デザインという手段を通じてマーケティング、つまりは営利活動全般と向き合っています。

マーケティングと言っても様々なもので、例えば第一想起で挙げられるような「広告・SNS運用を代表とする購買行動やサービス利用に働きかける活動」とは少し乖離があるかもしれません。
わたしたちが指しているマーケティングの領域は「顧客のニーズに合った物が、顧客に合った形で提供される市場を作り出すための活動」を指していて、いわゆるそれは「広義のマーケティング」と呼ばれるものです。

公益財団法人日本マーケティング協会の定義によると、

マーケティングとは企業及び他の組織がグローバルな視野に立ち顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための、組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動
https://www.jma2-jp.org/jma/aboutjma/jmaorganization

とされています。

それも加味して改めて書くと、現在のセブンデックスの事業内容は、
市場調査・分析、サービスの企画・設計やブランド形成から、広告・宣伝・広報、販売促進、流通、マーチャンダイジング、営業、集客、顧客の情報管理等に至る、『広義のマーケティング』の領域でデザインし、体現するソリューション」を最たる武器として、「どのように価値を生み出していくか」を考えることを提供しています。

つまり、広義のマーケティングの領域で、広義のデザイをしている会社です。

ブランド戦略・エクスペリエンスデザイン・マーケティング運用支援、の3つを主な仕事のスコープとして、あらゆるステークホルダーに対して「どのように価値を作って、成長していくか」、に悩むクライアントと一緒に成長課題に向き合っています

これまでのセブンデックス。-創業から3年-

続きはオウンドメディア「SEVEN DEX POST」で!

株式会社セブンデックス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more