1
/
5

創業ストーリー#5 主語を会社にする楽しさを

創業時の想い#5 主語を会社にする楽しさを

「しなければ」と「したい・したほうが良い」、どちらの仕事が多いですか?

私自身、20代の中盤に数人の会社にジョインしました。

前職が当時2000人程度だったので、
そのギャップはとても大きく、
ここまで自分で行う必要があるのかと最初衝撃でした。

一方で、自分で決めて進める楽しさも感じました。

そこから10年近く経ち、
組織が大きくなってきたタイミングで、
ベンチャー企業にありがちな
組織が崩れるシーンに直面しました。

そのアップダウンを見たときに、
「こうした方が組織は絶対に良くなる」「今、自社はこうすべきだし、したい」
というものが数々浮かび、
タイミング良く、いろいろ仕掛けさせていただきました。

その結果、
組織がどんどん良くなったり、
顧客からの声がどんどん良くなったり、
大きな手応えを感じました。

「私は、〇〇したい」
に加えて、
「会社として、〇〇したい、〇〇すべきだ」

という気持ちがある方が、大胆に仕事ができるし、
より充実感が得られるのだと。

会社にコミットしろよと言う変な気持ちではなく
「会社として、〇〇したい、〇〇すべきだ」で推進する充実感を味わえる会社を作りたい。

創業当初から、そういった想いで、
会社を成長させてきました。

主語を会社で推進する経験を一緒に味わいませんか?

株式会社NEWONE's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more