1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

2020年_夏合宿

こんにちは

代表の里見です。

採用活動と開発作業で忙殺されており、だいぶ時間が経ってしまったのですが、
8月に実施したフィグニーの夏合宿の様子をお送りします。

弊社は毎年、「合宿」という名の社員旅行を実施しています。

遊び交流しそして開発する 合宿です。

好きなメンバーでチームを組み、テーマを決めて、合宿中に何か1つ作り上げます。
そして、開発後は、宴会やBBQなど旅行らしいことに精を出します。

社員の睡眠時間はいつもの半分くらいになるので、
そういうのが好きな人でないと向かない合宿ですね笑

「よく学び、よく遊ぶ」組織になってきたなあと、最近感じます。


それでは、合宿の様子をご紹介いたします。
これを読んで、フィグニーのイメージが少しでも湧いたら、幸いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






初日 20:00

金曜日の仕事が終わり、みなさん遠足気分で心が踊っています。

レンタカーを2台借りて新宿から出発!!

レンタルしたはいいが誰が運転するの、、、
弊社のエンジニアはペーパードライバーばかり。大事な局面で役に立ちません。

(下道は怖いけど、高速道路なら...イケるか...? そんな心の声が聞こえてきます)

ざわ...ざわ...


その時、
九州から上京してきた元自衛隊の調(しらべ)が名乗りを上げました。

調:「僕、運転チョットデキマス」

即エースドライバーとして起用しました。


ドライバーがいて本当よかった。

出発直前、

突然エースドライバー調が走行ルートについて私に突っかかってきました。[写真 左: 調、右:私(里見)]

調:「里見さん!新東名より湘南ルートのほうが良いですよ!」
私:「え、そうなの」

、、、なんで九州から出てきたばかりなのにそんなこと知ってるんでしょう。

「もっと早く決めとけよ」と石井が後ろから喝をとばします。




一方、調と里見の運転が怖いAzizと野口は、仲良く電車で来ました。

あれ、こんなに仲良かったっけ?




初日 夜

無事に全員、熱海に着きました。 

晩御飯は美味しい海鮮とA5ランク和牛でした。ご飯が美味しいとみんな自然と笑顔になってしまいます。


お腹はいっぱいになったので、温泉へ浸かり就寝です。 おやすみなさい。








初日 23時


おや、、一部の面々はまだ食い散らかしていますね。。。

よく食い、よく呑み、よく学ぶ。

長時間のドライブで消耗したのか、調だけ真っ青です。

一方、弊社のお祭り番長「小林」はあと半日はいけそうな満面の笑みです。(左)

みなさん良い呑みっぷりです。


こうして初日の夜は更けていきました。


そして、、、、





2日目 7:00

あれ、おかしいですね。

席はたくさんあるのに、座っているのは一人。

唯一、時間通りに起きたのが弊社の最年少ルーキーの将輝です。

さすが新卒!!体力だけは誰にも負けません。評価も爆上がりです。



2日目 8:00

希望者5名で予定していた釣りへ出発。

こころなしか、みんな元気がないですね。あんなに釣りを楽しみにしていたのに。

エンジニアは朝が弱いと決まっています。

ここで一人だけ力を発揮したのが釣り名人の本村です。

2時間で、巨大なアジを2匹も釣りあげました。

晩御飯で食べましょう。








2日目 12:00〜

熱海の駅前で取ったコワーキングスペースを貸し切り、勉強会を開催です。

本合宿の一番の目的です。

釣りから帰って休む間もなく勉強会って、、地獄のスケジュールですね。

しかしエンジニアたるもの、過酷な環境でこそ力を発揮してほしい!!


うーん、、残念ながら何名かは笹の葉になっていました。



2日目 14:00〜

熱海の新しいデパートの屋上でBBQ

楽しい!!!!!!

。。。というより

暑い。

まじで暑い。

体感温度が40度を超えています。

サウジアラビア出身で、暑さに耐性を誇るAzizですらこの表情です。

慌てて冷却スプレーとタオルを配ったところ、肉よりも好評でした。




2日目 夜 開発

これが本合宿の最大の目的。

各チームが2日間でできるテーマを決めて開発を行い、成果物を発表します。

成果物の条件は、
「自分のやったことのない技術にチャレンジする」
「時間内に完成させる」
「実務に結びつきそうなもの」
の3つです。
大きさは重要ではなく、自分の技術の幅を広げ、それを今後に生かすことができればOKです。


本村チームは、弊社のプロダクト「Pocket Pet」のCGモデルを使ってARでのリップシンク、それからSnapCameraのような、配信映像にCGキャラを乗せるプロダクトを作成しました。相変わらずレベルが高いですね。

小林チームは、Slackチャットボットを使ったプロダクトの開発。

里見チームは、CircleCIとAWSを使ったCI/CD周りのフロー開発を行いました。


本村チームのプロダクトで遊ぶお祭り番長の小林。


どのチームも、実はある程度こっそり下準備をしていたようで、非常にしっかりした内容の成果物が出来て、驚きました。

こんなに熱量の高いスタッフが増えるとは、去年の時点では想像できなかったので、素直に涙が出そうになりました。



そして開発も終わり、最後の宴へ、、



皆さん本当に元気ですね。

ところで、、、私の後ろに何かがいる気がしますが、見なかったことにします。








2日目 23:00

エースドライバーの調も、満足したようで、本当によかったです。




そして夜は更け、、、、。










最終日 8:00

。。。。。。



冬はもう少し穏やかな会になるといいですね。

※希望者のみ開催なので、こういったことが苦手な人もご安心下さい。





フィグニーは、いわゆる「普通の会社」ではありません。

熱量が低い人間は不要ですし、チャレンジに後ろ向きな人間も要りません。

皆と一緒に、高みを目指す気があり、一流のエンジニア、デザイナーになるために自分の人生の相当量を仕事と学習に投じることができるような、そんなハングリーで何かに夢中になれる仲間を求めています。

そういった人たちは、必ず幸せにします。

興味を持ちましたら、どうぞご応募下さい。

弊社HP: https://fignny.co.jp/

POCKETPETはこちらから:https://apps.apple.com/jp/app/pocket-pet/id1525670195

フィグニー株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more