This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

これからの時代、「指示したこと」はAI・ロボットに任せられると予想される中で、「これから人が求められる力」に特化し事業を展開しています。 『AI・ロボットに奪われない力』をテーマに、人が能動的に動くための構造を最先端の教育技術とデザイン・映像技術などを使いながら人材育成コンテンツとして落とし込み、250以上の学校・企業に提供しています。 教育の観点・人材育成の観点で非常に需要が伸びており、日本の様々な分野の最大手企業の導入が進み飛躍的な事業成長を実現しています。

Why we do

「予想された未来」で起こることを考え、その解決策を自ら考案します
「正解のない時代」と言われる中で、「自分が選んだ道を正解にする力」を得るために 「自分が何をしたいのか、どんな大人になりたいのか」を考え抜きます。
皆さんの周りには、憧れる上司、先輩、尊敬できる仲間はいらっしゃいますか。「この人かっこいいな!」と心から思える人は、何人くらい思い当たりますか。 社会に出ると、学歴や年齢を一切言い訳にせず、「あらゆる事象を肯定的に捉えることで、主体的に未来を切り開いていく」かっこいい大人が存在する一方で、「指示された事しかやらない受動的な態度で、言い訳が先に立つ」かっこ悪い大人が存在します。   この差は、一体どこから生まれるのでしょうか?   それは、一見偶然に思える「何かと出会うきっかけ」によって左右されるのではないでしょうか。 価値観を変えてくれた先輩との出会い、叱咤激励をしてくれた上司との出会い、辛い時に励ましてくれた指導者との出会いなのかもしれません。 それは、「小さな成功体験」や「自分の考えを周囲から認められた経験」とも言い換えることができます。この経験を決して偶然の産物として傍観するのではなく、意図的に必然的に作り出し、多くの子供の可能性を引き出したい。そんな強い思いが、我々の事業の根幹にあります。 リトマス紙や数学のルートは、ほとんどの人が卒業してから使いません。そして、学校に行かずともオンラインでも勉強ができる時代。そんな時代に求められるのは、英国数理社の延長戦ではなく、AI・ロボットに代替の効かない力。 これまで60年間、変化の少なかった学校教育の構造を変え これからの時代が次世代に求める、『本当に学ぶべき力』を提供し戦略的に展開することで、学校教育の市場そのものを塗り替えていきます。

How we do

ICT教育に対応したタブレット版テキスト
テキストと併用する授業用ムービー
<事業展開> 現在全国170校の中学・高校に導入いただいてますが、まずはそのシェアを広げることにより、教育現場に新しい風を吹き込むことを実現させたいと考えております。 そのために、現在は営業部隊の拡大とマーケティング戦略に力を入れております。 また、学生へのサービス展開に加え、ビジネス版では社会人への導入も同時進行で進めています。 学生サイドと、その未来にあたる社会人サイド両面からのアプローチにより、「かっこいい大人」を増やすことを実現したいと考えています。 <社風について> エナジードの社風の特徴は、ダイバーシティです。これは「教育」というテーマとも繋がる部分ですが、誰かが半強制的に価値観を押し付けることや、会社側が思想をコントロールすることなどをしない会社です。 「あくまで個人は個人であり、その人がどうしたいか?」 がとても大事だと思っています。 ですから、デンマークで働いていたメンバーもいれば、教育業界バリバリで働いていたメンバーもいれば、金髪の気鋭クリエイターもいます。そんな多種多様なバックボーン溢れる環境の中で、個が互いの違いを受け入れ合い、認め合うことで心理的安全性に溢れる組織が出来上がっています。 また、ビジョンへの共感が強いメンバーが多く集まっていることも特徴です。率直に申し上げて、エナジードが手がける事業は、日本の教育を変える可能性を大いに秘めていると自負しています。そこに対する強い共感と信頼が、メンバー1人1人の心にあり、全員が自らの仕事を誇れる状態を作り上げています。