1
/
5

リアルと仮想の融合を目指して:ポケコロ×TGC2021インタビュー!



こんにちは、採用広報インターンのはるです!

突然ですが、皆さん『ポケコロ』遊んでらっしゃいますか~!?

この9月に10周年を迎えたポケコロの大判振る舞い、垂涎もののログインボーナスに私は毎日ウハウハでございます。

さらに10周年を記念した企画はアプリ内に留まらず、去る9月4日には『ポケコロ』と『マイナビ 東京ガールズコレクション2021(以下、TGC2021)』のコラボステージがオンラインにて行われました!

なんと、ファッションショーとしては世界初の試みなのだそうです。

“世界初”かあ……!!聞くだに壮大な言葉の響きですね!

プロジェクションマッピングやARなどの新技術が当たり前に世に出ている昨今ですが、確かにモデルさんとアバターがお揃いの服でランウェイを歩く光景は想像したこともなかったかもしれません。技術の進歩ってすごい。

そんな世界でも新しい取り組みであるこのファッションショー、一体どんな考えをもって企画されたものだったのでしょうか。

『ポケコロ』事業とCCPサービスに詳しい中野さんにインタビューに伺ってきました!!


☆☆☆




Q)今回のファッションショーはどのような経緯で企画されたのですか?

偶然の連なりで実現したという感じで、実は元々「こういう企画をやろう!」と最初から考えて組み立て始めた企画ではありませんでした。

『ポケコロ』は2年ほど前からアプリ内でリアルブランドとのコラボを実施しているのですが、そのつながりでとあるファッション雑誌の編集の方に「TGCに出てみませんか?」とお声掛け頂いたのがきっかけです。

TGCはファッション界の中心を担っているイベントですし、若い女性の注目度も高いですから、「良いプロモーションになるだろうし、この先への一歩にも繋がるかも」と考えてコラボを決定しました。


Q)「この先への一歩」というのは、具体的にはどういうことでしょうか?

大きく言うと、「リアルと仮想のファッションの境目をなくしていくこと」です。

“世界初”と銘打ってはいますが、バーチャルシンガーのライブなどが随分以前から開催されているように、リアルと仮想の共演自体は今ではもうさほど珍しいことではなくなっています。

ただ、ファッションというカテゴリに絞って見ると、リアルのモデルと仮想のモデル(アバター)が全く同じおそろいの服、しかもリアルでも販売されているし、ポケコロという仮想の世界でも販売されている服を着てランウェイを歩いたのは、世界で初めてと言えるかと思います。

こういった取り組みをTGCという大きな舞台で行ったことは、今後非常に大きい意味を持ってくるのではないかなと考えています。


Q)中野さんがこのファッションショーの先に見据えていらっしゃるもの、目指していきたいと考えてらっしゃるものを教えて下さい!

私自身『ポケコロ』の運営を通して、言ってしまえばデジタル上の画像やデータでしかないものにも価値を見出して下さるお客様は年々増えていると感じています。

さらに、最近はNFT(コピーや改ざんを防ぎ、データに唯一性を付与する技術)など、デジタルアイテムの価値を保証する技術もどんどん進歩していっていますから、やっぱりそう遠くない未来にリアル世界と仮想世界の経済活動の融合がもっともっと進んでいくのは確実だと思うんです。

けれどリアルであろうが仮想であろうが、対象がファッションである限り、その価値づけは「装備すると強い!」といった単純な利便性や機能性によってではなく、「これ素敵!」と思う心、個々人の「感性」を中心に行われていくという点は変わらないはずです。

そして、そんな時代こそ、ココネがこれまで10年以上をかけて積み上げてきた「“カワイイ”に価値を持たせる」ノウハウの生かしどころだと考えています。

「リアルと仮想のファッションの境目をなくす」ということに重なってきますが、もうすぐ訪れるだろうそんな時代の中で、『ポケコロ』を仮想世界のなかでも本当の意味でリアルと変わらずファッションを楽しめるアプリに育てていきたいというのが目標です。


☆☆☆


いかがだったでしょうか……!

私はといえば、お話を伺っている最中、終始「アニメや映画に出てくるような『バーチャルな近未来』って、何だか思った以上に近づいてきているんだな?!」とちょっと目が回る思いでした。

人の「心」という変わらないものを軸に、いずれ来る新しい時代、新しい世界に向けて、新しい価値を作り出していく……なんだかとっても夢が広がる話ですね!

今回踏み込めたのは本当に浅瀬の部分まででしたが、「リアルと仮想」はまだまだ未開拓な領域も多い分、物凄く大きな可能性が眠っている分野でもあるのだろうな、と感じました。

次の“世界初”を実現するのは、もしかしたら今記事を読んで下さっているあなただったり……!?

大きな希望を持ったところで、本日はこれまで!

次回もぜひ伝えたいココネの取り組みについてご紹介していきます~!

ココネ株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more