1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

3年間の収益成長率の高さで表彰されました。
エントランス
クリエイターズマッチは、フリーランスデザイナーを中心とした世界中のクリエイターと協力し、主にインターネット広告を中心に企画・制作を行うクリエイティブ マネジメント カンパニーです。(https://c-m.co.jp/for-creators/our-concept/) ■クリエイタープラットフォーム https://creator-platform.com/ 私たちは「クリエイターが働きやすい世界の創造」をビジョンに掲げ、その土台となる取り組みとして、「クリエイタープラットフォーム」という「仕事」と「学び」を一貫してサポートする仕組みを展開しています。 このクリエイタープラットフォームは、全国各地にいるたくさんのクリエイターの成長をサポートする【教育事業】と、企業の皆さまが抱える課題をクリエイターとともに解決する【制作事業】で構成されています。 ■AdFlow https://adflow.jp/ また自社開発による広告制作効率化できるSaaSサービスである「AdFlow」を開発販売している【AdFlow事業部】では、全国のクリエイターとクライアントをつなぎ、制作の効率化による働き方改革の一助として、今の時代だからこその新しいクリエイターの働き方を提案しています。 企業としても順調に成長を続け、2018年には、過去3決算期の収益(売上高に基づく)成長率65.93%を記録し、有限責任監査法人トーマツが発表するテクノロジー企業成長率ランキング「日本テクノロジー Fast 50」を受賞しております。2016年、2017年に続き連続3年の受賞となります。

Why we do

制作業務を効率化するSaaSプロダクト『AdFlow』を開発しております
フラットな環境で作業中です
私達が目指すのは「クリエイターが活躍できる環境と仕組み」を作り、 ゼロからモノを生み出す人たちが、自分のスキルやライフスタイルにあった働き方で、最高のパフォーマンスを発揮しながら人生を歩む社会の実現を通し、素晴らしいクリエイティブで世界中を満たしていくことです。 日本で働くクリエイターたちの環境は、実は世界と比べて大きな差があることをご存知でしょうか? 例えば、労働時間や低賃金など。 弊社代表の呉がデザイナーとして働いていた頃、友人デザイナーたちの年収を聞いて回ったところ平均はなんと300万円ほど。 それに対して欧米のデザイナーは平均年収800万円から1000万円、とかなり大きな差があるんです。 原因としてあるのは、価格の叩き合いが起きやすい制作環境の構造です。 デザインがデジタル主流になり、誰でも気軽にクリエイティブの仕事が始められ、そのハードルの低さが低価格競争に直結してしまっているのです。 そんな環境の中でも、デザイナーたちは誰もが皆必死で努力し、学んでいます。 そうしたクリエイター達の努力が強制的に「低価格競争」という波に飲み込まれてしまっているのです。 私達は、そうした環境を変えるため「クリエイターたちが活躍できる環境と仕組みを整えよう!」と考えています。 それが『クリエイターズマッチ』という会社です。

How we do

地方自治体や地元企業と連携しながら全国でセミナーを開催しています
クリエイターズマッチアワードとして、クリエイターの価値を高めるイベントを毎年行っております
私たちは、クリエイタープラットフォームを通してビジョンを実現するために下記のことを行なっています。 ●「働くこと(制作事業)」と「学ぶこと(教育事業)」をひとつのプラットフォームで行うことで、クリエイターが働きながら成長できる仕組みを作っています。 ●オンラインで仕事ができるシステムを開発し、住んでいる場所にとらわれることなくライフスタイルに合った形でクリエイティブの仕事ができる仕組みを作っています。 ●国内トップクラスの制作実績を活用することで、フリーランスを中心とした多くのクリエイターに対して、正しい評価を行うことができる仕組みを作っています。 これからも様々な切り口でクリエイターの新しい働き方を提案し、一人ひとりのクリエイターにマッチした仕事を提供し続けることで、クリエイターという職業の可能性を飛躍させていきます。