1
/
5

エンジニアの出張授業第2弾「インフラってなんだろう?【Day1】」in 日本電子専門学校

先日、日本電子専門学校のネットワークセキュリティ科1年の生徒さま向けに、ITインフラの本質を知ってもらうための授業「インフラってなんだろう?」を行いました。

授業を担当したのは、クラウド型情報活用プラットフォームサービスの設計・開発を担当している新卒入社3年目エンジニアの新保です。

Day1では、”ITインフラ”という言葉についての解説とわたしたちの生活にどう関わっているのか、エンジニアの仕事内容、システム開発の流れ、エンジニアに必要な能力について、などをお話ししました。


ITの勉強を初めて間もない生徒さんたち「ITインフラ」を理解してもらうために、誰もが使っている身近なインフラ「水道」を題材としたワークショップを2つ行いました。

1つ目は「水道のしくみをITインフラに置き換えてみよう」。
普段当たり前のように使えている水道。これらの設備を、サーバ、ネットワーク、デバイスなどにあてはめて考えてもらいました。

2つ目はエンジニアの仕事「要件定義・設計・構築・試験・運用」を知ってもらうワークです。
「ある浄水場から各家庭に水を届けたい!」というシナリオをもとに、要件定義・設計・構築・試験・運用のフェーズでどんな事が必要か・何を考慮しなければいけないかを考えてもらいました。



「水道は蛇口から水が出てくるサービスだから蛇口はデバイス?給水管の弁は何?」
「水道管引くのに今建ってる家壊す訳にはいかないからうまく設計しなきゃいけない!」
「地域の調査とかも必要だ!それは要件定義?」
などたくさんの意見が飛び交い、各フェーズに切り分ける考え方や、フェーズごとに必要な内容は何かを話し合いました。

どちらのワークショップでも、生徒さんたちは短い時間の中で考えたり話し合ったりし意見をまとめ、代表者が発表をしてくれました。

講義中にその場でリアルタイムに質問を投稿・共有できるツールを利用。
年齢も近い現役のエンジニアの授業という事もあり、就活について、働き方や勉強のすすめ方などたくさんの質問が投稿されていました。
先輩エンジニアの本音が聞ける良い機会になったのではないでしょうか。

株式会社エーピーコミュニケーションズ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings