1
/
5
株式会社wevnal

【中途】私がwevnalを選んだ理由

Trending
Trending Posts

「多様な人材が集まるだけではイノベーションは起こらない?」唐澤俊輔が語る”組織作りの極意”

2人以上の人が集まれば、それはもう「組織」への第一歩です。 それくらい皆さんの身近に存在する「組織」ですが、果たして「理想の組織カルチャー」とは存在するのでしょうか? 今回インタビューさせてもらった『カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方』の著書・唐澤 俊輔さんは、それを「期待値ギャップのないカルチャー」と定...

私服で働きたい。そんな理由でwevnalに入った私が「会社に1人は欲しい人材」と言われるまでに成長したお話です。

こんにちは。Wevnalの管理部で働いています、若林です。 私の日々の主な業務は、総務、経理、法務、セキュリティ、労務、たまに人事のサポートと、自分でも把握しきれないほどの範囲の業務を日々行っています。まさに「なんでも屋さん」です。 「何ができるか正直わかりません。でも何でもやります!」 Wevnalに入社する2...

「一緒に死ねるか?」監査法人、経営コンサルを経た次の運命共同体に、約60名の渋谷ベンチャーを選んだ理由

「上場を目指して爆速成長中です!」と、自社の勢いと展望をアピールするベンチャー経営者は少なくありません。 しかし、日本の企業で実際に上場しているのは全体の約0.09%。(参考:上場会社数、日本の企業数) 「上場する」とは、それほど狭き門なのです。 そんななか「慶應義塾大学を卒業」、「公認会計士の資格を取得して大手...

Latest
Latest Posts

「一緒に死ねるか?」監査法人、経営コンサルを経た次の運命共同体に、約60名の渋谷ベンチャーを選んだ理由

「上場を目指して爆速成長中です!」と、自社の勢いと展望をアピールするベンチャー経営者は少なくありません。 しかし、日本の企業で実際に上場しているのは全体の約0.09%。(参考:上場会社数、日本の企業数) 「上場する」とは、それほど狭き門なのです。 そんななか「慶應義塾大学を卒業」、「公認会計士の資格を取得して大手...

「多様な人材が集まるだけではイノベーションは起こらない?」唐澤俊輔が語る”組織作りの極意”

2人以上の人が集まれば、それはもう「組織」への第一歩です。 それくらい皆さんの身近に存在する「組織」ですが、果たして「理想の組織カルチャー」とは存在するのでしょうか? 今回インタビューさせてもらった『カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方』の著書・唐澤 俊輔さんは、それを「期待値ギャップのないカルチャー」と定...

私服で働きたい。そんな理由でwevnalに入った私が「会社に1人は欲しい人材」と言われるまでに成長したお話です。

こんにちは。Wevnalの管理部で働いています、若林です。 私の日々の主な業務は、総務、経理、法務、セキュリティ、労務、たまに人事のサポートと、自分でも把握しきれないほどの範囲の業務を日々行っています。まさに「なんでも屋さん」です。 「何ができるか正直わかりません。でも何でもやります!」 Wevnalに入社する2...

「本気でムカついていた。」敵対関係と化した師弟が、事業を牽引する名コンビに生まれ変わるまで

「あの時期があって良かったなとは別に今でも思わないけど、気づけたことがたくさんあったのは事実」。 株式会社wevnal(ウェブナル)のSNSマーケティング事業部マネージャーを務める、石原 仁美さん。 一度申し出た退職は、当時同じ部署で新卒1年目だった小嶋 和弘さんの成長を見届けるため、取り下げ。 そこからは一...

28歳フリーター。30ヵ国の放浪と10社の面接を経て始まった、元バックパッカーの新たな旅路

「あまりにも受からな過ぎて、私やっぱりフリーターの方が向いてるのかなと、諦めかけてた。」 埋まらない履歴書。 決まらない就職先。 「困ったときのわかさん」という圧倒的な信頼感で、会社にとって欠かせない存在であるいまの姿からは、想像だにしない暗黒期。 若林 友佳(わかばやし ゆか)さん、30歳。 株式会社wev...

「同期」から「同志」へ。元テニサー代表が、元Microsoftエンジニアを約50人のベンチャーに誘うまで

「学生時代の同期と一緒の会社で働く」って、すごく熱い友情を感じます。 大衆的な居酒屋の席で一晩中語り合ったり、コーヒー1杯で何時間もカフェに滞在して、店員さんに少し苦い顔をされてしまったり。。。 今回インタビューさせてもらった、株式会社wevnal(ウェブナル)に所属する森川智貴さんと鈴木アレン啓太さんは、慶應義...

嫁ぎたい。働きたい。やっぱり辞めたい。異郷・名古屋で始まった、たった1人のフルリモート

「あいつ何やってるんだろって思われるのが、すごいイヤで」。 パソコンの画面越しからでも伝わってくる、溢れんばかりの覇気。 約350kmの物理的距離を、微塵も感じさせません。 今回インタビューさせてもらったのは、株式会社wevnal(ウェブナル)のデジタルマーケティング部に所属する、熊岡 かれんさん。 w...

チーム崩壊にマネージャー降格。「人生で一番辛かった」時期を乗り越え挑む、カスタマーサクセス部署の再編

26歳のときに「広告運用」という仕事と出合い、歳上の上司と二人三脚で、運用チームの立上げをスタートしました。 順調に規模を拡大させるなかで、実績を認められ、開始時は上司だった人間との「ダブルリーダー」制へ。 その3ヶ月後には、自身だけが「マネージャー」として昇格しました。 「超やりづらかったね」と、当時を振り返...

沖縄在住、オーストラリアの国籍も持つ、南アフリカ出身のエンジニアから見た「日本の良いところ」

「地獄でした」と振り返るのは、英会話スクールの教師として過ごした埼玉での日々。 来日して初めて就職した会社で、「埼玉以外」と書いた勤務地希望を提出した結果、配属されたのは埼玉県。 生活エリアとしての埼玉に満足だったのは良い意味での予想外でしたが、悪い意味での予想外で「英会話教師」という職業が合いませんでした。 ...

「渋谷は嫌い」と沖縄へUターンした開発部リーダーが目指す理想のエンジニア像

いつ連絡しても常に即レスしてくれるので、「実はロボットなのではないか」と、その正体を疑われるエンジニアがいました。 しかも「実はロボット説」のエンジニアが働く場所は、本社を構える東京・渋谷から大きく離れた日本の最西端・沖縄。 大多数のメンバーは、普段その姿を直接見ることはありません。 ロボットなのか、はたまた人...

Web広告運用者って何してるの?1日密着してみたら、高速PDCAがグルグル回っていた

「愛の反対は憎しみではなく、無関心だ」という言葉があります。 憎まれることよりも、関心を持たれないことのほうが悲しいというのは、思い当たる方も多いのではないでしょうか? そして、弊社wevnal(ウェブナル)の主力事業・デジタルマーケティング事業部を支える「Web広告運用者」は、職業人気ランキングにおいてその立...

テレアポ一筋だった34歳アナログ男が、チャットボットAI事業部でリーダーを務めるようになるまで

「年をとるほど、時間の進みが早く感じる」という話、みなさんは聞いたことありますか? 「えっ、このまえ謹賀新年したばっかりなのに、2019年もう半分終わったの!?」みたいな...。 フランスの哲学者、ポール・ジャネはこの現象を「ジャネの法則」と名づけ、例えば50歳の人にとって1年は人生全体の50分の1だけど、5歳...

高い離職率、浸透しない組織風土...急拡大ベンチャー人事の、1年以上にわたる社内改善記

「あれは、まぎれもなく将でした。 漂殿の一声で、絶望しかけていた我らに再び火が灯ったのです」 みなさん、映画『キングダム』はご覧になりましたか...? https://twitter.com/kingdomthemovie/status/1127136263406886913 山崎賢人さんはカッコ良すぎたし、吉沢...

闊達なコミュニケーションを通じてビジネス成長の「武器」を作る―wevnalでエンジニアとして働く面白さとは

※この記事は、理系学生向けメディア『LabBase』さまにインタビューをして頂いたものです。 数年前まで「エンジニアのいない広告代理店」だったwevnalは、木曽氏のCTO就任から自社でのソリューション開発の方向へと舵を切った。同社のエンジニアが担う役割は多岐にわたるが、その全てに共通するのは、他者と、そして...

AIのスペシャリストに聞く。入社2ヶ月で社内を巻き込む「惚れさせ力」とは?

「好き」の気持ちがあれば、働くモチベーション、そして仕事の成果は大きく変わるものではないでしょうか。 会社員として働くならば、職場の仲間や会社そのものを心から好きになりたいものですよね。wevnal社員がみな、熱い思いをもって働けているのは「惚れさせ力」の強い人がチームをマネジメントしているから。 今回は、チャッ...

Followers
Posts
27
Likes
299
About
【中途】私がwevnalを選んだ理由
wevnalでは新しい仲間を募集しています。中途メンバーへのインタビュー編。
Writers