1
/
5
テクニカルアカウントマネージャ
Mid-career
on 2022-05-02 52 views

シェアトップクラスHRTechでテクニカルアカウントマネージャーを募集!

株式会社カオナビ

株式会社カオナビ members View more

  • ・職歴
    大学卒業後、アクセンチュアのデジタル部門に入社。小売大手のCRMプロジェクトを担当。MAツールを導入し、グループ会社内の事業会社横断のID統合、マーケティング施策実施に貢献。

    現在はカオナビで
    エンタープライズグループ 部長:大企業向けの新規提案営業〜既存顧客へのカスタマーサクセス・サポートを管掌。
    事業戦略室:プロダクト開発からマーケティング・セールスまでの戦略策定を担当。

    ・特徴
    人のモチベーションを上げることで、よりエネルギーの溢れた世界にしたい
    負けず嫌い
    ・趣味
    サッカー観戦、テニス、キャリア相談

  • カオナビ 採用担当
    コーポレート

What we do

  • 「カオナビ」
  • 導入企業数

私たちは、社員の個性・才能を発掘し戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステム「カオナビ」を展開しています。

■「カオナビ」とは?
今まで紙やExcel、システム、社員の頭の中などに散在していた人材情報を一元管理することで、あらゆる人事課題への対応を可能にするプロダクトです。
現在は、企業規模や業種問わず、2,497社(2022年3月末時点)にご利用いただいており、7年連続日本でのタレントマネジメントシステムシェアNo1※を獲得しています。
※ ITR「ITR Market View:人材管理市場2022」人材管理市場- ベンダー別売上金額シェアで7年連続1位(2015~2021年度予測)

「カオナビ」製品情報:https://www.kaonavi.jp/

▼今後の展望
カオナビの挑戦はここからが本番です。
「従業員数が100人を超えると、人材情報が活用されにくい」というデータがあるといいますが、弊社がターゲットとしているのはまさにこの規模の企業です。
上記に該当する企業は国内だけでも約54,000社あり、現状の導入社数は、約2000社と市場の4%にも満たない状況です。まだまだ日本のタレントマネジメントを変革できる余地があります。

まずは市場シェア10%を獲得すべく、2024年3月期までに5,000社の導入を目指します。これまでの2倍以上の成長率が求められる、チャレンジングな目標で、事業フェーズとしても凄く面白いと思います。

【始動】私たちの働き方を変える、人材マネジメント革命
https://newspicks.com/news/4664662?ref=picked-news_9322
「社会を変えるんだ、プロダクトアウトで」 カオナビ柳橋氏が描く人材マネジメントの未来
https://www.fastgrow.jp/articles/kaonavi-yanagihashi

Why we do

私たちは、「“はたらく”にテクノロジーを実装し、個の力から社会の仕様を変える」というパーパス(社会的な存在意義)を掲げています。

今後、日本は少子高齢化により労働人口の減少が加速度的に進むと予想されます。また、日本の労働生産性は、主要先進国(G7)の中で、約50年間にわたって最下位という状況が続いています。

こうした状況の中で生産性を高めていくために、社員があらかじめ決められた一律のルールや手順の中ではたらくのではなく、一人ひとりの個性や才能を活かしてはたらく状態にシフトしていく必要があります。
職歴・学歴や年収など目に見える事項だけでひとを判断するのではなく、さまざまな情報を集めて人物像に奥行きをもたせることで、ひとの可能性を正しく理解できる世界をつくりたいと考えています。

How we do

■バリュー(大切にしている仕事観)
・仮説思考
相手の言葉を鵜呑みにしない。常になぜ?を考える。
・仕組み化
自分ができることをシンプルにし、他の人でもできるようにする。
・コラボレーション
垣根を超えて連携し、全体としての利益を最大化する。
・誠実さ
仕事は誠実であることが大前提、その上でビジネスを進める。
・オーナーシップ
自分が関わる仕事には、当事者意識を持って取り組む。

■カルチャー
私たちのカルチャーを一言で表すと、「『オトナ』ベンチャー」です。
自立したキャリアを歩む。意見の違いを議論しあう。そもそもなぜ?を考える。
そんな『オトナ』なメンバーたちが、ベンチャーマインドを持って日々挑戦しています。

■環境・制度
メンバー一人ひとりに対して成果に対する責任を求める一方で、成果を出すために一人ひとりの裁量を最大化させる文化があります。そのため、パフォーマンスが最大限発揮できるはたらき方を個人で選択できる環境・制度を用意しています。

・My Work Style制度
▼ハイブリット勤務
 勤務場所はオフィスもしくは自宅から選択可能
▼スーパーフレックス(コアタイム無し)
 1日あたり最低労働時間4H~、月間所定労働時間あり
▼スイッチワーク(中抜け可能)
 役所や病院、お子様の送り迎えなど、都合に合わせて調整可能
▼±20時間
 月所定労働時間に±20時間の幅を設け、各自で労働時間を調整することが可能。

・スキル&キャリアサポート制度
▼テラコヤ
 ナレッジ共有のための社員主催の勉強会
▼ドウジョウ
 ロジカルシンキング研修など参加必須の社内研修
▼兼業推奨
 副業可能です
▼ハンズアップ制度
 半期に1回、上司を通さずに他部署への異動希望を表明可能

As a new team member

150%成長を遂げるタレントマネジメント市場において、当社はその中でも7年連続シェア№1※・利用企業数2,497社(2022年3月末時点)を獲得しており、トヨタやみずほ銀行など日本を代表する企業からも業種業態問わず多くご導入をいただいております。
より多くの日本企業の生産性向上に寄与するため、お客様に向けたきめ細かい提案、更なる活用促進を訴求すべく『テクニカルアカウントマネージャー』の即戦力となるメンバーを募集をいたします。

【業務内容】
カオナビ新規導入検討中、もしくは導入済のお客様に対して、技術的観点から提案・運用支援を実施いただきます。

具体的には・・・
・カオナビと既存システム(クラウド・オンプレ問わず)との連携に向けた要件定義、顧客折衝、進行管理
・カオナビ導入時、定常運用時の各種プロジェクトにおけるPM担当
・カオナビ提携の開発ベンダーとの共同提案・ベンダコントロール
・クラウドサービスの利用に向けたITセキュリティ観点での顧客折衝
・社内開発部門へのプロダクト改善提案
・フロント部門(セールス・カスタマーサクセス担当)に対する、カオナビの技術仕様の理解向上を目的とした社内教育活動
・技術支援に関わるコンテンツ作成、整備等の各種仕組み化

【ポジションの魅力】
・立ち上げフェーズだからこそ、面白い
チーム立ち上げからまだ約1年、これからさらに組織を拡大していくフェーズです。現場の意見も積極的に取り入れる風土があるので、自ら見つけた課題・仮説をもとに、組織をどう拡大させていくべきか最前線で関わることができます。

・課題解決力・関係者調整力の向上
主にお客様の人事部門との接点が多く、システム連携における課題が明確化していないケースが多くあります。
顧客へのヒアリングから根本課題を見極め、お客様のシステム部門との連携により、解決策実行に至るまでの課題解決力・調整能力を養うことができます。

・顧客の声がプロダクト改善につながる
お客様と開発部門の双方に対して密に関わるポジションだからこそ、顧客の声を吸い上げ、サービス改善に繋げる楽しさを味わえるポジションです。

【メンバー紹介記事】
・ITスキルを武器に、顧客とプロダクトを支える──少数精鋭部隊“TAM”の仕事とは(メンバー)
 https://vivivi.kaonavi.jp/articles/technical-account-manager-220331/

【応募要件】
■求めるスキル・経験(MUST)
いずれか3年以上の経験
・ITシステムの営業や導入コンサルティング、カスタマーサクセス、またはそれに準ずる業務経験
・PM・PMOやコンサルタントとして、ITシステム導入に関する要件定義やプロジェクト推進・管理を行なった経験

■求めるスキル・経験(WANT)
・SaaS企業での経験
・従業員規模が数千〜数万名の顧客に対してのプロジェクト推進、顧客折衝経験
・コンサルティング会社やSIerと体制を組み、協働してプロジェクトを推進した経験
・対人事との顧客折衝経験、人事労務の業界知識

■求める人物像
・当社のパーパス/ビジョン/バリューに共感いただける方
・課題を自分ごととして捉え、主体的に行動ができる方
・諦めず、どうすればできるか考えられる方
・自身の役割を把握し、組織全体の成果を意識できる方

【カオナビ関連ページ】
・カオナビで働く「人」と「組織」kaonavi vivivi:https://vivivi.kaonavi.jp/
・カオナビのサービスサイト:https://corp.kaonavi.jp/
・カオナビのコーポレートサイト:https://www.kaonavi.jp/
・カオナビが目指す未来の社会:https://speakerdeck.com/kaonavi/kaonavi-future-deck-20201001

Highlighted stories

創業から4年をかけてたどりついた、クラウド人材管理ツール「カオナビ」誕生秘話
自分のビジネスも、カオナビも。志を持って選ぶパラレルな働き方
エンジニアの評価は“頑張りを見逃さない”ことが大事──マネージャー陣の哲学
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About 株式会社カオナビ
株式会社カオナビ
  • Founded on 2008/05
  • 229 members
  • Funded more than $300,000 /
    CEO can code /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区虎ノ門1-3-1  東京虎ノ門グローバルスクエア 15F・16F 
  • About 株式会社カオナビ
    シェアトップクラスHRTechでテクニカルアカウントマネージャーを募集!