1
/
5
デザイングループマネージャー
Mid-career
on 2022-01-26 164 views

プロダクトデザイングループをリードしてくださる方を募集します!

株式会社スタディスト

株式会社スタディスト members View more

  • 株式会社スタディスト 取締役/CTO

    慶應義塾大学環境情報学部卒。株式会社リクルートライフスタイルにて、アジャイル開発プロセス導入、各種開発プロジェクトリーダーを歴任。同社TechLead、グループマネージャーを経て、2018年10月より開発部長として株式会社スタディストに参画。2019年1月にCTO、同3月に取締役就任。IPA主催 2009年度下期 未踏ユース 採択、慶應義塾大学非常勤講師。

    毎年冬は生存戦略として山で狩猟に勤しんでいます。

  • 株式会社スタディスト 開発部 副部長
    Teachme Biz プロダクトマネージャー

    豊田工業大学工学部卒、東京大学工学系研究科修士課程修了。
    株式会社インクス(現ソライズ)、飯田電機工業を経て2011年に株式会社スタディストに入社。
    製造業の開発部門向けの業務コンサルティングに従事する傍ら、AndroidエンジニアとしてTeachme BizのAndroidアプリの開発を担当。またTeachme Biz WebアプリのUIリニューアルのディレクションやエンジニア採用など開発部内の業務を幅広く担当。
    2018年10月より開発副部長、2018年12月よりプロダクトダクトマネージャーとして...

  • スタディストでデザイナーをしています。
    主にプロダクトのUIデザインを担当しています。それ以外でも、サービスサイト、コーポレートサイト、会社案内、展示会の壁面パネル、営業資料などの幅広くデザインしています。

    個人では仏像グッズを制作しイベントやWebで販売しています。

  • iOSアプリの開発とUI/UX設計をしています.

What we do

  • 多くの有名企業様に導入頂いています

マニュアル作成・共有システム『Teachme Biz』はHorizotal SaaSとして様々な業種・業界のお客様に提供しています。(https://biz.teachme.jp/)
パソコン、スマートフォンでビジュアルベースのマニュアルを簡単に作成し、瞬時に共有できる新しいスタイルのクラウドサービスで企業内で日々発生している「手順や方法の伝達ロス」を効率化、業務の生産性向上に貢献しています。
2021年7月には「HRテクノロジー大賞」地方活性賞、11月には「HRアワード組織変革・開発部門」優秀賞を受賞いたしました。
また、日本だけではなくグローバルにも展開し、2021年3月には「BOXIL SaaS Award」グローバル賞を授与されました。
当社のビジョン・ミッションを会社として体現していく中でTeachme Bizをホールプロダクトとして進化させるべく社会的に顕在化・潜在している顧客の課題を掘りにいくためコンサルティング事業も開始しています。
また2020年からVertical SaaSである店舗における商品の展開指示、実現情報可視化、一元管理できる『Hansoku Cloud』も提供を開始しました。(https://biz.hansoku-cloud.jp/
本部の指示が素早く伝わり、正しく実行、店舗での陳列結果も確認でき、施策ごとの店舗実現率を底上げし、販売店数・売り上げアップに繋げることができます。

▼Teachme Bizお客様導入事例
・株式会社すかいらーくホールディングス様
https://biz.teachme.jp/casestudy/skylark/
店舗での調理などの業務をマニュアルを作成・配信することでアルバイトの方の自己学習を支援したり、季節ごとのフェアメニューなど業務手順の伝達をスピーディーに実施。
また、外国人従業員の方にもビジュアルベースでわかりやすいマニュアルを提供することで習熟度向上にお役立ていただいております。
・株式会社トレタ様 (ITサービス業)
https://biz.teachme.jp/casestudy/toreta/
アプリのオンラインマニュアルをTeachme Bizを使って作成、配信。従来のマニュアル作成時間が1/2以下に短縮され、常に最新の手順書をわかりやすく伝えられるように運営されています。
参考URL: https://teachme.jp/16816/f/toreta/sf/3406/

Why we do

■スタディストのミッション・ビジョン
多くのひとが感じている、誰かに何かを伝えることのむずかしさ。
たとえば、企業には業務手順を伝える「マニュアル」がありますが、制作に膨大な時間がかかる上に、更新も大変。
そんな「伝えること」に関するロスをなくし、
生産的でクリエイティブな仕事に集中できるようにしたい。
これが、私たちスタディストの原点であり、ミッションです。

「伝えること」がより簡単になれば、仕事は効率化され、伝える側も、伝えられる側も、より付加価値の高いことに時間を使うことができる。
そうやって、知る、考える、作り出す喜びを感じる場面を増やし「知的活力みなぎる社会」を実現していく。
これが、私たちスタディストのビジョンです。

■Teachme Bizのミッション・ビジョン
◎正しい手順を簡単に伝え「わからない/知らない」で起きる非生産的な業務をなくしたい
「社内システムの入力手順を何度も教える」「業務用機器の操作方法がわからず時間を浪費する」など、組織内での日々の業務において正しい手順が浸透していれば発生しないはずのロスが数多く存在しています。
手順を形式知化し、組織に浸透させるための代表的な手段として「マニュアル化」があげられます。
しかし「作るのが大変、改訂するのも大変、見て理解するのも大変、管理も大変」と、マニュアル運用で苦労する事例を多く見てきました。
「正しい手順を簡単に伝える」ことができれば、あらゆる組織の生産性向上に貢献できるという想いからTeachme Bizは開発されました。

◎すべての人が付加価値の高い業務にかける時間を増やす
Teachme Bizは、「わかりやすいマニュアルを、簡単に作れて、確実に活用される」環境の実現と継続を可能にし、成果につながる「正しいマニュアル運用体験」を提供します。
正しい手順を必要な人に必要なタイミングで届けることで、「わからない/知らない」がなくなり、より付加価値の高い業務にかける時間を増やすことが可能になります。

◎「わかる/できる」を当たり前にし、生産性向上の礎に
2013年のサービス提供開始以降、お客様の成功に貢献できるようにプロダクト・サービスの強化を進めてきました。
「もっとわかりやすいマニュアルを」「もっと早く、もっと簡単に作れるように」「もっと楽に、もっと確実に活用されるように」、磨き込む余地はまだまだたくさんあります。
知的活力みなぎる社会の実現に向けて、正しい業務手順が「わかること/できること」が当たり前の世界を目指して、これからも製品づくりを行ってまいります。

How we do

■徹底したミッションへのこだわりと実践
当社のメンバーはみな、スタディストが掲げる「伝えることを、もっと簡単に。」というミッションに共感し、集結したチームです。
新たに改定されたValueとともにスタディストは次のフェーズへと進んでいきたいと思います。

▼Value改定の記事はこちら
https://www.wantedly.com/companies/studist/post_articles/446264

____________________
〈Value〉
◎With the customer -顧客に飛び込もう-
お客様とともに成功に向かえるよう、積極的に踏み込んでみる。
前に進むことで初めて見えることもあるのだから、お客様へ飛び込もう。

◎Try first -悩むなら、やってみよう-
悩みすぎて何もしないことを選択するよりは、まずは一歩前に踏み出してみる。
一度でうまくいかなくても、そこから学べばいいのだから、まずはやってみよう。

◎Beyond team -チームの枠を越えよう-
所属組織の垣根を越えて、All Studistで協働する。
より大きな成果、新しい価値を生み出すために、チームの枠を越えよう。

◎Be Study + ist -学び、成長し続けよう-
プロフェッショナルであるために、1人ひとりが”Study + ist”として学び続ける。
お互いに良い刺激を及ぼしあい、成長し続けよう。
____________________

As a new team member

プロダクトデザイングループのマネージャーをおまかせします。
具体的な業務は下記になります。
・プロダクトデザインの方針決定
・5〜10名のチームのマネジメント、チームの方針決定
・進捗管理、タスクアサイン(リソース管理)、人事考課、1on1面談
・メンバーの育成
・(個別案件のデザイン業務)

▼募集背景
既存事業の拡大、新規事業のローンチによる開発チーム増員に伴ってプロダクトデザイン組織を拡大しようとしており、その中心となって組織やプロセスづくりをしていただける方を求めています。

プロダクトデザイングループの現状と今後に関しては以下の記事にまとめてあります。

スタディストのプロダクトデザイングループの今とこれから - https://medium.com/studist-dev/studist-product-design-group-7a8b3fb58cd7

▼求めるスキル・経験
・チームビルディング・マネージメントの経験
・WebアプリケーションのUI/UX設計の経験
・複雑なシステム、仕様を理解し、適切な情報設計ができる

▼歓迎スキル
。Webサイト、Nativeアプリの戦略立案、要件定義経験
・ユーザーリサーチやユーザーテストの調査設計、実査の経験
・HCD(人間中心設計)やデザイン思考などを用いたUI/UX設計
・ブランディングやユーザー体験についての戦略立案/実行経験

▼求める人物像
◆ 知る、考える、作り出す喜びにあふれる
私たちのビジョン「知る、考える、作り出す喜びにあふれた 知的活力みなぎる社会をつくる」を実現するためには、私たち自身が実践する必要があります。

◆ 深く考え、早くためす
試す前に、その仕事はなぜやるのか?そもそもやるべきか?を深く考えることは大切です。目の前に飛び込んできた仕事をこなすだけのスタイルは、私たち自身も消耗しますし、本当にユーザー志向なのか?カスタマーサクセスなのか?と疑問に思います。そういった不毛な仕事をしないためにも、建設的な批判目線を持った人に来てもらいたいと考えています。

◆ 楽しく働くために、チームを信じる
スタディスト開発チームでは「すべては楽しさのために」ということを大切にしています。このメッセージを実践するためには、チームを信じることが必要不可欠です。良いチームでは、メンバー同士の信頼関係が担保され、その結果、コトに向き合うことができます。チームを信じるからこそ、コトに向き合うことができ、酸いも甘いも含めた仕事の楽しさを感じられるようになると信じています。

◆多くの手札を持ちつつも、固執しない
ユーザー志向、プロダクト志向を突き詰めると、手段に固執する必要はありません。プロダクト開発は常に選択肢は無数にある

▼制作環境
・Figma
・Miro

▼働き方
定期的に社内勉強会や開発合宿を開催し、技術ナレッジを積極的に相互共有しています。外部カンファレンスや勉強会への参加・登壇も奨励しており、参加費は会社にて負担しています。
フルリモートでの働き方も可能です!

スタディストという社名の由来はStudy(学ぶ) + ist(人)です。
社名の通り、学習意欲旺盛な人をお待ちしております!

▼関連リンク
・個人のWillと会社のMustを合わせる!入社後の納得度を高める採用プロセスの作り方 - https://seleck.cc/1454
・学ぶ人=Study-istが集まるスタディスト開発部が実施している学習施策 - https://medium.com/studist-dev/study-ist-fa027bcaa2db
・フルリモートで初めてのデザインスプリント - https://medium.com/studist-dev/full-remote-design-sprint-a358ed13e036
・インタビュー Vol.2 iOSアプリエンジニア 埴生 孝慈-学びを実践につなげるアプリ開発 - https://medium.com/studist-dev/interview2-6b18143c3259

Highlighted stories

本質を見極め、常に二手、三手先を考える。SREチームリーダーの仕事術。

「働く場所の選択」と「相互刺激」がコンセプト。スタディストの新オフィスをご紹介!

完全リモート170人参加でのバリュー決定奮闘記!

What happens after you apply?
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About 株式会社スタディスト
株式会社スタディスト
  • Founded on 2010/03
  • 173 members
  • Funded more than $300,000 /
    Expanding business abroad /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル9F
  • About 株式会社スタディスト
    株式会社スタディスト wants to talk with you
    Are you interested in this Job Post? Come talk with us