1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
エグゼクティブコーチ
on 2020-05-15 3,706 views

経営コンサルとはちょっと違う。社長に対するコーチングで経営課題の解決を!

株式会社EPLGA

株式会社EPLGA members View more

  • 大学卒業後、株式会社髙島屋に入社。一貫してファッション畑を歩み、ヨーロッパブランドに長く携わる。その後、New York Takashimayaへ赴任。ファッション、インテリアのバイヤーに加えて、カフェのプロデュースも経験。

    髙島屋を退職後は、 老舗バッグメーカーやスターバックスの企業再生プロジェクトに参画する。

    2007年株式会社EPLGAを設立。日本の素晴らしきを国内外へ発信するため、日本再生事業等を展開。

    2010年 一般社団法人 志友会を設立し、代表理事となる。志友会とは企業経営者の集団であり、互いの事業を助け合う事、日本の経済を活性化させる事を目的にスタートした。

  • 大学時代は予備校のチューターとして、学生の志望校合格へのサポートをしていました。
    新卒で入社した会社では、クレジットカードの審査業務を行っていましたが、新任者の育成に携わることが自分にとって一番やりたいのあることだと気が付きました。
    社会人3年目のOJT研修で「コーチング」という育成手法を知り、その後しばらく経ってから人材育成のプロになりたいと思い、ビジネスコーチングのスクールへ通いました。
    コーチングを通して、自分自身が一番変わり、仕事やプライベートもより楽しみ、成果が出せるようになりました。
    日本の方が心も身体も健康で、自分らしく生きるためのサポートがしたいと思っています。

    趣味は...

  • Takahiro Kawano
    Other

What we do

エプルガは日本から、世界レベルの経営者の誕生を目指しています。
日本経済の発展のカギを握っているのは、経営者です。
そのために、経営者を軸にした“人創り”と“場創り”を行っています。

①人創り

経営者が変われば、社員が変わり、社員が変われば、会社が変わり、会社が変われば日本経済が変わる。
そんな思いで経営者に対するコーチング、経営コンサルティングを行っています。
経営者のエグゼクティブパートナーとして、支え続けるのが仕事です。

他にも経営者だけでなく、組織を活性化する組織コーチング、人を惹きつけ行動を変えるプレゼンテーショントレーニング、自己変容から他者変容を促す場の提供等、人を軸にした事業を展開しています。

②場創り

世界レベルの経営者の誕生のためには、横のつながり、つまり経営者同士の繋がりも非常に大切だと考えています。多種多様な情報に触れることが出来る場を作っています。

例えば、経営者のみの紹介制ラウンジや、経営者が集まる一般社団法人などを運営しています。

詳しくはこちがのURLからご覧ください!
経営者コミュニティ志友会(http://www.kokorozashi.or.jp/?fbclid=IwAR2XzMewDB7iLv1l4pPKEgLreqKNqvghytCk-Mxb6E8ZGOWl0jQqpIm7SWE

ハワイの日常をコンセプトにしたカフェ(https://nokaoi.therestaurant.jp/?fbclid=IwAR0-TBu_X5At2G8r5eTHZgZ7klzmFgpK1vqKKtMH-L2RfDz5eHVa7CUhYOo

Why we do

【創業の想い】

私はもともと海外の商品を日本に輸入する仕事を続けていました。
しかし海外の人が自国を誇っているのに対し、自分は自国を誇って話せることがありませんでした。
そこから日本のことを色々知っていき、様々な誇れるところがあると気付きました。

そんな誇れるとこを世界に発信していこうと、最初は日本の技術やモノを世界に発信する事業を展開。
しかしあまり上手くいかず、問題はモノではなくそのモノを流通させている経営者にあるのでは?と思い始めました。実際、世界を代表する日本の経営者は輩出されていません。

加えて、日本経済の成長は経営者に掛かっています。
凄い経営者が多ければ多いほど、それだけ日本の経済は活性化します。
経営者を良くして、日本を良くして、世界に貢献したい。

だからこそ、経営者を軸にした人創り、場創りを事業の柱としています。

How we do

社員のチャレンジを全力で後押ししています。
まだまだ社員数も少ないため、制度があるわけではありません。

しかしだからこそ、制度に縛られることなく自由に何でもチャレンジすることが出来ます。
それに社員数が増えてくれば、制度やルールを作る組織運営も自分で体験することが出来ます。

まさにこれから急拡大していくフェーズであり、良いと思ったことは何でもやってみよう!
という雰囲気があるので、自分のやりたいことをやれる環境です。

なにより社長との距離が近く、これからカルチャーや組織風土を形成していくフェーズです。

加えて、エプルガはコーチングを提供する会社です。
このビジネスは、商品の質=コーチの質になりやすい特徴があります。

そのため、コーチの育成には非常に力を入れています。
具体的には、コーチの育成は全て社長自ら行っています。

全ての社員に社長のコーチングノウハウを直伝し、フィードバックを何回も積み重ねることによって、
コーチの質を担保しています。

As a new team member

「経営コンサルに挑戦してみたい!」
「企業の経営課題を解決したいし、自分の市場価値も上げたい」

そんな思いを抱えつつ、Wantedlyを眺めているそこのアナタ!

経営コンサルとはちょっと違う。
でもしっかりと経営課題を解決していく、
エグゼクティブコーチングに挑戦してみませんか?

【エグゼクティブコーチングって何?】

エグゼクティブコーチングは、
①エグゼクティブ②コーチング
この二つの意味があります。

①エグゼクティブとは、
経営幹部や社長など、上級管理職のことです。

②コーチングとは、
主体的な行動を促すためのコミュニケーション方法です。

つまり①経営幹部や社長など、上級管理職の方に対して、
②主体的な行動を促すためのコミュニケーションを取るのが、
エグゼクティブコーチングです、

「ちょっと待って、よく分からん。どういうこと…?」
という声が聞こえてきそうです。
もう少し噛み砕いて説明しますね!

エグゼクティブコーチの役割は、社長に
・新たな気づきをもたらすこと
・考え方や行動の選択肢を増やすこと
・目標達成に必要な行動を促すこと
が主な役割です。

ポイントは、これらを教えたり強制したりするのではなく、
自ら気付き、行動に移すところにあります。

これがコンサルティングとの違いです。

コンサルティングではコンサルタントが課題や戦略を考えます。
一方でエグゼクティブコーチングでは、社長自身が課題や戦略を考えます。

エグゼクティブコーチは、あくまでこのサポート役です。

【ではエグゼクティブコーチの価値はどこにあるのか?】

もしかしたら、こう思われたかもしれません…
エグゼクティブコーチの価値は、
自走可能な組織を生み出せることです。

コンサルティングでは課題や戦略を与えている一方で、
エグゼクティブコーチングでは社長自身が生み出す必要があります。

そのためもし、コーチが不在になった場合でも、
自走することが出来るんです。
何故なら、社長の中に常に答えはあったからです。

この“自走力”を養うことも可能なんです。
最終的には我々コーチが不必要な存在になるような世界が理想かもしれません。

少しは、コーチングの魅力が伝わったでしょうか…?
まだ少し難しかった方も、もっと知りたい…!と思った方も、
まずはWebでざっくばらんにお話ししませんか?

そこで詳しくお話し出来ればと思います!
ぜひぜひお気軽に「話を聞いてみたい」を!

Highlighted stories

人生は、自作自演のドラマです。あなたはどんなシナリオを描きますか?
「夢がみつからない」と、焦っているあなたへ
KUDENとは、口伝
Other users cannot see whether or not you're interested.
10 recommendations
Company info
株式会社EPLGA
  • Founded on 2007/08
  • 7 members
  • 東京都渋谷区恵比寿1-16-26 協和ビル1F
  • 経営コンサルとはちょっと違う。社長に対するコーチングで経営課題の解決を!
    株式会社EPLGA