Discover companies you will love

  • 新規事業開発
  • 3 registered

リテールメディア開発/リテールの課題に向き合う新規事業開発メンバーを募集!

新規事業開発
Mid-career

on 2023-10-26

148 views

3 requested to visit

リテールメディア開発/リテールの課題に向き合う新規事業開発メンバーを募集!

Mid-career
Expanding business abroad
Mid-career
Expanding business abroad

Share this post via...

Takamasa Hirose

金融システムのエンジニアをしていたら、アドテクの世界に憧れて、気づいたらリテールテックPdMに。 毎週末、発見を求めて、様々な業態の小売店へ歩き倒しています。

Keiji Tokiyoshi

「社内での顔がデカくなってきたため」と役員陣の陰謀にハメられトルコへ左遷、現地子会社の代表を務めた後、2017年1月より株式会社フリークアウト代表取締役

Takahiro Ampo

Takafumi Imayasu

採用 / 組織開発 / 制度設計などHR領域幅広くやらせてもらっています。

株式会社フリークアウト・ホールディングス's members

金融システムのエンジニアをしていたら、アドテクの世界に憧れて、気づいたらリテールテックPdMに。 毎週末、発見を求めて、様々な業態の小売店へ歩き倒しています。

What we do

▍フリークアウト・ホールディングについて 2010年10月、米国で誕生し急速に成長していた「人がウェブサイトを見た瞬間に、コンピュータが一瞬でその価値を評価、適正価格を算出し、広告枠を買い付ける」技術、「リアルタイムビッティング(RTB)」に魅了され、この仕組みを日本に広めんと、創業者の本田が一人でRTBのプログラムを書き始めたのが、フリークアウトの始まりです。 その後、このRTBの仕組みは日本でも瞬くまに広がり、「アドテク(広告テクノロジー)」と言う名で広まったこの新しいエコシステム・マーケットを本日までリードしてきました。 みなさんが、ご利用される、大規模インターネットメディアへ、広告システムを提供するなど、インターネットメディアを支える黒子として、一定の評価も得て参りました。 アドテクの応用先はインターネットに留まらず、国内最大手のタクシー事業者とタッグを組み、タクシーの後部座席にタブレットを設置し、動画によるコミュニケーションメディアを作り上げる、リアルロケーションのメディア化事業にもチャレンジ。 今や日本国内の主要都市では、タクシーにサイネージタブレットが設置されていることが当たり前になりました。 タクシーの乗車中という、半プライベートな空間・時間の価値に目をつけ、今まで、ダイエットやヘアケア等のコンプレックス広告のビラが刺されていたタクシー後部座席の空間体験をサイネージとキャッシュレス決済の仕組みによって、誰にとっても過ごしやすい空間へとアップデート出来たと自負しています。 そして今、我々のプロダクトを活用し、空間価値を高められるポテンシャルが高いと考えている領域の一つを小売事業者の実店舗、そのプロモーションのためのメディア化と考えています。

What we do

▍フリークアウト・ホールディングについて 2010年10月、米国で誕生し急速に成長していた「人がウェブサイトを見た瞬間に、コンピュータが一瞬でその価値を評価、適正価格を算出し、広告枠を買い付ける」技術、「リアルタイムビッティング(RTB)」に魅了され、この仕組みを日本に広めんと、創業者の本田が一人でRTBのプログラムを書き始めたのが、フリークアウトの始まりです。 その後、このRTBの仕組みは日本でも瞬くまに広がり、「アドテク(広告テクノロジー)」と言う名で広まったこの新しいエコシステム・マーケットを本日までリードしてきました。 みなさんが、ご利用される、大規模インターネットメディアへ、広告システムを提供するなど、インターネットメディアを支える黒子として、一定の評価も得て参りました。 アドテクの応用先はインターネットに留まらず、国内最大手のタクシー事業者とタッグを組み、タクシーの後部座席にタブレットを設置し、動画によるコミュニケーションメディアを作り上げる、リアルロケーションのメディア化事業にもチャレンジ。 今や日本国内の主要都市では、タクシーにサイネージタブレットが設置されていることが当たり前になりました。 タクシーの乗車中という、半プライベートな空間・時間の価値に目をつけ、今まで、ダイエットやヘアケア等のコンプレックス広告のビラが刺されていたタクシー後部座席の空間体験をサイネージとキャッシュレス決済の仕組みによって、誰にとっても過ごしやすい空間へとアップデート出来たと自負しています。 そして今、我々のプロダクトを活用し、空間価値を高められるポテンシャルが高いと考えている領域の一つを小売事業者の実店舗、そのプロモーションのためのメディア化と考えています。

Why we do

▍本事業に取り組む背景 米国において、Amazonなど大手EC企業が、自社サイト利用者を対象に広告を配信できる仕組みを構築し、その規模は、GoogleやMetaが運営する広告事業にならぶ事業へと成長をさせています。 ウォルマートなどの実店舗を持つ小売事業者もその流れに追随し、これらの小売事業者が運営するメディア「リテールメディア」が非常に注目されるようになっています。 日本においても、大手小売事業者による「リテールメディア」立ち上げに関する記事が散見されるようになり、その期待が高まっていることが伺えます。 日本のアドテク業界の黎明期をリードしてきた当社としても、「リテールメディア」の勃興を目にし、リテール領域における取り組み方を模索をしてきました。 ▍当社 RetailTech 事業の歩み 当社では、前述のタクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」でのサイネージメディア開発の知見を活かし、2019年に社内にリテールメディアの開発チームを立ち上げ、大手小売事業者との店舗内サイネージPoC実施、2021年にはリテールDX事業を展開する株式会社Fezとともに、インストアリテールメディア開発を目的とした子会社 ストアギーク を立ち上げました。 実店舗でのサイネージPoCによるトライアンドエラーを活かしたリテールメディア特化型独自サイネージHWを独自開発し、2023年10月には、子会社ストアギーク社によってリテールメディアネットワークサービスの「ストアギークサイネージ」をローンチしました。 オンライン領域でも、位置情報データによる小売店舗集客のサービスを長年運用し、その知見を活かし、2023年9月には、小売事業者のオンラインでの集客・販促のための「FreakOut Retail Media Platform」を立ち上げています。 オフライン、オンラインそれぞれの「リテールメディア」を開発するピースを手にしたことで、この領域への本格投資を念頭に、2023年10月にリテール領域の新規事業開発を行う専任部署 RetailTech Division を立ち上げ、より広くリテールの課題解決に向けた事業開発に取り組むことを目指して本格始動しています。 今回の応募ポジションは、本チームのメインミッションである、リテール領域におけるリテールメディア新規事業開発を担っていただくものになります。

How we do

▍ 社名に込めた想い ”freak out”という英単語は、「ひどくびっくりさせる」という意味を持ちますが、 社名の「FreakOut」は、我々が世間の”度肝を抜く”水準の製品を作り、世に送り出す集団であることを示します。 ありきたりに満足せず、世の中に強いインパクトを与えるべく挑戦を続ける姿勢・意思を 集約した社名が「FreakOut」なのです。 「FreakOut」のブランドには、その名の通り 1・挑戦を続ける(=いつまでもベンチャーであり続ける) 2・他者に強烈なインパクトを与える(=染まらず、自らが染めていく) という意味が込められ、強烈な印象を持つ「赤」の中でも 「ディープレッド(重厚な赤)」をブランドカラーにしています。 我々FreakOutはプロダクトベンターとして、ありきたりの製品レベルに満足することなく、世に出した製品は常に世間の「度肝を抜く」水準であることを目指していきます。 それが世間的・業界的に受け入れがたいモノであったとしても、「横並びで、無難な落ち着きどころを良しとせず、一石すら投じることの出来ないモノを世に送り出すことに何の意味があろうか」と、高度なテクノロジーの中にもどこかロックな反骨精神が見え隠れする我々でありたく願っております。 今後も今までと変わらず、FreakOutらしい稀有なチャレンジで業界に向き合い続けます。 <FreakOutの挑戦はコチラ↓> フリークアウトグループにいる、「すごい仕事をやっているすごい人」を伝えるメディア https://make-some-noise.fout.co.jp/

As a new team member

▍当社 RetailTech 事業の歩み 2019年の大手小売事業者との店舗内サイネージPoC実施を機に、社内にインストアリテールメディアの開発部署を立ち上げ。 2021年にはリテールDX事業を展開する株式会社Fezとともに、インストアリテールメディア開発を目的としたJV ストアギーク を立ち上げました。 数社とのPoCを経て、2023年10月、当社が独自開発をしたリテールメディア特化型サイネージHWを用いた「ストアギークサイネージ」のサービスをローンチしました。 オンラインでも、位置情報データによるオンラインエリアマーケティングプロダクトによる小売店舗集客のサービスを長年運用し、その知見に基づき、2023年9月小売事業者のオンラインでの集客・販促のための「FreakOut Retail Media Platform」を立ち上げています。 そして、オフライン、オンラインそれぞれの「リテールメディア」を開発するピースを手に、より広くリテールの課題解決に向けた事業開発に取り組むことを目指し、2023年10月リテール領域の新規事業開発を行う専任部署を組織しました。 今回の応募ポジションは、本部署のメインミッションである、リテール領域における新規事業開発を担っていただくものになります。 ▍本ポジションについて 本チームでは、当社が開発したリテールメディア特化型のサイネージを活用し、オフラインの「リテールメディア」の事業化を目指しています。 ターゲットは、ストアギークでの事業を始めとした国内小売事業者との事業化に加え、海外、特に北米への事業展開も模索しています。 本ポジションでは、これらのリテールメディア事業(導入・メディア立上げ)をリード、さらには市場の潜在課題を探りながら、新規事業のシーズ探索を行って頂きます。 ▍具体的な仕事内容 当社開発のサイネージを活用した「オフラインリテールメディア」事業の立ち上げ └ 小売事業者、メーカー両サイドへのアプローチ戦略の立案 └ 上記戦略に伴う提案活動・導入活動 └ ご検討をいただける小売事業者、メーカーとのPoCの実施 └ PoC結果からの事業計画・本格導入案の立案 └ 事業運営全般 - 上記のステークホルダーとの接触の中での見出される潜在的な課題の探索 └ 顧客課題の分析と言語化 └ 課題の市場規模の算定 └ ソリューション提供余地・創出価値規模の算定 └ 「リテールテック」領域での新規事業の立案 ▍応募資格 【必須(MUST)】 - 新しいことへの挑戦心、探究心をお持ちであること - 強い当事者意識を持ち、失敗をしながらもめげずに学び、次のトライに向かい続けられること - 不確実性が高い事業環境下での事業の企画・開発・立ち上げ・推進のご経験 - 大手企業との協業・提携・契約交渉、プロジェクトマネジメント経験 【歓迎(WANT)】 - 小売・メーカー間の力学を認識し、両者の商いの最大化に取り組まれたご経験 - ツーサイドプラットフォームを成立させるための事業開発経験 - プロダクトフィードバックによる新しい価値提供を持って、プロダクトセールスの拡大をリードされた経験 【求める人物像】 - 不確実性の高い事業環境下を楽しみながら仕事に取り組める方 - 他責にしたり、できない理由を探すのではなく、どうやったら実現できるかを常に考え続けられる方 - PPTだけを作らされ続ける新規事業開発職に満を足せず、自分で手を動かして、事業を作り上げたいという思いがある方
1 recommendation

1 recommendation

What happens after you apply?

  1. ApplyClick "Want to Visit"
  2. Wait for a reply
  3. Set a date
  4. Meet up

Company info

Founded on 10/2010

570 members

  • Expanding business abroad/
  • CEO can code/
  • Funded more than $1,000,000/

東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント3F(総合受付)