Atsushi Takigawa

エヴィクサー株式会社 / 代表取締役社長CEO東京都 豊島区

Atsushi Takigawa

エヴィクサー株式会社 / 代表取締役社長CEO

凡眼には見えず心眼を開け好機は常に眼前にあり

大学3年次より長期インターンシップ、契約社員として「企業」というものに出入りするようになりましたが、その経験を通して、自ら楽しい環境を生み出したい、気持ちよく仕事をしたいという想いから大学を卒業してすぐにエヴィクサーという会社を創業しました。 「何事も当たり前ではない」という概念が、新しい価値を生み出すには必要だと思っています。

Ambition

In the future

人々をより幸せにする「音のインターフェース」を実現する

About エヴィクサー株式会社

エヴィクサー株式会社20 years

代表取締役社長CEOPresent

- Present

エヴィクサーは、音の信号処理に基づくソフトウェア(ACR技術、音響通信、音センシング)と、ネットワーク関連技術の研究開発に取り組む技術者集団です。 便利かつ使いやすい機能を追求することで、それまで限られた人にしか享受されずにいた技術を、一般ユーザーの方々にも広くご利用いただけることを目標としております。

AiryMedia株式会社(AiryMedia Inc.)5 months

代表取締役社長Present

- Present

Evixar音響通信技術に関するインターネット等デジタルネットワークを利用した広告、マーケティング、プロモーション、パブリックリレーションズ活動への応用

ハロームービー株式会社(HELLO! MOVIE Inc.)6 months

代表取締役社長Present

- Present

エヴィクサーは2023年12月1日、日本における映画産業発祥を記念する『映画の日』に、グローバル展開を見据え、映画のバリアフリー「HELLO! MOVIE」事業に関して、新設分割により子会社「ハロームービー株式会社(HELLO! MOVIE Inc.)」を設立

特定非営利活動法人メディア・アクセス・サポートセンター - 略称 MASC(マスク)1 year

理事Present

- Present

すべての人が映像作品に何不自由なくアクセスできる環境が整備された社会をつくることを目的としたNPO法人

日本原価計算研究学会2 years

常任理事(実務家)Present

- Present

一般社団法人 デジタルリスク協会4 years

理事Present

- Present

一般社団法人 日本開発工学会7 years

理事・運営委員Present

- Present

Evixar Inc.20 years

President, Chief Executive Officer and Chairman of the BoardPresent

- Present

We Evixar provide the network-related technology of realizing a convenience and an easy-to-use function, and a high level of security simultaneously. Furthermore, we are also the engineer groups who work in research and development in the acoustic engineering field.

  • Evixar Releases New Algorithm for Audio Fingerprint Recognition

    Evixar Releases New Algorithm for Audio Fingerprint Recognition Evixar announces the release of a new algorithm for audio/acoustic fingerprint recognition (EFPKit type2). The Evolution and Features of the New Audio/Acoustic Algorithm The new algorithm has significantly improved recognition speed and noise immunity compared to Evixar’s previous technology. Recognition time, which previously required several seconds, has been reduced to less than one second, and recognition is now possible even with very small signal-to-noise(S/N) ratios. With this performance improvement, it is now possible to provide audio fingerprint recognition capabilities for “low-quality master sound sources” and “harsh noise environments,” which have been difficult to recognize in the past. For example, – content recognition when using a recorded sound source as the master – stable program and commercial recognition even when away from the TV etc., the range of applicable fields and situations has been greatly expanded.

一橋大学

商学部経営学科

奈良学園高等学校


Keep up to date with your connections on the Wantedly People App.