Motoki Hirao

株式会社いい生活 / システムエンジニア

Motoki Hirao

株式会社いい生活 / システムエンジニア

Motoki Hirao

株式会社いい生活 / システムエンジニア

Why not create your own Wantedly profile?

Showcase yourself and your experiences to bring your professional story to life.

Join

そんな風に生きたい

プログラミングを真面目に学び始めたのは大学に入ってからで、大学時代は大学生協の不動産アルバイト、大学図書館での活動、文化系サークル活動を通し、専門としている情報科学系とはかけ離れたところで苦労した経験あり。 学部、大学院ともに情報教育系の研究を行いTAや研究を通して人に教えること、人に教えてもらうことの価値、また文系学生たちの優れた発想に感動を覚える。研究以外は学部の同窓会運営や、後輩へのイベント運営アドバイスを通してマネジメントも学ぶ。

Dec 2017
-
Present

システムエンジニア
Present

Dec 2017 -

Present

不動産会社向けプロダクトのバックエンドエンジニアを担当している。メインサービス及び周辺サービスのAPI開発、サービス運用業務を主としている。 インターンや新卒のメンターとしてメンバーの育成にも関わっている。 現在のプロジェクトではスクラム開発を取り入れる中で、サーバーサイドのメイン開発者としてチームを支え、開発プロセスの改善やサービス設計の議論等もする。月1以上のリリースを実施し続けており、毎月1〜3機能、自分が関わったものがリリースされている。

ゲームセンターを楽しむ技術

Oct 2019

ゲームセンターを楽しむ技術

Oct 2019

CoLabユーザーが技術書を書いてみた

執筆経験のないメンバーを集めて技術書を書いてみた、いわゆる「やってみた本」です

Apr 2019

CoLabユーザーが技術書を書いてみた

Apr 2019

エンジニアの成長を応援する本

勉強会参加、技術同人誌執筆に関するノウハウ本

Apr 2019

エンジニアの成長を応援する本

Apr 2019

イベント参加者通知用Bot

イベント参加者通知用Bot

LT大会企画

仲間内でイベントをやろうという話になり、LT大会を企画することになった。 もともと仲の良かったメンバーだけでなく、新しいメンバーも参加してもらおうということでConnpassに告知を打つことを提案したり、会全体のタスクを棚卸しして簡単な組織マネジメントを行った。 会は出席率も高く、30人ほどの会場が埋まるほどの盛況であった。 社会人として普段は労働をしながら裏側の時間をどう使うのかを考えさせられ、イベントの企画・実行を通してマネジメントを実践できた。

LT大会企画

仲間内でイベントをやろうという話になり、LT大会を企画することになった。 もともと仲の良かったメンバーだけでなく、新しいメンバーも参加してもらおうということでConnpassに告知を打つことを提案したり、会全体のタスクを棚卸しして簡単な組織マネジメントを行った。 会は出席率も高く、30人ほどの会場が埋まるほどの盛況であった。 社会人として普段は労働をしながら裏側の時間をどう使うのかを考えさせられ、イベントの企画・実行を通してマネジメントを実践できた。

もくもく会企画

まずやるぞ、ってメンバーとコミュニティの立ち上げからもくもく会の計画、実施までをやりました。もくもく会は別のもくもく会に数回参加したことがあったため、そのイメージの中から必要なことを洗い出し、タスクを書き出す・意見交換をするようにし、会の開催を実現しました。 私はSNSコンテンツやその他のインフラ周りの整備を行い、GitHub, twitter, Slackなどの準備を行い、メッセージや宣伝文のレビューを行いました。普段は別の会社で働いているメンバーばかりなので、チャットでのコミュニケーションと対面でのコミュニケーションの使い分けを大事にしています。 継続的に開催できるよう、KPTのまとめやMTGの準備もしています。

もくもく会企画

まずやるぞ、ってメンバーとコミュニティの立ち上げからもくもく会の計画、実施までをやりました。もくもく会は別のもくもく会に数回参加したことがあったため、そのイメージの中から必要なことを洗い出し、タスクを書き出す・意見交換をするようにし、会の開催を実現しました。 私はSNSコンテンツやその他のインフラ周りの整備を行い、GitHub, twitter, Slackなどの準備を行い、メッセージや宣伝文のレビューを行いました。普段は別の会社で働いているメンバーばかりなので、チャットでのコミュニケーションと対面でのコミュニケーションの使い分けを大事にしています。 継続的に開催できるよう、KPTのまとめやMTGの準備もしています。

サポーターズCoLabユーザー会で技術書を書く

サポーターズCoLab](https://supporterzcolab.com/のユーザーたちで技術書を書きました。書いた本は技術書典6で頒布されました。 私は執筆経験者として、プロジェクト全体のまとめ役を務めました。 勉強会で人を集めるところから、人を集めてスケジュールを組んだり、執筆をフォロー・レビューを行って返すということを続け、当初計画より遅れてしまったものの、無事に124ページの本を完成させました。クオリティーコントロールのために、表現を考える、日本語の書き方を学び直すなど、改めて文章を書く大変さを学び、身につけることができました。 当日の持ち物リストアップや執筆のための情報共有も積極的に行い、執筆初心者が執筆を通して成長できるよう、面倒な仕事周りを肩代わりし、潤滑に進むよう努めました。

サポーターズCoLabユーザー会で技術書を書く

サポーターズCoLab](https://supporterzcolab.com/のユーザーたちで技術書を書きました。書いた本は技術書典6で頒布されました。 私は執筆経験者として、プロジェクト全体のまとめ役を務めました。 勉強会で人を集めるところから、人を集めてスケジュールを組んだり、執筆をフォロー・レビューを行って返すということを続け、当初計画より遅れてしまったものの、無事に124ページの本を完成させました。クオリティーコントロールのために、表現を考える、日本語の書き方を学び直すなど、改めて文章を書く大変さを学び、身につけることができました。 当日の持ち物リストアップや執筆のための情報共有も積極的に行い、執筆初心者が執筆を通して成長できるよう、面倒な仕事周りを肩代わりし、潤滑に進むよう努めました。

Apr 2016
-
Nov 2017

システムエンジニア

Apr 2016 - Nov 2017

研修後、受託開発でMacデスクアプリケーション、スマートフォンアプリ開発、Webシステム開発業務を経験。技術調査、詳細設計、実装、テスト等のフェーズの経験を積む。 内定者向けの研修では、業務の傍ら、進捗の管理やコードレビューを積極的に行う。 また勉強会に参加したレポートを報告するなどして、積極的に外部からの情報を取り入れるメンバーとして振る舞った。


Skills and qualities

Git

Recommended by Shoichi Sano and 4 more
5

Python

Recommended by Shoichi Sano and 4 more
5

Linux

Recommended by Kohki Yamagiwa and 3 more
4

objective-C

Recommended by 英明 川原, Kazto Takahashi
2

C++ Language

Recommended by 英明 川原, Kazto Takahashi
2

Publications

ゲームセンターを楽しむ技術

Oct 2019

CoLabユーザーが技術書を書いてみた

Apr 2019

エンジニアの成長を応援する本

Apr 2019

Accomplishments/Portfolio

イベント参加者通知用Bot

もくもく会企画

サポーターズCoLabユーザー会で技術書を書く

LT大会企画

Awards and Certifications

応用情報処理技術者

Dec 2016

基本情報処理技術者

Nov 2013


Languages

Japanese - Native, English - Conversational