Issei Naruta

クックパッド株式会社 / 執行役 CTO 兼 人事本部長

Issei Naruta

クックパッド株式会社 / 執行役 CTO 兼 人事本部長

東京都

Issei Naruta

クックパッド株式会社 / 執行役 CTO 兼 人事本部長

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

なるようになる。

クックパッド株式会社執行役CTO兼人事本部長。エンジニアのみならず会社全体の組織作りを行う。趣味はぷよぷよ、カメラ、ルービックキューブと最近は天然酵母を使ったパン作り(Sourdough)。ライ麦などに含まれる酵母を使っています。夏は発酵が捗る季節。

関東積みについて/How to build Kanto-stacking

2019年12月

パン作りにハマる

最近は酵母から手作りするパン作り(Sourdough)にハマっています。

2020年

未来

この先やってみたいこと

未来

大好きな日本に対して、自分なりに意味のある貢献をしていきたい。毎日料理をしている人へいい影響を与えることで、日本も世界もよくなると信じている。

2021年1月
-
現在

執行役 CTO 兼 人事本部長
現在

2021年1月 -

現在

ミッション達成に向けて、お互いに気づきと刺激を与えあえる仲間を増やしていく

Cookpad Lounge #6 登壇

2021年7月

Cookpadのnoteにインタビュー記事を掲載

2021年4月

DevLounge.jp 登壇

2021年4月

2016年1月

執行役CTO

現在

2016年1月

「毎日の料理を楽しみにする」ためのエンジニア組織作り

ISUCON9 本選 優勝

2019年10月

「1万分の1の確率のはずのバグ」がバンバン起きる クックパッドCTO成田氏が見出した、仕事のおもしろさ | logmi Biz【レポート】

2019年9月

BIT VALLEY 2019 登壇

2019年9月

Cookpad TechConf 2019 登壇

2019年2月

クックパッドCTO・成田一生氏が明かす「圧倒的No.1サービス」を生むチームの創り方 | エンジニアtype【インタビュー】

2018年3月

Cookpad TechConf 2018 登壇

2018年2月

「興味の幅がチームの生産性を上げる」ー新CTO成田氏が語る”これからのクックパッドに必要な人材” | CodeCampus【インタビュー】

2017年2月

Cookpad TechConf 2017 登壇

2017年1月

CTOに就任する

技術本部長 / VP of Engineeringを経て取締役に就任しました。 現場への未練もありましたが、CTO就任後はマネージメント専任に。 当時は技術的課題は先手を打って取り組めていた一方、会社としての組織課題が大きかったので、そこに対するアプローチを考える仕事にシフトしました。 to Cのプロダクトの会社なので、開発を行うエンジニアの目線を上げることがプロダクトの良し悪しに大きく影響すると考えています。エンジニアがものを作ることを尊重できる文化を保つことができるよう、エンジニア出身の取締役の役割として意識しています。

2016年11月

2013年5月

インフラストラクチャー部 部長

2013年5月

開発と運用の橋渡しになる

DevOpsに関する仕組み作りを担当

この頃はDevOpsという言葉がちょうど流行っていた頃でした。僕は開発も運用も行なってきていたので、両者が喧嘩しなくて済むような開発プロセス、仕組み作りに関わる業務を担当。 DevOpsにおいて重要なのは、両者間で使用するツールを共通化し、同じ数字を見ることのできる環境を整えることだと考えています。運用側も何か問題が起きたときに気付けるよう、リアルタイムでサイトのパフォーマンスを簡単に見れるように環境改善をしたりしました。

2013年5月 - 2016年4月

CookPad TechConf 2016 登壇

2016年1月

AWS Summit Tokyo 2015 登壇

2015年6月

JAWS DAYS 2014 登壇

2014年4月

DevOpsDay Tokyo 2013 登壇

2013年9月

RubyKaigi 2013 登壇

2013年5月

2010年4月

エンジニア(サービス開発からインフラまで)

2010年4月

「毎日の料理を楽しみにする」というミッションのために。責任範囲は「画像配信とサイト高速化」

急成長する中でレスポンスタイムをキープ

2011年 - 2013年

200

ms

WEB+DB PRESS Vol.66 | 技術評論社

2011年12月

画像配信システム「tofu」を開発

2011年5月

2008年4月
-
2010年3月

ソーシャルネット事業部 バックエンドエンジニア

2008年4月 - 2010年3月

止まったり間違えて配送したりすることが許されない大事なサービスを、責任感持って担当する

ヤフーを退職

2010年3月

Yahoo!メールのストレージ運用改善を担当

ユーザーに届いたメールを貯める、メールボックスのストレージシステムの運用改善を担当していました。あとはスパム判定の改善。スパムメールの傾向は日々変化するものなので、その度にアルゴリズムを変更するなどの対応を行なっていました。

2008年 - 2010年3月

2006年4月
-
2008年3月

名古屋大学

5 years

大学院 情報科学研究科

2006年4月 - 2008年3月

人工知能の応用について研究。社会にこれがあったらいいのに、とAIを使った夢を描いていました

2003年4月

情報科学研究科

2003年4月

高専卒業後、就職という選択肢もあったけど、「花の大学生」になりたくて3年次で編入しました

文芸サークルに所属する

大学では文芸サークルに所属。 有名な賞がとれるようなレベルでは無いけど、仲間内で楽しめる程度には書けるようになりました。

2003年4月 - 2006年

清掃業者としてアルバイト

ホームクリーニングやビル清掃の仕事をずっと続けていました。 普段の自分とは縁もゆかりもない高級住宅や、歯医者の治療室に入って掃除をできる仕事で、毎回ちょっとした社会科見学に行く気持ちで働いていました。

2003年 - 2006年

1999年4月
-
2003年3月

豊田工業高等専門学校

4 years

情報工学科

1999年4月 - 2003年3月

プログラミングを本格的に学ぶために高専へ。従兄弟の出身校で、1年生からプログラミングを学べると聞いて入学

小説を書き始める

それまでほとんど小説など読んだことが無かったのに、友人に借りた本を読んで「これなら俺でも書ける」と思ったのをきっかけに、高専3年のときに小説を書き始めました。 意外なことに、小説を書くというのがしっくりきて、趣味になりました。 読書歴が少なかったのがかえって良かったのかもしれません。

2001年

プログラミングを学ぶために高専に進む

家庭用コンピューターを使う親の背中を見て、小学生から一人でプログラミングに勤しんでいたので、中学生の頃にはプログラミングを書いて生きていくことしかキャリアイメージが描けませんでした。 高専を選ぶと「変わっているね」と言われたけど、自分の目指すキャリアに進むために進学。 高専ではPascal, C, C++, Lisp, Java, JavaScript,VHDL, Fortran,...などさまざまな言語を学びました。 プログラミングが本当に好きで、授業中にも授業を聞かずプログラミングの本を読んでいたし、課題ではいつも真っ先に書き上げていました。 高専で過ごした日々は、僕の青春のすべてです。

1999年4月


スキルと特徴

Ruby

Tomohiro Moroが +1
1

インフラ

Tomohiro Moroが +1
1

AWS

Tomohiro Moroが +1
1

ImageMagick

Tomohiro Moroが +1
1

小説

0

Publications

関東積みについて/How to build Kanto-stacking

2019年12月

「1万分の1の確率のはずのバグ」がバンバン起きる クックパッドCTO成田氏が見出した、仕事のおもしろさ | logmi Biz【レポート】

2019年9月

クックパッドCTO・成田一生氏が明かす「圧倒的No.1サービス」を生むチームの創り方 | エンジニアtype【インタビュー】

2018年3月

「興味の幅がチームの生産性を上げる」ー新CTO成田氏が語る”これからのクックパッドに必要な人材” | CodeCampus【インタビュー】

2017年2月

Cookpad TechConf 2017 登壇

2017年1月

さらに表示

Accomplishments/Portfolio

Cookpad Lounge #6 登壇

2021年7月

Cookpadのnoteにインタビュー記事を掲載

2021年4月

DevLounge.jp 登壇

2021年4月

パン作りにハマる

2020年

BIT VALLEY 2019 登壇

2019年9月

さらに表示

Awards and Certifications

ISUCON9 本選 優勝

2019年10月