Mika Furukawa

株式会社ToposWare / アドバイザー

Mika Furukawa

株式会社ToposWare / アドバイザー

東京都世田谷区

Mika Furukawa

株式会社ToposWare / アドバイザー

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

好きな言葉「秘すれば花」尊敬する人は細川ガラシャ婦人とアルマ・マーラー

大学卒業後、外資系金融機関へ女性総合職として入社。(男女雇用機会均等法第3世代) 6か月間の新卒研修後人事部への配属を打診されるが「現場を知らずにいきなり人事の仕事をする自信がない」と配属転換を希望。東京→広島→福岡 と転勤を重ねる。

未来

この先やってみたいこと

未来

個人投資家 南の島で自然に囲まれた生活をしながら企業で働くこと。

2019年10月
-
現在
株式会社ToposWare

株式会社ToposWare

2 years

アドバイザー
現在

2019年10月 -

現在

投資家紹介 取締役のアサイン 海外投資家発掘 人事業務 

2015年
-
現在
HISHB Ltd.

HISHB Ltd.

7 years

HR Advisor
現在

2015年 -

現在

2010年11月
-
現在
アステリア株式会社

アステリア株式会社

11 years

2010年11月 -

現在

2007年1月
-
2010年8月
株式会社ウェブマネー

株式会社ウェブマネー

4 years

社長秘書

2007年1月 - 2010年8月

当時上場を目指していたウェブマネー社長から「御守りの役割でいいから来て」と言われ社長秘書に。 入社後1年以内で上場。 社長秘書職のほかに人事も担当。

2003年4月
-
2006年12月
株式会社ライブドア

株式会社ライブドア

4 years

社長秘書 → 経営企画室人事

2003年4月 - 2006年12月

某ソフトウェア会社社長に投資家を紹介→某ソフトウェア会社がライブドア(当時のオン・ザ・エッジ)の傘下に→某ソフトウェア会社の社長がライブドアの副社長に→その副社長の推薦により堀江貴文の秘書となる。 ただし、一仕事したあとにM&Aが盛んとなり人事担当へ転属。 主に本社と子会社の入退社管理と買収会社との労務条件の折衝や転籍出向など担当。

2001年2月
-
2003年3月
デイメンションワークス

デイメンションワークス

3 years

総務・営業 その他もろもろ

2001年2月 - 2003年3月

エクスツールスからスピンアウトし4人で会社を設立。 主に建築会社に3DCGのカタログを販売。当時はウオークスルーできるパソコン上のカタログが珍しかった時代。

1997年1月
-
2001年1月
ex-tools,inc

ex-tools,inc

5 years

営業職

1997年1月 - 2001年1月

リアルな土地よりインターネット上の土地の方が価値があがるはず。。。という考えのもとに3DCGの会社へ転職。 実際は、「インターネットっていったい何?」という投資家さんからの疑問に答えているうちに投資家からの信頼を得、某VCがエクスツールスに投資をすると共にアドバイスをした私がエクスツールスで雇われることに。。。

1996年1月
-
1996年12月
電通九州

電通九州

1 year

契約社員

1996年1月 - 1996年12月

世界で初めてのインターネット博覧会(IWE インターネットワールドエキスポ)の事務局要員として電通九州に所属。 1995年冬の坂本龍一のコンサート中継など 商業化される前のインターネットの技術とコミュニテイーに触れ インターネットの世界に飛び込むことを決意。 九州電通で働きながら、ボランティアで九州各県を周りインターネットの普及に努める。

1991年4月
-
1995年12月
AIGグループ 東京本社→広島支社→福岡支社→九州地区統括部

AIGグループ 東京本社→広島支社→福岡支社→九州地区統括部

5 years

女性総合職第3期生

1991年4月 - 1995年12月

新卒で男女雇用機会均等等第3期生。 全く男性と同じ待遇ということで6か月の東京研修後人事部への誘いがありましたが「金融会社で現場を知らず人事職に就いてしまうと机上の空論で現場の気持ちがわからない人事になってしまうから」と人事部からの誘いを断り全国の支社を行脚。 東京本社→広島支社→福岡支社→九州地区統括部 転勤を重ねましたが、ハーバード大学卒の同僚にインターネットの世界に誘われ退職。


Publications

国語が得意でした。得意すぎて私の作文が文部省認定の光村図書現代国語の中二の教科書に生徒作品として掲載されていました

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう