Masashi Fukuzawa

株式会社FiNC Technologies / エンジニア

Masashi Fukuzawa

株式会社FiNC Technologies / エンジニア

Japan

Masashi Fukuzawa

株式会社FiNC Technologies / エンジニア

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

好きこそものの上手なれ

所属: 株式会社FiNC Technologies 職業: サーバーサイドエンジニア ポジション: テックリード 大学時代の専門分野: ナノテクノロジー・材料化学 最近のトピック: フルタイムで働きつつ、社会人学生としてコンピュータサイエンスを体系的に学び直し始めました

(学術論文)Supramolecular Chemistry-Based One-Pot High-Efficiency Separation of Solubilizer-Free Pure Semiconducting Single-Walled Carbon Nanotubes

2020年6月

未来

この先やってみたいこと

未来

大学時代はナノテクノロジーや材料化学を専門としていたため、将来的には化学とコンピュータサイエンスの両方の経験や専門性を活かせる分野(創薬や材料開発のシミュレーションなど)に携わりたいと考えています。

2019年12月
-
現在
株式会社FiNC Technologies

株式会社FiNC Technologies

2 years

エンジニア
現在

2019年12月 -

現在

1. 新規サブスクリプションサービス「FiNC Plus」の0→1開発および保守・運用 ref. https://company.finc.com/news/14275/amp

2019年3月
-
2019年12月
株式会社じげん

株式会社じげん

1 year

エンジニア

2019年3月 - 2019年12月

1. 月間利用者数300万人以上の不動産情報サービス・賃貸スモッカ(https://smocca.jp/) の新規機能開発および保守・運用 2. 賃貸スモッカの請求業務の効率化 3. データ活用の促進や文化の浸透の活動

2016年4月
-
2018年10月
東レ株式会社

東レ株式会社

3 years

フィルム研究所 (化学系研究職)

2016年4月 - 2018年10月

・iPhoneやApple Watchなどの中に使用される極薄高遮光フィルムの研究開発を担当。 ・特許(筆頭)3件

(学術論文)Chiral Selective Chemical Reaction of Flavin-derivative-wrapped Semiconducting Single-walled Carbon Nanotubes Based on a Specific Recognition

2018年9月

2016年3月

九州大学大学院

工学府・化学システム工学専攻

2016年3月

・炭素材料 ・カーボンナノチューブ ・ナノテクノロジー ・超分子化学 ・分子間相互作用 ・分子合成 ・分子シミュレーション

(学術論文)Separation of Semiconducting Single-walled Carbon Nanotubes Using a Flavin Compound

2015年2月

第4回CSJ化学フェスタ2014 優秀ポスター発表賞

第51回化学関連支部合同九州大会 九州分析化学ポスター賞

2015 NNIN REU Program

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)主催の短期米国研究留学プロジェクト

2014年3月

九州大学

工学部・物質科学工学科

2014年3月

・応用化学部門分子教室


スキルと特徴

Ruby on Rails

0

AWS

0

TypeScript

0

React

0

化学

0

Publications

(学術論文)Supramolecular Chemistry-Based One-Pot High-Efficiency Separation of Solubilizer-Free Pure Semiconducting Single-Walled Carbon Nanotubes

2020年6月

(学術論文)Chiral Selective Chemical Reaction of Flavin-derivative-wrapped Semiconducting Single-walled Carbon Nanotubes Based on a Specific Recognition

2018年9月

(学術論文)Separation of Semiconducting Single-walled Carbon Nanotubes Using a Flavin Compound

2015年2月

Accomplishments/Portfolio

2015 NNIN REU Program

Awards and Certifications

Coursera Machine Learning by Stanford University

2019年5月

第4回CSJ化学フェスタ2014 優秀ポスター発表賞

第51回化学関連支部合同九州大会 九州分析化学ポスター賞


言語

日本語 - ネイティブ, 英語 - 日常会話

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう