Keigo Arai

ファシリテーター / ワークショップデザイン・ファシリテーター・きくこと愛知

Keigo Arai

ファシリテーター / ワークショップデザイン・ファシリテーター・きくこと

山梨県出身。大学を卒業後、地元の市役所に一般職として勤務する傍ら、NPO法人など非営利セクターを支援する中間支援団体を立ち上げ、事務局長を兼任。2017年、二つの仕事を退職し、スウェーデンへ留学。「持続可能な社会のための戦略的なリーダーシップ」を学ぶ修士課程を卒業。バックパッカーを経て、地方移住。SDGs、地方創生に関わる新規プロジェクトの立ち上げや総合計画づくりのワークショップ、ファシリテーターとして活動

Ambition

In the future

自分のミッションは「小さい声を掬う」こと。コミュニケーションスキル(コーチング・カウンセリング・NVC、ファシリテーション)を活かして、教育、リーダーシップ、子ども、中小企業などあらゆるジャンルで小さく見られがちな小さな声を掬い、世の中に表出していくことに関心があります。その声を、持続可能性を根底とし、「人間性」を大切にしながら、社会がまわっていくプロジェクトや製品作りにこめることに関わりたいです。

ファシリテーター1 year

ワークショップデザイン・ファシリテーター・きくことPresent

- Present

小さな声を掬うをコンセプトに、まちづくり・組織開発・政治・サステナビリティなどあらゆるジャンルで場づくりを実践。

SDGs・地方創生推進補佐3 years

鹿児島県大崎町

-

リサイクル日本一の街、鹿児島県大崎町にてSDGs、地方創生を推進していくプロジェクトに従事。総合計画作成、リサイクルをテーマにした研修・研究、推進団体の立ち上げなどをワークショップデザイン、ファシリテーションを通して参加型の場づくり企画設計・運営を担当。

ブレーキンゲ工科大学2 years

Master in Strategic leadership towards Sustainability

-

スウェーデンの大学院でサステナビリティとリーダーシップの修士号を取得。サステナビリティのフレームワークと、サステナビリティに向かうためのリーダーシップ育成を学ぶ。 ドイツ・ブレーメンの農業コンサルティング会社「MMB」のサステナビリティを軸にしたビジョンメイキング・アクション

財団法人4 years

事務局長

-

社会サービスを支えているのは、行政だけでなく、地域の個人やグループ、NPOなどの非営利セクターに関わる人が大きな役割を果たしている。このセクターに関わる人や団体は、経営力、企画力、事業オペレーション力、人材育成力、資金力など様々なノウハウが足りない。そのサポートを一から行える支援団体の必要性を感じた。また、地方公務員として、多様なニーズや多

地方公務員10 years

地方公務員

-

2011年東日本大震災への1ヶ月の災害支援を機に、自分が生まれた街を愛し、コミットすることを決意。 公私を融合し、まちづくりに奔走する。中間支援組織の立ち上げ、慶應義塾大学連携コーディネーター、地域リーダー、市役所若手職員リーダーの育成などファシリテーションとワークショップデザインを軸に活動。 詳しい仕事については、インタビュー記事があります。


Skills

  • リーダーシップ

    0
  • カウンセリング

    0
  • NVC

    0
  • ファシリテーション

    0

Publications

Keep up to date with your connections on the Wantedly People App.