Takayuki Kameoka

電気通信大学大学院 / 情報理工学研究科 情報学専攻

Takayuki Kameoka

電気通信大学大学院 / 情報理工学研究科 情報学専攻

東京都 調布市

Takayuki Kameoka

電気通信大学大学院 / 情報理工学研究科 情報学専攻

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

つながってこの人をもっと知ろう

自己紹介などの詳しいプロフィールは、つながりをリクエストして承認されると表示できます。

バーチャル学会2019

2019年12月

バーチャル学会2020

失禁体験装置の開発と運用

尿失禁の感覚を再現する失禁体験装置を開発し、一般ユーザーへの体験、医療、介護企業とのコラボレーション、論文投稿などを行っています。そのほかエンターテインメントコンテンツとしての活用も行いました。

2014年
-
2023年3月

電気通信大学大学院

10 years

情報理工学研究科 情報学専攻

2014年 - 2023年3月

HCI、VR、触覚、認知科学、電気電子回路

研究実績

指先における粘着感覚の計測装置開発 分布圧力センサを用いた粘着力計測装置を作成し、人皮膚における粘着性物体との接触により生じつ圧力変化の様子を観察。主観評価との対応付けによりどの成分が知覚に影響しているのかを特定。 国内会議2件、国際会議2件、英文雑誌1件 吸引触覚提示装置を内蔵したHMDの開発 VR体験に触覚体験を付与することでVR体験の質を向上。さらにHMD一体型の触覚提示装置を開発することで簡便な触覚体験を実現。空気吸引機構の作成、VR体験実装、ソフトウェアとハードウェアの通信の実装。 国内会議5件、国際会議5件 VR空間における鑑の影響調査 VRSNSにおいて鑑は自身のアバターを確認するほか、他者とのコミュニケーションを行う上で重用な役割をになっている。VR空間でのユーザーの移動を記録し、軌跡を観察することでユーザーの行動と意図、鑑の活用方法などを考察 国内会議1件 共著 額電気刺激による熱刺激提示、国内会議2件、国内会議2件 スライムを用いた摩擦感変調デバイスの制作、国内会議1件

2016年4月 -

2021年7月
-
2021年10月

Psychic VR Lab

4 months

インターン

2021年7月 - 2021年10月

VRプラットフォームSTYLYにおけるUnityを用いた機能検証、実装


Accomplishments/Portfolio

バーチャル学会2020

2020年12月

バーチャル学会2019

2019年12月

研究実績

2016年4月 -

失禁体験装置の開発と運用

2014年6月 -