Hitoshi Araki

Area14 / 代表

Hitoshi Araki

Area14 / 代表

世田谷区

Hitoshi Araki

Area14 / 代表

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

世界を面白くする!

主な身体の成分は自由、創造、好奇心。持ち味は折れない心。 最近の趣味は、コナン君のスケボーのような電動スケボーと、唯一無二の輝きを求めて山へ鉱石採り。長い目で見たら世界を股にかけた鉱石ハンターにもなりたい。 産地ごとに多様な輝きを魅せるオパールなんかもう最高!

未来

この先やってみたいこと

未来

ヒザがガクガク震えるほど面白いサービスを世界中に届けたい。 アートや研究レベルのインスタレーションや技術を、手軽に誰もが使えるサービスに。 それも目を見張るスピードで。指パチン鳴らしたらできちゃうくらい。 こういった仕組みやチームを事業家として実現させたい。 HADOはその1歩目。

2019年3月
-
現在

Area14

2 years

代表
現在

2019年3月 -

現在

現在模索の時

2014年1月
-
現在

株式会社 meleap

7 years

CAO
現在

2014年1月 -

現在

サービスのプロトタイピングを繰り返し、HADOを生み出す。 優秀なエンジニアメンバーによってHADOはバケモノのように進化を遂げる傍ら、 最近は採用・文化醸成、研究開発を中心に会社として必要なあらゆることへ創造の矛先を向ける。

起業チャレンジ 優秀賞

docomo デバイスハッカソン 優勝

docomo アプリコンテスト ユニーク賞

ARカードゲーム

リアルモンスターハンター with Oculus rift

ネイルAR

腕で奏でる音楽アプリ「rhythly」

HADO

2011年4月
-
2014年1月

富士通

3 years

2011年4月 - 2014年1月

1.プロジェクト支援部隊 構成管理専門チーム    炎上しかけてるプロジェクトに飛び込んで、構成管理を中心になんでもやる担当 2.システム運用保守プロセスをベストプラクティスに導くインシデント分析サービス  2.1 ビッグデータ分析ツールを用いたインシデント分析サービスの企画・設計・実践  → サービス内容を全社的な論文コンペに応募し、最優秀論文賞を受賞

富士通株式会社 SSコンベンション2013 最優秀論文賞

透明人間になって女の子にいたずらしてみた

2011年3月

東京大学大学院

新領域創成科学研究科産業環境学専攻

2011年3月

たいしてプログラミングできないくせにガチシステム開発(学生1人ずつ個別に企業・組織と共同研究開発)の研究室に飛び込み、谷に突き落とされる育成方針で鍛えられた。修論提出後、ミネラルウォーターがまるで命の水の如く美味しすぎて感動して涙が出たのもいい思い出w 今の自分があるのは間違いなくこの時期があったから。今となってはとても感謝しています。

JIA(全国学生卒業設計コンクール)  関東支部 選出

iCity

もしアップルが50年後に都市をつくったら? 私たちは首都圏の学生で集い、研究プロジェクトチーム結成。アップルが50年後 に未来都市「iCity」を創造するという、ドリームストーリーを構想しました。 今回、iCityのプロジェクトを発表するとともに、未来を担う世代が「未来」への壮大なビジョンを語り合う場として、「iCity presentation vol.1」を開催いたします。 是非この機会に、未来の「都市」や生活、その無限の可能性について考えてみませんか? 日時:2010年6月19日(土) 13:00~15:00 場所:Apple Store 銀座店

2009年3月

東京理科大学

工学部第一部建築学科

2009年3月

意匠系を中心に、建築について学ぶ。 想像力に任せ、寝るのも忘れてデザインしたり模型つくったりプレゼン作ったり。 楽しい日々。

2004年3月

愛知県立明和高校

2004年3月


スキルと特徴

ポジティブ

Hiroshi Takayamaが +1
1

地頭の良さ

0

Accomplishments/Portfolio

HADO

腕で奏でる音楽アプリ「rhythly」

リアルモンスターハンター with Oculus rift

ARカードゲーム

ネイルAR

さらに表示

Awards and Certifications

起業チャレンジ 優秀賞

docomo デバイスハッカソン 優勝

docomo アプリコンテスト ユニーク賞

富士通株式会社 SSコンベンション2013 最優秀論文賞

ITIL v3 expert

2012年3月

さらに表示