Gonzales Ito Iwasaki

IT コンサル&ビジネスサポート 設立 / 代表

愛知県

Gonzales Ito Iwasaki

IT コンサル&ビジネスサポート 設立 / 代表

愛知県

Gonzales Ito Iwasaki

IT コンサル&ビジネスサポート 設立 / 代表

This user is using the new profile.

Join our Beta test to try out our new profile.

Join

興味のある事は、トコトンやる!

18歳でオーディション合格、音楽隊(N響の次に給料は良い)入隊、演奏、指揮者の楽曲解釈に納得いかず、何時も指揮者と意見が衝突、芸大音楽学受験を理由に退職。芸大入試迄半年しかなかったが、その間に芸大受験要領とJazz和声・対位法他・芸大4年間で学ぶ全てをマスター。三次試験まであるが、一次試験でTop合格。芸大入学と同時に現代音楽で、他音大・芸大の作曲家・教授などとコラボし、大阪芸術祭参加作品として創作オペラに

建設業・経営シュミレーションシシステム

建設業だけに存在する特殊な勘定科目を操作する事により、節税対策となり、大きな借り入れが必要な時期など、経営状態を見える化するマネージメントシステム

UNI消費税(内税・外税)計算システム

PL,SE,TESTER

矢崎計器・生産計画管理システム

開発統括責任者、PMP、PL、SE、結合テスト

高岳製作所・生産管理システム

開発統括責任者、PMP,PL,SE,TESTER,

Aug 2014
-
Current
Current

Aug 2014 -

Current

IT & ビジネスコンサルティング、SIer、PM & PMO 。広域行政パイロット事業企画・施策に落とし込み、議会に提出、全員可決承認、日本で最初のゴミ発電所を三重県に誘致。 ベンチャー起業サポート・事業継承・M&A 、アセットマネージメント。中小零細企業・ブランド化ブラッシュアップ、他。

Sep 2019

米国経済経営研究所

MBA

Sep 2019

経営理論・問題解決に於けるフレームワーク、チーム作り、他

取締役表彰

Oct 1998

取締役表彰

Oct 1998

カヌーライフ・ウェーブスキー合宿レポート

Oct 1998

カヌーライフ・ウェーブスキー合宿レポート

Oct 1998

支店立上げ

IBM系列、汎用システム開発会社・支店長として立ち上げ・採用・教育・プロジェクトマネージメント、自らもシステム設計と開発。 2年で仮事務所から、自社ビルまで発展させる。

支店立上げ

IBM系列、汎用システム開発会社・支店長として立ち上げ・採用・教育・プロジェクトマネージメント、自らもシステム設計と開発。 2年で仮事務所から、自社ビルまで発展させる。

パヴァテックスジャパン株式会社 日本支社立上げジェネラルマネージャー

スイス本社(EU各国に工場・支社を持ち、木質系繊維断熱材の世界シェアー60%)が、日本支社を立ち上げる事となり、ジェネラルマネージャーとしてマーケットリサーチ、業界分析、ストラトジー構築、日本独自のディメンジョンが必要な為、スイス本社へ行き、日本の建築業界独自の寸法の基準、施工手順が有る為、EU規格では施工寸法・施工法に合わないから、絶対に流通は不可能な事を理解させる為、本社CEO・営業本部長・技術部長・本社工場長を前に日本の建築物の図面をホワイトボードに書きながら英語でレクチャーし、CEO以下全員が納得し、翌月から私が提案したディメンジョン・施工形状でJapan Onlyの生産開始を承諾。ISO規格から、JIS防火耐火テストクリアと、国土交通省JIS登録承認委員会から承認をもらう為、東大建築学部・省エネ住宅研究室・教授、京大農学部・白蟻研究室教授と其々打合せ、絶対に一回の書類提出で認可を取る為の追加テストと分析レポートを依頼する。 全国でEUの省エネ基準の凄さを理解してもらう為、専門雑誌PR広告・新聞広告・NET広告で告知し、パネラーにはスイス本社から技術本部長・ドイツから施工インストラクター、山梨大学建築学部教授・北大建築学部・省エネ建築学教授を迎え、省エネ勉強会を開催し、全国から集まった工務店・設計事務所から質疑応答で大盛況。関心の高い工務店・設計事務所に絞り込み、営業開拓しながら、省エネで一番大切な開口部の施工、外壁構造の基本設計などをチェックし、アドバイスして回り、説明した殆どの工務店から注文を頂く。勉強会・施工ワークショップに参加出来なかった工務店は、建築現場を借りて施工説明などを繰り返し、詳しく説明した工務店は必ず契約を頂く結果となり、在庫が追いつかず、追加発注も膨大な量になる。この事に驚いたスイス本社CEOが急遽来日となり、各現場を案内し、正確な施工指導・製品のチョイスに驚き、予約契約の金額・全体量に驚き、通常6〜7年掛かる支社独立を、その場で認めて頂きました。

パヴァテックスジャパン株式会社 日本支社立上げジェネラルマネージャー

スイス本社(EU各国に工場・支社を持ち、木質系繊維断熱材の世界シェアー60%)が、日本支社を立ち上げる事となり、ジェネラルマネージャーとしてマーケットリサーチ、業界分析、ストラトジー構築、日本独自のディメンジョンが必要な為、スイス本社へ行き、日本の建築業界独自の寸法の基準、施工手順が有る為、EU規格では施工寸法・施工法に合わないから、絶対に流通は不可能な事を理解させる為、本社CEO・営業本部長・技術部長・本社工場長を前に日本の建築物の図面をホワイトボードに書きながら英語でレクチャーし、CEO以下全員が納得し、翌月から私が提案したディメンジョン・施工形状でJapan Onlyの生産開始を承諾。ISO規格から、JIS防火耐火テストクリアと、国土交通省JIS登録承認委員会から承認をもらう為、東大建築学部・省エネ住宅研究室・教授、京大農学部・白蟻研究室教授と其々打合せ、絶対に一回の書類提出で認可を取る為の追加テストと分析レポートを依頼する。 全国でEUの省エネ基準の凄さを理解してもらう為、専門雑誌PR広告・新聞広告・NET広告で告知し、パネラーにはスイス本社から技術本部長・ドイツから施工インストラクター、山梨大学建築学部教授・北大建築学部・省エネ建築学教授を迎え、省エネ勉強会を開催し、全国から集まった工務店・設計事務所から質疑応答で大盛況。関心の高い工務店・設計事務所に絞り込み、営業開拓しながら、省エネで一番大切な開口部の施工、外壁構造の基本設計などをチェックし、アドバイスして回り、説明した殆どの工務店から注文を頂く。勉強会・施工ワークショップに参加出来なかった工務店は、建築現場を借りて施工説明などを繰り返し、詳しく説明した工務店は必ず契約を頂く結果となり、在庫が追いつかず、追加発注も膨大な量になる。この事に驚いたスイス本社CEOが急遽来日となり、各現場を案内し、正確な施工指導・製品のチョイスに驚き、予約契約の金額・全体量に驚き、通常6〜7年掛かる支社独立を、その場で認めて頂きました。

武田製薬・旧基幹システム(NEC A/Cos)から、追加システムを含む新基幹システム(IBM汎用)へ載せ換えの全てを、300人日 X 2年半 で完成させるBIG Project。

サブシステム・プロジェクトリーダーとして、20名のSEをマネージメントしながら完成させる。 IMS/VS,DB2,PL/1,JCL,UFO.

武田製薬・旧基幹システム(NEC A/Cos)から、追加システムを含む新基幹システム(IBM汎用)へ載せ換えの全てを、300人日 X 2年半 で完成させるBIG Project。

サブシステム・プロジェクトリーダーとして、20名のSEをマネージメントしながら完成させる。 IMS/VS,DB2,PL/1,JCL,UFO.

広域行政パイロット事業による、日本初のコジェネレーションシステムの開発と三重県への誘致(可燃ゴミをエネルギーとしたゴミ発電所)

各省庁の白書を分析し、県政・市政レベルでの問題点を探し、住民の生活に直結した施策を実現する為、ゴミをテーマにし、現状を分析。 最終処分の埋立ても限りがあり、地中で化合し、有毒な物質を排出し続けている問題。埋め立てる場所がなく、大切な水源地近くにも埋め立て処理が始まっている事を知る。 発想を転換し、可燃ゴミは燃やせばエネルギーになる。広域で集める事により、中規模火力発電書も可能である事、発電で大きな病院や施設の電気代無料化だけでなく、発電所の排熱を利用して大量の急登が賄え、その規模は大きな病院の急登だけに留まらず、市民温水プール、福祉施設の給湯に使ってもまだ余るくらいである事を実証する為に、広域から集まる可燃ゴミの量から試算し、発電所のエネルギー量として十分であり、高音焼却炉にすれば、ダイオキシン他の有毒ガスが排出される事もなく、排熱は給湯のエネルギー源となり、地域の福祉・健康増進施設で役立つことが出来、各省庁・国は、このようなコジェネレーションシステムのパイロット事業を予算として持っているが、何処からも具体的な提案がない事を知り、計画し、県議会の施策に落とし込み、議題として取り上げてもらい、全員賛成でその場で可決。翌日の全ての全国紙第一面は、「日本初のコジェネレーションシステム三重県に誕生!」「ゴミで発電する画期的な発電所誕生!」など、褒め称えられ、今も多度町で、ゴミ発電所として稼働し続けています。

広域行政パイロット事業による、日本初のコジェネレーションシステムの開発と三重県への誘致(可燃ゴミをエネルギーとしたゴミ発電所)

各省庁の白書を分析し、県政・市政レベルでの問題点を探し、住民の生活に直結した施策を実現する為、ゴミをテーマにし、現状を分析。 最終処分の埋立ても限りがあり、地中で化合し、有毒な物質を排出し続けている問題。埋め立てる場所がなく、大切な水源地近くにも埋め立て処理が始まっている事を知る。 発想を転換し、可燃ゴミは燃やせばエネルギーになる。広域で集める事により、中規模火力発電書も可能である事、発電で大きな病院や施設の電気代無料化だけでなく、発電所の排熱を利用して大量の急登が賄え、その規模は大きな病院の急登だけに留まらず、市民温水プール、福祉施設の給湯に使ってもまだ余るくらいである事を実証する為に、広域から集まる可燃ゴミの量から試算し、発電所のエネルギー量として十分であり、高音焼却炉にすれば、ダイオキシン他の有毒ガスが排出される事もなく、排熱は給湯のエネルギー源となり、地域の福祉・健康増進施設で役立つことが出来、各省庁・国は、このようなコジェネレーションシステムのパイロット事業を予算として持っているが、何処からも具体的な提案がない事を知り、計画し、県議会の施策に落とし込み、議題として取り上げてもらい、全員賛成でその場で可決。翌日の全ての全国紙第一面は、「日本初のコジェネレーションシステム三重県に誕生!」「ゴミで発電する画期的な発電所誕生!」など、褒め称えられ、今も多度町で、ゴミ発電所として稼働し続けています。

Jul 2012
-
Jul 2014

ジェネラルマネージャー

Jul 2012 - Jul 2014

世界最大の規模と世界シェアー60%を持ち、EU各国に工場・支社を持つスイス本社パヴァテックが、日本に拠点を作ることになり、ジェネラルマネージャーとして日本支社を立ち上げ・機能する(製品PR・EU省エネ実態の勉強会・営業基盤作り)ため、マーケットリサーチ、業界・業務形態分析し、EUのディメンジョンでは流通しないことを判断。日本独自の施工性に必要な大きさ、長さ、厚み(北海道から沖縄までの多様な気候に対応)など、全てを変える為、日本の社長T・ケースリンに説明したが、彼は建築が理解できないため、

Jul 1994
-
Jun 1996

総務・設計。取締役

Jul 1994 - Jun 1996

外壁構造の特殊な二層化、外壁と内壁断熱材の外壁裏に空気流動層を作り、シェルターとする。日本建築の弱点である隙間を無くす為に施工精度・熱伝導を極力避けた施工法を用い、家の外側と内側の間に、屋根の棟迄の空気熱流動層を作る。外壁・瓦屋根は太陽のエネルギーを最大限利用し、温まった空気を冬は熱エネルギーとして地面下のコンクリート層に蓄熱し、温まったコンクリート層の長時間放熱により、床下空気を温め、熱で空気の比重が軽くなり、床下から室内をゆっくりと上昇し、その温熱空気対流効果による、床暖

Oct 1984
-
Jun 1994

Oct 1984 - Jun 1994

IBM汎用PMP、PM、PL、SE。汎用大規模マシンからスタンドアロン・パーソナルコンピュータまで、大規模期間システムのユーザーヒアリングから要件提議、システム概要設計、システム詳細設計、データベース構築、デットワーク構築、単体テスト、結合テスト、検証、本番移行。ユーザーマニュアル作成、ユーザー教育、納品完了。汎用機ワークステーションからの通信を変換し、立体倉庫・FAマシンなどの制御システムの開発。音声変換自動予約システム開発。社会で必要とされている森羅万象の要件を、あらゆる角度から分析し

Mar 1984

大阪芸術大学

芸術学科・音楽学学科・音楽工学専攻

Mar 1984

サインカーブにおける定常波の、エネルギーが強くなる距離が計算距離とあっているか。 ベートーベンの交響曲を音の高さと音の長さに分解し、それぞれに周波数と長さから特定し、スコア(総譜)を縦横に線を引き、音一つづつを入力し、和製の癖、メロディーの癖、あらゆる部分を数値化し、音れるの長さを日とるずつ増やすことにより、メロディーの概念とリズムが発生時、どの様な和製でメロディーを支えるパターンが多いか、とか、例外の分類を分析し、最終的にはあるパラメーターを与えて音楽を再構築する。世界初の試み。

May 1977
-
Apr 1979

士長・パーカッション担当

May 1977 - Apr 1979

音楽隊・広報支援、慰問演奏、市政100年記念の作曲作品などの演奏とレコーディング、名フィル・大阪フィル、他との共演、国賓を迎賓する飛行場などでの演奏、、、、


Skills and qualities

調整力

0
0

説明能力

0
0

SEO

0
0

Adobe Illustrator

0
0

Adobe Photoshop

0
0

Webデザイン, HTML, 学習欲

 and 25 skills

Show more

Publications

カヌーライフ・ウェーブスキー合宿レポート

Oct 1998

Accomplishments

パヴァテックスジャパン株式会社 日本支社立上げジェネラルマネージャー

広域行政パイロット事業による、日本初のコジェネレーションシステムの開発と三重県への誘致(可燃ゴミをエネルギーとしたゴミ発電所)

支店立上げ

武田製薬・旧基幹システム(NEC A/Cos)から、追加システムを含む新基幹システム(IBM汎用)へ載せ換えの全てを、300人日 X 2年半 で完成させるBIG Project。

建設業・経営シュミレーションシシステム

Show more

Awards and Certifications

PMO

Feb 2019

MBA

Jan 2019

JIS2級アーク溶接

Dec 2015

二酸化チタンコーティング技師

Aug 2000

英国ローヤルネービー・Sea kayakによる遭難救助インストラクター

Aug 1999

Show more


Languages

英語 - Professional, ドイツ語 - Conversational, 日本語 - Native