1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

東証一部上場企業に、勤務していた大阪府出身の私がなぜ、山口県本社の当社へ転職したか

このコーナーでは、山口第一のメンバー紹介をしたいと思います。

記念すべき第1回は、セールス担当の下仲。

地元大阪をこよなく愛する男が、なぜ突然、これまで全くの無縁だった山口県の当社に転職したのか。

なぜ商社の営業から、全く未経験である交通・旅行業界に参入したのか。

前職は何をやっていましたか?

化学系専門商社で法人営業を担当していました。

中小企業のオーナー社長を顧客の中心として、国内、海外問わずに商品を仕入れて販売していました。会食やゴルフも多い業界だったので、新入社員の時に週5日連続でお酒の席に呼んで頂くこともありました。しかも5日間全て同じ社長でした。

さすがに当時の上司に「付き合いだけがビジネスではない」と叱られましたが・・・

社員も豪快で個性的な人が多く、全力でお酒を飲んで、全力で仕事をする、という社風でした。そうした環境のおかげか、お酒の席での立ち振る舞い方や、目上の方への接し方など、多くのことを学ばせてもらいました。

今はどんな仕事をやっていますか?

山口第一では、関西の旅行代理店様に、旅行者が山口県内で移動する際に、弊社のタクシーや観光バスを利用してもらえるよう提案営業をしています。当社は県内唯一の高級車両を保有しており、配車アプリの導入や、弊社オリジナルの旅行行程の提案など、地方のタクシー会社としてはかなり攻めた事業展開を行っています。

また私は、REAという関連会社にも在籍しており、山口県に特化した当社オリジナルWEBメディア、TABEE(タビー)の運営・営業にも携わっています。

山口県内の厳選したお店や観光名所を集め、WEBを通して日本国内へ山口県をPRする事業です。県内の飲食店や宿泊施設に、TABEEへの掲載を提案する新規営業を行っています。


弊社オリジナルWEBメディア「TABEE(タビー)」

入社して大変だったことは何ですか?

朝の出社時間が早過ぎることですね。8時前には朝礼が始まるので、毎朝6時起きです。前職は9時始業で、8時55分に出社しているような人間だったので、7時台に出社するというのはもはや奇跡です。

多少慣れてきましたが、事務所に到着しても体はまだ寝ている状態に近いので、仕事に取り掛かるのに少し時間がかかります。私は完全に夜型の人間ですが、健康的な生活に憧れ、いつかは朝型人間になりたい願望があったのでいい機会だと思っています。

一番成長したと実感したことは何ですか?

前職は既存顧客への販売が基本でした。会社対会社の関係がある程度完成している状態で担当を任せてもらうことが多く、いかにその関係性を崩さずにビジネスを拡大するか、という環境でした。

対して現職では、山口第一にしてもREAにしても、顧客のほぼ全てが新規です。当社のことは何も知らない状態からスタートなので、まずは興味を持ってもらわなければなりません。顧客には私がどう映っていて、何を求めているかを、アポイントの時点で端的に伝える必要があります。「顧客目線を持て」と社内では口酸っぱく言われますが、まさにその「顧客目線」をより深く考えるようになったと感じています。


山口第一ってどんな会社ですか?

既存の枠にとらわれない会社だと思います。柔軟性も高く自由度が高い。
業界の慣習などにとらわれず、純粋に交通業界、山口県を良くしたいと考えている会社だと思います。
ITの技術も率先して使っていますし、そもそもWEBメディアをここまで本気で運営している交通会社はなかなか無いです。
皆さんが一般的にタクシー会社に持つ印象よりはるかに「攻めの会社」だと思います。


攻めてます。

これから何をしたいですか?


まずは現在携わっているメディア事業TABEEのブランド確立です。
現在はこちらから営業して掲載を打診する、という立場ですが、遠くない将来のうちに、むしろお店のほうから「TABEEに載せたい」と言ってもらえるようにしなければならないと思っています。
中には掲載をお断りされる営業先もありますが、しばらくたって再度訪問した際に、「ほら載せたほうが良かったでしょ」とドヤ顔で言うのが夢です。
ゆくゆくは、地元である大阪府堺市をTABEEで取り扱いたいと思っています

入社の決め手は?

関連会社REAの社長である坂田とは学生からの友人なのですが、彼とお酒を飲んでるときに「会社を立ち上げる」という話を聞きました。
その時は「そうですか、頑張ってください」程度に聞いていましたが、REAが「地方に眠っている魅力を発掘する事業」という話を聞いて、興味が湧きました。もともと地元である大阪府堺市を盛り上げる仕事に携わりたいという思いが漠然とあり、ひとつの地域を盛り上げるという意味では通じるものがあるように思ったからです。会社の立ち上げに立ち会えるということも魅力でした。
地方を盛り上げる仕事に興味がある事を伝えると、運良く誘ってもらえたので、その場で快諾しました。

転職活動中の方へのメッセージ


転職したいと漠然と考えてはいるが、行動に移すには抵抗がある、という人が多いと思います。
周りには色んな意見を言う人がいますし、変化を恐れる部分もあると思います。
転職活動時、様々な叱咤激励を頂きましたが、元来あまり人の忠告を聞けない性格が功を奏して(?)か、特にためらうこと無く転職しました。
大好きな大阪から遠く離れた山口県で、全くの異業種である山口第一で働き始めましたが、入社以来全く後悔していません。私の職種が、営業という汎用性の高い職種であることもあると思いますが、何よりも山口第一が掲げる「地方を盛り上げる」という思いに強く共感しているからだと思います。
せっかく転職するのですから、少しでも自分が共感できる場所を、時間かけて見つけるべきだと思います。
「会社がやりたいこと」と、「自分がやりたいこと」が一致する転職であれば、業種、勤務地問わず、迷わず行動に移すことをお勧めします。

山口第一株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings