1
/
5

目指す”リーダー像”を追って。 ー先輩社員インタビュー

今回は、新卒5年目で活躍中の藤原さんに、21卒での入社が決まっているインターンの細谷がインタビューしました!

同期のなかでは、一番最初にリーダーになったという藤原さん。

プロパー入社での活躍の方法、どんなことを考えていたかとお伺いしました。
当社の雰囲気が伝わればうれしいです!

細谷:
4月にライトアップに入社する細谷凌です、
本日はよろしくお願いします!

藤原:
お願いします!

細谷:
zoomで初めましてだと、ちょっと緊張しますね(笑)

藤原:
ハハハ、確かに(笑)


細谷:
初めに、藤原さんが今どんなお仕事をされているか聞いてもいいですか?

藤原:
メインは、全国の中小企業のWEB事業の立ち上げ支援や、営業の支援などをしています。
部署でいうと「クラウドコンサルティング局」という部署です。

細谷:
なるほど。全国の中小企業にコンサルをされているんですね。
いつから今のお仕事をされているんですか?

藤原:
新卒からなので、今5年目が終わるところだからもうすぐ6年目かな。

細谷:
僕と同じ新卒入社ということなので、どんなきっかけで新卒でライトアップに入社されたのかお伺いしたいです!

藤原:
きっかけか~
就職活動中に、説明会でたまたま執行役員の杉山さんに出会って、IT系の会社なのに中小企業の支援や助成金のコンサルをしているというのが珍しくて「面白そうだなぁ~」と思って面接に行ったのがきっかけかな。

そこから実際に面接に行って話を聞いてみたら、「即戦力で活躍できる」という話などを聞いて決めた。

まあ本音は渋谷の高層ビルの最上階で仕事できるのがいいな~て思ったからかな(笑)

細谷:
確かに景色良いですよね(笑)渋谷からも近いですし。

藤原:
そうそう。こんなに景色いい所で仕事できると思ってなかったからね。

スマホで撮ってこの景色!
クロスタワーの最上階ワンフロアがオフィスなので、東京が一望できます。

チームが上手くいってないと自分の評価も下がるのがリーダーの責任と役目

細谷:
今、藤原さんはリーダーだと伺ったのですが、入社から現在を振り返って、藤原さんが同期で最速のリーダーになれた要因は何だと思いますか?
(※リーダー:スタッフ→リーダー→マネージャー→役員という階層になっています)

藤原:
「目標達成」の考え方かな。

個人の目標は、頑張って達成できるかできないかのギリギリのライン。ただ、それでは目標は「達成するのが当たり前」という考えでやったほうが良いよね。

目標を達成するのは当たり前で、そこからどれだけ成果を出せるかが評価される要素だから。

例えば、周りの人の手伝いをしたり後輩のロープレを見たり、与えられた目標以上のことをするのを常に意識したことがリーダーにつながったんじゃないかなと、今振り返れば思うかな。

細谷:
目標の基準が人一倍高かったんですね。
実際にリーダーになり、チームを組織するうえで意識していることはありますか?

藤原:
いまの話に関連して言うと、目標の考え方が変わったかな。

スタッフの時は個人目標の達成だけを考えればよかった。
ただ、リーダーになるとチームの成果の最大化が求められる。

どれだけ自分の成果が良くても、チームが上手くいってないと自分の評価も下がってしまうのがリーダーの責任と役目だからね。

細谷:
周りの人への意識や、チームの目標を前提に行動をすることが大事ということですか。

藤原:
そう。すごく大事。

細谷:
実際にリーダーの難しさはありましたか?

藤原:
「このリーダーみたいになりたい」とか「この人についていきたい」って思ってもらうことかな。
例えば、細谷君であれば上司にどんな人がいたらいいなぁ~ってあったりする?

細谷:
時には厳しく時には優しくみたいな人、ですかね・・?

藤原:
ハハハ、なるほど(笑)
じゃあ例えば時に厳しい人が、与えられた目標の半分くらいしか成果出してなかったりしたら嫌じゃない?

細谷:
いやですね。

藤原:
ちゃんとやってよ!!みたいな(笑)

僕はしっかりと成果が出ている人についていきたいと思ったんだよね。
成果が出ている人の言うことを聞けば正解だから、その人に付いて行けば自分も成果が上がるし。

だから、とまず個人の成果を絶対にクリアすることを意識してたかな。

細谷:
人に言うならまずは自分がやる、というのが意識しているポイントなんですね。

運営する組織をどんどん大きくしたい

細谷:
最後に、藤原さんの今後についてお話いただけますか?

藤原:
ライトアップではせっかくチャレンジできる環境がそろっているので、30代前半までに新規事業の担当について、1つの部署を任せてもらえるようになりたいと思ってます。
そうした経験が将来的に価値のあるものになると思うので!

細谷:
自分が運営する組織の規模を、どんどん大きくしていきたいってことですね!

藤原さんがマネージャーになった際には、ぜひ僕をメンバーにいれてください(笑)

藤原:
ぜひぜひ(笑)

細谷:
僕も藤原さんのような、率先垂範ができるリーダーになれるよう頑張ります!!
本日はありがとうございましたーー!

全国、全ての中小企業を黒字にする

ビジョンを実現するために、本気で取り組む仲間を募集しています。

「一緒にこんな事業に取り組みたい!」
「事業内容をもっと詳しく知りたい!」
「中小企業を黒字にすることに興味がある!」

という方はぜひお気軽にご連絡ください。

株式会社ライトアップ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more