1
/
5

「あなたの『will』は何ですか?」ウィルゲートで働く女性メンバーに『will』について聞いてみました。

一人ひとりの『will』を実現する」をミッションに掲げているウィルゲートでは、ユーザー・クライアントはもちろん、一緒に働くメンバーの『will』が実現できるよう応援しています。

今回は、ウィルゲートで活躍する女性メンバーの『will』をご紹介します。

■コンサルティングユニット マネージャー 原口

大学を卒業後、不動産系のITベンチャー企業に入社し、経営企画室にて新規メディア立ち上げの企画とWebディレクターなどを経験。その後、大手Web広告企業でのコンサルティング営業の経験を経て、ウィルゲートにコンサルタントとして入社しました。

コンサルタントのミッションは、クライアントの「売上の最大化」です。アナリストと連携しながら、クライアントのWebマーケティングに関する課題策定・分析・解決策の立案に取り組んでいます。現在は、SNS運用やリードナーチャリングへサービス領域の拡大を予定しており、体制の構築やメンバー育成にも取り組んでいます。

そんな原口に、『will』を聞いてみました。

私の人生を通しての『will』は、「好きな場所で好きなヒト・モノに囲まれた人生を送る」です。ずっと前から沖縄が好きで、将来的には沖縄へ移住したいという夢があります。しかし、以前務めていた大手Web広告企業は全国転勤がある会社だったため、移住するのは難しい環境でした。そのような中で、Web業界であれば場所にとらわれずに働けると考え、それがウィルゲートへの転職を決断した一つの理由でもあります。

私の仕事を通しての『will』は、「仕事ができるカッコいい女性になる」です。一緒に働いているメンバーには、「仕事がつまらない」とか「やりがいがない」ということを感じてほしくはありません。そのためにマネージャーとして、働いている人がみんなハッピーでいられるような組織を作っていきたいです。


■ソリューションユニット 佐藤

大学を卒業後、フリーペーパーを発行する会社に入社し、広告営業やHP制作の営業、ディレクションの業務を経験。SEOの奥深さと面白さに惹かれ、もっとSEOについて勉強したいという気持ちが強くなったことがきっかけで、ウィルゲートへ入社しました。

現在は、SEOソリューションユニットでアナリストとしてフロントに立ち、お客様とのやりとりを担当するコンサルタントと二人三脚でクライアントのコンバージョン改善に取り組んでいます。SEOアナリストとして、SEOの観点からお客様のサイトを分析し、今後の戦略を練ったり、施策を考えたりする役割を担っています。

そんな佐藤に、『will』を聞いてみました。

私の『will』は「環境に縛られず、ありのままの自分で生きていきたい」です。自分らしく、自分のやりたいことをきちんと実現できるように動ける人でありたいと考えています。これから子供ができるなど大きく環境が変わることも考えられますが、常に自分がどうありたいのかということを問い続けながら生きていきたい。そして環境に縛られることなく、自分の意志や自分が今思っていることを尊重して過ごしていきたいと考えています。

また、「どこでも誰とでも働ける人になりたい」という気持ちもあります。そのためには、自分のスキルを高めていくことも重要です。SEOアナリストとしての知見や知識をもっと深めていき、さらにそれを組織内に発信していける人材になりたいと考えています。最近ではテレワークでの働き方も広がってきており、どこでも誰とでも働ける世の中になってきています。そのような状況の中で、何かの分野で専門的な知識を持っていれば、ライフイベントなどで大きく環境が変わっても自分が得意なことを生かして働いていけますし、そういう人になりたいと考えています。

「環境に縛られず、ありのままの自分で生きていきたい」女性アナリストがウィルゲートに転職を決意した理由とは | 株式会社ウィルゲート
今回は2021年11月にウィルゲートに入社したSEOアナリストの佐藤をご紹介します。佐藤は、前職のフリーペーパー発行会社にて広告営業を経験。その後、社内のWeb事業部に異動し、HP制作の営業やディレクション業務を担当。現在は、SEOソリューションユニットでアナリストとして活躍しています。そんな佐藤に、 ・ウィルゲートに入社した経緯・やりがいを感じた瞬間・ウィルゲートの女性の働きやすさ ...
https://www.wantedly.com/companies/willgate2/post_articles/406646


■経営管理ユニット リーダー 山野

新卒で入社した旅行会社で法務部門に配属され、契約法務や商事法務に携わるなど、さまざまな法務に関する業務を経験。その後、結婚をきっかけに旅行会社を退職し、夫の仕事の関係で海外へ移りました。日本に帰国してからは、派遣社員として法務や営業事務の仕事に携わっていましたが、徐々にもう一度正社員として働きたいと考えるようになり、ウィルゲートへ入社。

現在は契約書などのチェックだけでなく、会社法で定められている株主総会や取締役会などの会議体への対応、プライバシーマークの運用などを行っています。

そんな山野に、『will』を聞いてみました。

私の人生を通しての『will』は「どんな選択をしても、今が一番良いと思える自分でありたい」です。これまで出産などでライフステージが変わる度にさまざまな選択をしてきました。その中で会社を辞めるという決断をしたこともあります。もちろん、仕事と子育ての両立は難しいと感じることは多いですが、自分が選択したことに対して後悔はしたくありません。自分がどんな選択をしても、自分が選んだ道を最大限に楽しんでいきたいと考えています。

仕事を通しての『will』は「安心感を与えられる存在になる」です。現在、経営管理室に所属していますが、何か困ったら解決してくれるという安心感を与えられる存在でありたいと思っています。法務に関しては「山野さんに聞けば安心だ」という風に思ってもらいたいですし、いつでも気軽に相談できる人間でありたいです。今後も事業が円滑に進められるように、全力で事業部のメンバーをサポートしていきたいと考えています。

「どんな選択をしても、今が一番良いと思える自分でありたい」リーダーとして活躍しているワーママが語るウィルゲートの働きやすさとは | 事業/サービスへの想い
今回は2018年にウィルゲートに入社した経営管理室 法務チームの山野をご紹介します。山野は、前職の旅行会社にて法務部門に配属され、契約法務や商事法務を経験。結婚をきっかけに旅行会社を退職。その後、第一子を出産。2018年にウィルゲートに入社し、第二子出産後、経営管理室 法務チームのリーダーとして活躍しています。そんな山野に、 などについてインタビューした内容をお届けします! ...
https://www.wantedly.com/companies/willgate2/post_articles/417629


いかがでしたか?
ウィルゲートで働くメンバーは、それぞれ自分自身の『will』を掲げています。お互いの『will』を共有しあうことで、実現に向けてサポートしあったり、挑戦へのきっかけが生まれたりしています。

『will』を尊重し合う風土に共感してくださった方は、ぜひ一度採用情報を覗いてみてくださいね!
今後もウィルゲートで働くメンバーの『will』をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

(取材・文/小町 撮影・編集/柳)

▼ウィルゲートが大切にしている価値観、事業、働く環境はこちら

▼エンジニア・コンサルなど一緒に働く仲間を募集中

株式会社ウィルゲート's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ウィルゲート
If this story triggered your interest, have a chat with the team?